トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 歯を削ってつめるだけで、歯が治ったといえるだろうか?

歯を削ってつめるだけで、歯が治ったといえるだろうか?

歯を削ってつめるだけで、歯が治ったといえるだろうか?「歯医者さんには歯が痛くなってから行けばよい」
多くの患者さんが、虫歯についてこんな風に考えています。

確かに、歯を削って痛いところだけを治療すれば、痛みはなくなります。でも、一度削ってしまった歯は、皮膚や髪の毛のように再生することはありません。歯を削って詰めただけで、歯が治ったといえるだろうか?私はそんな漠然とした疑問を、大学時代から感じていました。

そこで出会ったのが「予防歯科」という考え方です。これは定期的に医院に通い、口の中のメインテナンスを行うことによって、虫歯や歯周病を未然に防ごうというもの。以後、当クリニックでは予防歯科に全精力を向けています。

虫歯は削って治すものではなく、発症を未然に防ぐものです。治療の度に歯を削り続けていけば、歯はいずれ抜け落ちてしまいます。自分の歯でシッカリ噛めて、健康でイキイキとした生活を送るために----ぜひ予防歯科を役立ててみてください。


トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 歯を削ってつめるだけで、歯が治ったといえるだろうか?


コールバック予約