«  2012年4月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2012年4月28日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

床矯正は、歯並びを改善するだけでなく、狭窄した奥歯を広げていき、かみ合わせを

改善していきます。

それによって、咀嚼力をアップさせ、脳の活性化を促進します。

咀嚼力が上がれば、消化吸収もよくなり、全身の健康を増進します。

狭窄した歯列の解除は、舌を前へ移動させ、咽頭を広げていき、呼吸をよくします。

前歯は、見た目にはよくしたいものですが、奥歯まで改善しようとはあまり意識がもてないでしょう。

しかし、奥歯がしっかり噛めるということは、健康寿命に直結する大問題です。

そこをいかに認識していただくかが、床矯正治療の本質といえます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月27日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

床矯正は、昼間外して、夜寝ている時を中心に床装置を装着します。

装置の拡大により、歯の土台が広がり、そのスペースで歯並びを改善していきます。

ワイヤー矯正は、抜歯を行うことが多いのですが、床矯正は抜歯はしません。

ワイヤー矯正のように急速に歯を移動させるわけではなく、歯の土台をゆっくりと

拡大していきますので、長期の治療期間を要します。

ワイヤー矯正と床矯正、どちらにもメリット、デメリットがありますので十分にご検討ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月25日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

取外し式の矯正は、自由な矯正です。

自分で装置を装着し、歯並びを改善していきます。

夜寝ている時の装着で、平均3~4年の治療期間を要します。

自由とは、自分の意志にかかっているという意味ですが、基本的には一日10時間の

装着であれば、効果が出る矯正です。

一月に一回の装置の調整に御来院いただきます。

装置調整とは、当たっているところがないか、装置がうまく機能しているか、しっかりとお口に中に

入っているかなどを診ていきます。

このような基本を守っていただければ、あとは自分の意志で装置を装着していただければと

思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月24日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

取外し式の矯正は、昼間は装置を外して、夜寝ている時を中心に装置を装着していただきます。

歯の土台をゆっくりと広げていき、狭窄した歯列を解除し、前歯をきれいに修正していきます。

矯正としては、長期的となりますが、ワイヤー矯正のように四六時中、ワイヤーを固定する

必要性はありません。

取外し式のために、自分で装置を付けている時間を選ぶことができますが、一日10時間は

装着していただきたい。

7時間ぐらいですと、効果があまり見られません。

自分で歯並びを改善していくという意識が最も大切です。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月23日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

矯正はいつから始めたほうがいいのか?

よく聞かれる質問です。

それは、気になった時がスタートの時期です。

子供であれば、顎の発達時期なので急速な拡大があります。

大人の場合は、顎が完成されているために、歯の土台も広げにくくなってきます。

昼間は装置を外して、夜寝ている時と自宅にいる時の装着を10時間も行えば

効果がでます。

人生は、短いので気になった時の気持ちを大切にしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月21日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

最近、矯正相談が多くなってきましたが、決まって言われることは、ワイヤー矯正は

したくないということです。

ワイヤー矯正は、抜歯をする場合が多く、また費用も高額となります。

患者さんにとっては、四六時中、ワイヤーで固定されることへの抵抗感があるようです。

取外し式の矯正は、昼間は装置を外して、夜寝ている時に装着します。

ワイヤー矯正に比べれば、治療期間は長くかかります。

すべては、比較の問題ですので、自分にあった矯正をしていただければと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月20日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

食事の献立を毎日考えるのは、主婦として大変なことです。

お子様や旦那様の栄養を考えて作るので、食材選びにも神経を使います。

今は、放射線の問題もあり、産地にも目を光らせていなくてはなりません。

私も1歳の息子がいますので、家内からくるメールを確認しながらの買い物です。

小さい子供のころから、顎の成長発育のことを考えて、硬いものも食材に選んでいただければ

と思います。

歯並びが悪くなるのは、先天的なものよりも、後天的な要因が影響します。

習癖や柔らかいもの中心の献立が、不正咬合の原因となりますので、注意してください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月18日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

矯正相談で良く聞かれることは、ワイヤー矯正の専門医で相談された話です。

そのなかで、何でもない歯を抜歯する必要があると説明されて、躊躇したということを

おっしゃいます。

確かに歯並び改善のために抜歯をすることは、大きな代償ととらえる方は、

多いように思います。

もちろん歯並びが良くなるのであれば、抜歯もいとわない方や

外科で顎を切ってもいいという方もいらっしゃいます。

当医院の矯正は、取り外し式の矯正なので、抜歯や外科矯正はいたしません。

ワイヤー矯正に比べて後戻りも少ない矯正でもあります。

どうぞ、ご相談に御来院ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月17日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

子供の矯正で気を付けなければならないことは、本人の意思です。

本人のやりたいという意思がなく、親だけが気になっている場合は、治療も

うまくいきません。

肝心なことは、ご自分のお子さんが本当に歯並びを治したいかという気持ちです。

親だけが、心配で強制的なかかわりを持っている場合、治療を始めても続かないケース

が実際ありました。

もちろん取り外し式の矯正は、途中でドロップアウトしたとしても、再スタートが切れるという

メリットはあります。

しかし、歯並びを改善する意思なしには、ゴールにたどり着けないことは、矯正でなくても

一緒です。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月16日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

昨日は、SHTAの勉強会に参加しました。

基調講演では、日本大学歯学部の矯正学教授である葛西一貴先生のお話を聞くことができました。

不正咬合の要因としては、遺伝的な要因よりも環境的な要因がおもなところです。

口腔舌癖やブラキシズム、睡眠態癖、口呼吸などによる影響が多いとのこと。

口腔習癖が見られる場合、開咬になりやすくなります。

まずそれらの習癖のみられるお子さんは、それを治すことから始めなければ、

矯正治療をしてもうまくいきません。

不正咬合の環境要因を解決し、矯正治療にとりかかるようにいたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月14日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

矯正は、一生に一度のことです。

慎重になられるのも無理のないこと。

治療費も高額なうえに、何年もワイヤーで固定されるということが、

苦痛に感じられるかもしれません。

当医院の取外し式の矯正は、昼間は装置を外しておくために、ワイヤー矯正のような

わずらわしさはありません。

何本もの歯を抜歯することもありませんし、清掃状態が悪くなることもありません。

ただ、ワイヤー矯正に比べれば、治療期間が長期になります。

抜歯することのない代わりに、歯の土台をゆっくりと広げていくので、ある程度の期間を要します。

比較検討したうえで、ご選択ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月13日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

矯正をして歯並びを改善すると、どのようなメリットがあるでしょうか?

心理的に楽になる

歯磨きがしやすくなり虫歯になりにくくなる

かみ合わせがよくなり頭痛、肩こり、鼻アレルギーの改善の可能性がある

良く噛む習慣が身に付き、消化吸収がよくなる

姿勢が良くなる

第一印象が良くなり、ビジネスチャンスが広がる

多くのメリットのある矯正は、今からスタートしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月12日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

昼間外しておく矯正をご存知でしょうか?

当医院の取り外し式矯正は、会社や学校へは、装置を外して家に保管しておいてください。

夜寝ている時と家にいる時だけの装着で歯並びを改善していきます。

たとえ装置装着を一日忘れたとしても、またスタート可能な装置です。

ワイヤー矯正は、固定式のため四六時中ワイヤーを装着しなければなりません。

取り外し式の矯正は、そのようなわずらわしさはありませんが、歯の土台をゆっくりと

広げていくため、ワイヤー矯正よりは治療期間がかかります。

詳しくはHPをご覧ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月11日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

取り外し式の矯正は、自分で歯並びを治す矯正です。

ワイヤー矯正は、術者がワイヤーを調整しながら2年で治していくものですが、

取り外し式の矯正は、装置を装着さえしていければ、自然と歯の土台が広がっていき

歯並びが改善していきます。

もちろん、術者側の調整も月1回必要ですが、ほとんどが本人の装置装着時間に

かかっています。

一日10時間、少なくとも8時間の装着で3~4年以上の期間で歯並びが改善していきます。

昼間外して、夜寝ている時に装着する人任せでない矯正です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月10日

幕張本郷の予防歯科 幕張ドルフィン歯科です

矯正を始める時期は、いつがいいのか?

親御さんからよく聞かれる質問です。

私は、気になった時から始めるのがいいですよ といっています。

お子さんの顎の発達時期に取り外し式の矯正を始めれば、多くの利点があります。

取り外し式の矯正は、昼間は装置を外しておいて、よく噛む習慣を身につけさせていただきたい。

献立としては、硬いものも入れていただき、顎の発達を促進していただきます。

当医院では、硬性ガムも販売していますので、咀嚼トレーニングに使用してください。

当医院の矯正は、歯並びの改善だけでなく、顎の発達も促進させるものです。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科はこちらから→



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月 7日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

矯正のイメージは、大抵の方はワイヤー矯正を思い浮かべることでしょう。

抜歯をしてワイヤーで固定される矯正は、矯正専門医の分野です。

専門医の行う計算された矯正ですので、高額な医療となります。

当医院の矯正は、取り外し式なので昼間は、外しておいてもけっこうです。

夜寝ている時に装着し、歯の土台をゆっくりと広げていき、歯並びを改善していきます。

費用は、矯正専門医の半額でご提供させていただいています。

ワイヤー矯正は2年で治療終了となりますが、取り外し式の矯正は、3~4年以上の

治療期間を有します。

詳しくは矯正相談へ御来院ください。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月 6日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

取り外し式の矯正の最大の利点は、後戻りが少ないということです。

後戻りとは、矯正後また元の悪い歯並びに戻ってしまうことです。

特にワイヤー矯正した歯並びが、後戻りを起こすことが多いようです。

取り外し式の矯正は、歯の土台をゆっくりと広げていくために、後戻りが見た目では

わかりません。

ワイヤー矯正は、歯そのものを移動していくために、後戻りは避けられません。

さらに歯根の吸収が起こることもワイヤー矯正ではありますが、取り外し式の矯正は

歯根の吸収も起こりません。

それぞれの利点欠点を踏まえたうえで、ご選択していただければと思います。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月 4日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

取り外し式の矯正は、自分で歯並びを治すといった要素が強い矯正です

ワイヤー矯正は、抜歯をしてから固定するいわば、術者主導の矯正です。

取り外し式の矯正は、自ら装置の脱着を行うため、治療期間もまちまちになります。

入れなければ当然、歯の移動もありません。

一生懸命やられる方は、みるみる歯の土台が広がり、短期間で治療終了となる場合もあります。

一方では、睡眠時間も少なく、いつまでたっても前へ進まない方もいらっしゃいます。

これほど、個人差が出る矯正もありませんが、社会において個人の自由意思に任せることは、

当然といえます。

夢をつかむのは、あなたの自由なのですから。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月 3日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

子供には、have toではなくwant toを目指した教育が必要です

しかし、やりたいからといってゲームばかりやらせるのではなく、

親がコントロールしてあげることが大切です。

取り外し式の矯正も親が無理やりやらせれば、子供はすぐにいやになってしまうでしょう。

子供が本当にしたいことであれば、長期間の矯正でもゴールへと到達することは、

当たり前のようになります。

もちろん大人でもそうですし、すべては自己責任という考えを理解するところから始まります。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年4月 2日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

親御さんが最も気になることは、抜歯をしたくないということです。

歯並び改善のためなら、何でもない歯を抜歯してもいいという考えに、違和感があるのも

無理のないことです。

矯正専門医でも、必ずしもすべての症例で抜歯をすることはありません。

しかし、症例によっては抜歯をする必要性があることも事実です。

取り外し式の矯正は、昼間は外して夜寝ている時に装着します。

歯の土台をゆっくりと広げていくため、抜歯はまったくしません。

治療後の後戻りも、ワイヤー矯正に比べて少ない矯正でもあります。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2012年3月 | メイン | 2012年5月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。