トップへ » 当クリニックの特徴 » 取り外し式の床矯正

夜だけつける矯正装置〜床矯正(しょうきょうせい)

夜だけつける矯正装置〜床矯正(しょうきょうせい)

「歯を矯正したいけど、装置をつけることに抵抗がある」という方はいらっしゃいませんか?

当クリニックの矯正では、夜寝ているときだけ装着する取り外し式の矯正装置を使用します。これはワイヤーを使った治療方法ではないため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置をはずすことが可能です。

この矯正法は床矯正(しょうきょうせい)と呼ばれ、歯を正しい位置に動かすとともに、歯の土台そのものを正しい大きさに拡大します。床矯正装置には、スクリューが装着されており、ネジを巻いてスクリューを移動させることで、歯の土台を広げたり歯を動かしたりします。

<床(しょう)矯正のメリット>
・取り外しができる
・夜、寝ている間だけの装着でOK
・抜歯の必要がない
・治療費が比較的リーズナブル
・治療中、虫歯になりにくい

<床矯正のデメリット>
・平均3〜4年ほど時間がかかってしまう

人に知られないで矯正治療ができる

人に知られないで矯正治療ができる床(しょう)矯正の最大のメリットは、人に知られないで矯正治療ができる点にあります。

たとえばお子さんなら、写真撮影の日や、大切なイベントの日など、治療中であっても自然な笑顔を演出できます。矯正装置を付けていることによる、いじめの心配もありません。また大人の方なら、営業職・接客業など人前に出る仕事に就いている方も、安心して治療にトライできます。

ただし、床矯正はすべての歯をキレイに並べるものではなく、自分が気になったところだけを並べる治療方法です。また、固定式の矯正で2年で終了するところを、この装置では歯の土台をゆっくりと広げるため、3〜4年程かかります。

とはいえ、夜寝ているときだけ装着することで歯並びを改善できるので、患者さんの負担が少ない矯正装置です。また、いちど治療を断念しても、いつでも再スタートできるという点も大きなメリットでしょう。歯並びにコンプレックスがある方、ぜひ一度、当クリニックの矯正を検討してみてはいかがでしょうか。

矯正治療中も虫歯知らず!?

矯正治療中も虫歯知らず!?矯正中の大きな悩みのひとつに、ブラッシングがあげられます。

固定式の装置は取り外しができないため、ブラッシングがうまくいかず、虫歯や歯肉病になってしまう方がいらっしゃいます(食生活の変化から、最近ではお子さんも歯周病にかかってしまうケースが増えています)。実際、固定式の矯正法を採用している先生は、患者さんの虫歯に対して一番敏感になっています。

しかし、当クリニックの矯正ではそんな心配はいりません。装置を取り外すことで、普段と同じようにブラッシングが可能です。取り外し式の装置を使うことは、虫歯・歯周病を予防できるという点でも、多くのメリットがあるのです。

関連ページリンク

当クリニックの矯正の特徴取り外し式の矯正装置抜かない矯正
従来の矯正との比較治療の流れ
料金表医療費控除よくあるご質問

有料カウンセリング(3,240円)を行っています

043-275-6204 幕張ドルフィン歯科クリニック


トップへ » 当クリニックの特徴 » 取り外し式の床矯正


コールバック予約