幕張ドルフィン歯科クリニック ブログ

矯正歯科なら千葉の幕張ドルフィン歯科クリニック | 歯を抜かない床矯正

冬は鼻呼吸を

今年は暖冬とのことです。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

風邪とインフルエンザの季節ですが、口呼吸は、最も罹患しやすいことをご存知でしょうか?

睡眠中も口を開けた状態ですと、口腔内の乾燥と風邪を引きやすくなります。

鼻呼吸であれば、鼻の構造上フイルターや保温効果があり、風邪やインフルエンザを防いでくれます。

口呼吸の原因は、口と舌の力の低下があげられますので、その力を高めるトレーニングと夜のマウステープで鼻呼吸を促進することが可能です。

当医院の矯正治療にも、鼻呼吸促進を取り入れています。

歯列不正の原因も口や舌の力の低下があるため、歯列と呼吸の改善を同時に行うことで、全身の健康を向上させるプログラムとなっています。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科

 

鼻呼吸のメリット

23,24日の2日間は、日本ヘルスケア歯科学会へスタッフと参加しました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

その中で虫歯の罹患者は4000万人と、依然として減っていないことがわかりました。

歯列不正の方の総数は、不明ではありますが、虫歯総数以上にあるのではないかと考えています。

歯列不正に伴う口呼吸は、さらに増加傾向にあると考えています。

最近では、スポーツの世界でも、鼻呼吸を推奨しています。

鼻呼吸のメリットは、二酸化炭素濃度を上昇させ、耐久性を高めることがわかっています。

耐久性が向上すると、怪我をしにくい体質へと変化します。

アスリートにとっては、怪我が原因で長期離脱や引退にも直結するため、死活問題でもあります。

また、疲れにくい体であれば、ビジネスの世界でも大きなアドバンテージとなります。

ぜひ、口を閉じる習慣から定着していただければと思います。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科

 

 

 

風船遊び

昼夜の温度差があります。

風邪を引かぬようご自愛ください。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

私の子供時代には、あちこちに駄菓子屋があり、よく紙飛行機や駄菓子を買って遊んだものです。

そのなかに風船や笛など口で遊ぶ遊具もあって、夢中になりました。

最近では、駄菓子屋は街で見かけることもなく、デパートの一角に店舗が出店しているだけとなりました。

矯正治療を長年実施していると、ぽかん口(口呼吸)のお子さんや学生さんが多くいることに気づきます。

なかには、風船を膨らませないお子さんや学生さんも多く、口や舌の力の低下がひどい状態です。

今の遊びは、ゲーム中心となり、口で膨らます遊び自体がなくなっています。

また、軟食傾向の食生活も口の機能低下を助長している大きな要因となります。

歯列不正も口や舌の力の低下と大いに関係があり、矯正治療の中に口の筋トレも含むようになりました。

口の機能低下は、将来誤嚥性肺炎の原因ともなり、がん、脳心臓血管疾患に次ぐ死因である肺炎に罹患しやすくなるでしょう。

ご自身やお子さんが歯列不正や口呼吸と感じた場合、ぜひ無料相談へお越しください。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科

 

小学生からの矯正

日中と朝晩の気温差が、かなりありますので風邪を引かないようご注意ください。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

現在の患者層は、中高生5割、小学生3割、成人2割となっています。

最年少は小学校一年生、最年長は60歳となります。

このように、どの時期でも可能な矯正ではありますが、小学生の場合、本人よりも親御さんがご心配されてご相談されるケースがほとんどです。

特に小学低学年からスタートした場合、ゴールは中学校に入学する永久歯完成期となります。

治療期間は長期化しますが、メリットとしてはぽかん口や姿勢、食生活習慣の改善をしつけとして実施することで、トータル的な健康の向上を目指すことができます。

特に口呼吸は、肺に直接雑菌やウイルスを取り込むため、風邪やインフルエンザ、アレルギーに罹患しやすくすることがわかっています。

口呼吸から鼻呼吸へ変えるだけでも健康が増進され、丈夫な体となります。

もちろん、成人の方であっても遅いことはありません。

ぜひ無料相談のご予約を

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科

 

 

 

風船トレーニング

朝晩の冷え込みと日中の温かさで、風邪を引きやすくなっています。

どうぞご自愛ください。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

現在、矯正治療に風船トレーニングを取り入れています。

なぜ、風船を?と疑問を持たれた方は、一度ご自身も風船を膨らませてみてください。

もしかすると口や舌の力不足で、膨らますことができないかもしれません。

実際に矯正患者さんへ風船を渡すと、膨らませる方と何度トライしても膨らませない方に二分されます。

それほど多くのお子さんや学生さん、大人の方でさえ口や舌の力が低下しているのです。

歯列不正の原因は、口や舌の力が低下していることに大きくかかわっています。

口や舌の力の低下による口呼吸も関係が深く、さらには咀嚼力、嚥下力の低下にもつながります。

トレーニングとしては、風船を膨らませることと、あいうべ体操やよく噛む習慣つくりなど、無理をしないで毎日できるものがいいでしょう。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科