カテゴリー1

矯正歯科なら千葉の幕張ドルフィン歯科クリニック | 歯を抜かない床矯正

矯正治療のタイミング

台風の影響で、大雨の降る地域があります。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

小学生のお子様をお持ちのお母さんは、お子さんの歯並びが不正であることを敏感に感じ取ります。

特に、前歯が永久歯に生え変わる時期で顎が細いお子さんは、前歯が窮屈に並びきらない状態となります。

奥歯も狭窄状態なので、舌の位置も低位となり非常に悪い。

さらに、口の筋力も低下しているために、いつもぽかんと口を開けた状態となります。

この状態を放置しておいた場合、将来的には、思春期に本人がかなり気になるようになるでしょう。

その時には、顎の発達も終わるころなので、治療の難易度も上がります。

なので治療は、早ければ早いほうがいい。

家族や本人が気になった時期が、ベストのタイミングです。

まず、歯並び相談へお越しください。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科

 

 

 

 

 

バランスを知ること

台風の影響が出ているようです。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

人の心理として、バランスを良くしたいというところがあります。

生活面では、自分の部屋を整理整頓していくこと。

社会面では、TPOに合わせたおしゃれ。

美容面で言えば、定期的なヘアカット。

経済面では、収支のバランスといったところです。

健康面においては、常に健康でありたいと思いながらも、食べすぎ飲み過ぎなど、ややバランスが悪い方が多いように思います。

歯列においても例外ではなく、不正な歯列は、不正のまま噛みやすい位置に自然と変化してしまうために、そのことに気付かない場合が多い。

その結果、頭痛、肩こり睡眠時無呼吸症を引き起こす可能性があります。

バランスが悪い状態に気付かない結果、生活や健康の質が知らずに下がってしまいます。

今の自分のバランスは、どのような状態なのか?

一度整理してみてはいかがでしょうか?

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科

 

 

 

 

開口とは

梅雨明けが待ち遠しい日々です。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

矯正治療で、特に難しい治療に開口があります。

開口とは上下の前歯が、噛み合わせられない状態をいいます。

この原因として、子供のころからの舌癖があります。

舌癖は、常に舌を前へ出す癖のことで、無意識に行うために前歯が徐々に開いていきます。

なので、装置によって歯並びが改善した後にも、開口が残ります。

最終的には、上下の前歯にボタンをつけて、ゴムで牽引する処置を行います。

ある程度の開口は改善しますが、舌癖が残っている場合は、後戻りを起こします。

そのことを本人にしっかりと自覚していただきながら、治療を進めていきます。

開口の治療は、装置だけでは十分な効果が得られないことをご理解ください。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科

 

 

口呼吸のアスリート

雨模様の天気が続いています。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

口呼吸と歯列不正は、密接な関係があります。

口唇や舌の力が低下していくことで、ポカンと口が開いた状態になります。

口呼吸になると、雑菌やウイルスを体内に容易に取り込み、病気になるだけでなく、血中の二酸化炭素濃度が上がらず耐久性が落ちます。

その結果、けがをしやすい体質となり、アスリートであれば選手生命を縮めてしまいます。

私の認識では、大きな口を開けてプレーしている選手に歯列不正が多く、またけがをしやすい傾向があるようです。

テニス選手で言えば、アンデイマレー選手、錦織選手など

比較的口を閉じながらプレーをしているロジャーフェデラー選手は、けがに強くテニス界ではレジェンドといわれています。

可能であれば、口を閉じる習慣を身に着けていくことで、疲れにくい体になります。

試す価値はあるかと思います。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科

 

習癖の改善

週末も大雨の予報が出ています。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

矯正治療をスタートするときに、大きな障壁となりうるものに習癖があります。

舌出しや頬杖、片噛みなど日常無意識に出てしまう癖は、そもそも歯列不正の原因であるため、その癖の改善なしには治療もうまくいきません。

なので、治療中にもその習癖が出ていないかのチエックは欠かせません。

癖の改善は、子供のころからスタートすれば良い方向へ行くのですが、成人になってからの気付きは結構大変です。

しかしながら今までの生活背景が、歯列に影響を及ぼしているため避けては通れません。

歯並び改善と同時に悪習癖の改善も視野に入れた治療を進めていくことで、よく噛める歯列へと向かいます。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科

 

 

12345...1020...