«  2014年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年5月30日

朝から強い日差しが、土手の新緑をますます色濃く染めていました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

午前中は、10数年来お付き合いさせていただいている、コンサルタントとの経営相談でした。

今回はマネジメントについて、いつにない激論を交わしました。

お互いに真剣なので、激論もしばしば起こるのですが、それだけ彼は私の医院のことを

考えてくださっている証左でもあります。

お忙しいのか、やや太ったことが気になりましたが。


午後からは、高校3年生の息子の三者面談です。

女性の先生と息子の進学について、お話をお聞きしました。

息子のゆうたろうは、私と同じでせっぱつまらないと動かないタイプ。

他の生徒に比べ、やや出遅れているようです。

指定校入試の基準は、満たしているのですが、まだ自分が何を目指すのかが

決まっていません。

確かに私の場合も、親のレール上に乗っかった状態でしたので、自分が何を目指しているか

という明確な答えは持っていませんでした。

なので、ゆうたろうの気持ちも理解すると同時に、先生の言うこともまさに正論。

ただいえることは自分の夢は、世間や親の押し付けではなく、自分が出していくもの。

今はなくても構わないのですが、受験は待ったなしです。

もちろん私の本音を言えば、大学がすべてでもありません。

実際私の高校時代の同級生は、大学へ進学しなくても社長や一流企業の役員クラスが

いますから。


ゆうたろうの母親は、もうこの世にはいません。

肉親は私と義兄弟の3歳のケイトだけ。

今の私の妻は、ゆうたろうにとっては、赤の他人。

そんな家族のなかで私の立場は、よきパイプ役となること。

3歳のケイトは、ゆうたろう兄ちゃんによく声をかけてくれます。

自分より小さい子供にも 大丈夫?と気にする心やさしい息子です。

ゆうたろう

君の夢が見つかるまでパパは、応援し続けるぞ!


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年5月26日

25日、早朝テニスをしました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

相手は、県大会まで行く実力者です。

最初は調子が良かったのですが、試合の後半はぼろぼろになりました。

朝飲んだステロイド剤の副作用かもしれません。

一時的に咳アレルギーの改善のため服用しているのですが、飲みたくない薬ではあります。

もうだいぶ良くなったので、次回通院時で終了としたいものです。

午後のスクールもだるさはあったのですが、プレーには損傷ありませんでした。


夕方から家族と実家へ

今月23日は、ケイトの3歳の誕生日

そのお祝いを実家で母と妹を交えて行いました。

2011年 3月11日

ケイトはお腹の中で大きな揺れを感じ、びっくりしたようです。

私の医院も液状化で倒れ、診療が不可能となりました。

そんな中、生まれてきた命に私は、ただひたすら涙するばかり

ママも40歳という高齢にかかわらず、よくがんばったね。

あれから3年がたち、ケイトも言葉数がどんどん増えました。

83歳の母と3歳のケイト

3世代が一緒にお祝いできることが、どんなにすばらしいことか。

ケイト、君が20歳になるころには、パパはもういないかもしれない。

だから、パパは今君にチューをするんだよ!

だから、パパは今君を思い切り抱きしめるんだよ!


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年5月23日

22日、午前中の晴れやかな青空とは打って変わった午後の雷鳴轟く天候に、私は

自然への畏敬の念を感じざるを得ませんでした。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

午後から江戸川病院へ

以前、私は下肢静脈瘤の手術をここで行っています。

今回は、内視鏡検査予約のため、消化器内科を受診。

その後、新橋の呼吸器内科を受診し、東京駅へ

夜からは、昨年亡くなった友人の偲ぶ会打ち合わせに参加しました。

亡くなった彼とは、大学のテニス部で苦楽を共にした仲でした。

卒後もOB合宿や前妻の結婚式、葬儀などいろいろと相談に乗ってくれていました。

そんな私の人生の節目にいつも助けてくれた彼が、もうこの世にいないという空虚感が

今でも私を支配しています。

去年、彼を支援する会から今年は偲ぶ会へ

家族や友人との別れを経験していくなかで、人生に意味を求めている自分と

ありのままを受け入れている自分が交錯しているようです。

多くの命が星になり、また多くの命が生まれくる

私たちは単に遺伝子の箱舟でしかない

人も宇宙や自然の一部にすぎないという事実を、雷鳴が私に教えてくれているようでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年5月19日

18日は、穏やかな青空が広がり、ジョギングから一日をスタートしました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

東京駅の喫茶店で、小一時間を過ごし、SH療法セミナーに参加しました。

SH療法とは、取り外し式の床矯正をいいます。

ただ単に歯並びを改善するだけでなく、奥歯の狭窄を広げていくことで

本来の噛みやすい位置に歯列を戻していきます。

その結果、咽頭の容積が広がり、鼻呼吸が容易になります。

舌も本来の上顎にぺったりとつく位置に戻し、口呼吸の防止にも効果があります。

当日は、会員の症例を検討していき、スキルアップを図っていきました。

良く噛めるということは、食生活や集中力、脳の活性化を促進する大切なところです。

つまり、全身の健康に密接なつながりを持ち、一生涯自分の口で食べることで健康寿命を

延ばすことができます。

自分の命をつなぐためには、よく噛めるための歯や正しい歯列、舌や口の周囲筋の力

それらが整っていることが必要です。

SH療法は、いつでもスタートのとれる治療です。

矯正相談は、随時行っていますのでお気軽にご連絡ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年5月16日

15日は、朝から雨模様、午後からは晴れやかな青空が広がりました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

午前中は、毎年恒例の人間ドックへ

いつも、いやな検査は胃検査です。

しかし、今年からバリウムが大変飲みやすくなっていました。

ただ、体を回転させたり、宙吊り状態にさせられるのは、どうもよくありません。

体力が衰えてきたら、内視鏡に変更しようかと考えています。

最近では、経鼻よりチューブを通す内視鏡も開発され、苦痛も少なくなっているようです。

かれこれ10年以上も人間ドックへ行っていますが、数年に一回は何かしら引っかかって

精密検査の必要性を伝えられています。

今まで、胃の内視鏡と大腸内視鏡を各一回ずつ行ってきましたが、特に問題ありませんでした。

今回も食道あたりに不安があるということで、内視鏡を勧められました。

来週、江戸川病院の消化器内科を受診する予定です。

午後は、新橋の中田クリニックへ

ここは、呼吸器内科ですが、私の場合は、アレルギー性の咳が改善せず、受診中です。

全身的な数値は全く異常はないのですが、アレルギーは、中学生時代より花粉症が

ひどく、風邪を引いた後、アレルギー性の咳が、残ってしまいます。

なので、今回は専門医を受診し、改善を図っています。

確かに細部にこだわりすぎるのもどうかと思いますが、逆にこだわらなさすぎることも

病態を見過ごす要因となります。

私の母は、齢83ですが、あまり食生活を気にしていることもなく何でも食べます。

買い物も自転車でいったり、しょちゅう外出しています。

この前も、年下のお友達と沖縄旅行へ行っていましたね。

つまり、統計レベルでは、この習慣はよくないといわれていることも事実としてある一方、

必ずしも個人レベルに当てはまるということではない ということなのでしょう。

皆さんの健康の常識も当然違うでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年5月12日

11日、母の日は、初夏の風薫る日となりました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

午前中からチビのために、都会のオアシスへ

ここ新宿御苑は、過去に記憶がありません。

もしかすれば、私が小さいころ来たこともあるかも知れませんが、記憶にないのです。

いずれにしても広大な土地は、都会のど真ん中とは思えない自然の宝庫でした。

私は、ユリノキを初めて見ました。

自然は、私たちに多くのことを教えてくれます。

もちろん、私たちも自然の一部ではありますが、その一部である私たちが、

自然の生態系を崩してきたことも事実。

人は、動植物の命を奪って、生きています。

そのことを忘れないことが、とても大切。

なので2歳のケイトにも、そのことを感じてほしいのです。

もちろん、今はわかりません。

わからないことが、少しずつわかってくること。

それが生きる、ということなのかもしれません。

皆さんは、自然を見てどう感じますか?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年5月 9日

8日は、夏を感じさせる風が頬に心地よい気候でした。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

午前中は、当医院のスタッフを連れて、まさき歯科さんへ見学をしました。

まさき歯科の院長である藪下先生は、私も所属する日本ヘルスケア歯科学会、SH療法勉強会

でもご一緒させていただいている間柄です。

今回の見学の目的は、まさき歯科が、日本ヘルスケア歯科学会の認証診療所であること

認証とは、日本ヘルスケア歯科学会が定める規定にクリアさせていることを原則とします。

要約すると、自分の歯科医院で予防を実践している証拠をプレゼンし、各項目がクリアされている

ことを審査員の審査に基づいて、認証されます。

当医院は、その基準であるメインテナンス率がやや低いために、いまだに基準に達していません。

そのために、認証歯科医院の見学をすることで、私が何を目標としているかをスタッフと

共有する必要性がありました。

今回の見学をきっかけに、認証に向けたステップアップを図れるようにしていきたいものです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年5月 7日

6日連休最終日は、朝から肌寒さを感じる気候でした。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

私は、以前より風邪を引いていて、家族にもうつしてしまいました。

それでも連休最後なので風邪を押して、幕張メッセで開催されているプラレール展へ。

会場では、ケイトと同年代のちびっ子たちが、プラレールに夢中になっていました。

プラレールの歴史は、1960年代からあるので、私が生まれたころから

親しまれていることになります。

私自身はプラレールで遊んだ記憶がありません。

現在高校3年のゆうたろうには、けっこう買ってやった覚えはあります。

最近、読了した書籍に島田裕巳氏の 0葬 があります。

そのなかで、

洋服など、何着あっても、その時着られるのは1着だけである。

という文章があります。

あたりまえのことですが、この文章にとても深い意味を感じました。

人は、生まれたときは何も着ていません。

親が多くのものを与えたときから、人は所有という概念を刷り込まれていきます。

多くのものを所有すればするほど、欲求と不安は増大していきます。

よく考えてみると、本当に自分のものはあるのかという疑問に行き着きます。

そうです。

死ぬときは、必ず手放さなくてはならない。

さらに、残された家族の負担も減らす気遣いもしていく必要があるでしょう。

0葬という発想は、自分も思ってもみなかったことですが、それを考えながら生きることが

今後の人生を精神的に豊かにしてくれるものと思うのです。

今の息子たちにも、その視点を持ってもらいたいものです。

写真は、私の唯一のスーツです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年5月 5日

5月連休は、いかがお過ごしでしょうか?

幕張ドルフィン歯科の米山です。

私は、3,4日と連続でテニスをしました。

3日は、夕方から錦糸公園内にあるテニスコートで、シングルスの練習をみっちり行いました。

錦糸公園のテニスコートは、私も初めてなのですが、アンツーカーでやや滑りやすく

難儀しました。

相手は同じテニススクール生で、35歳のハードヒッター。

試合では以前よりスクール内で何回か対戦しましたが、最近負けが出てきました。

去年より打ち方を変えて、ストロークでも負けないようにとの目標を設定しています。

4日は、午前中テニスサークルの仲間とダブルスをしました。

前回のブログでもお伝えしましたが、奥様を最近亡くされた方も一緒にプレーしました。

帰り際、彼に私で良ければ何でも相談してくださいと伝えました。

私自身、8年前に前妻を亡くしていますので、その苦しみは充分理解しています。

当時私もテニスに復帰後は、ただがむしゃらにプレーしていた記憶がよみがえります。

学生時代から私はテニスをしてきましたが、それがあるからこそ今まで頑張れてこれた

これがウソ偽りのない本心であります。

なのでテニス部の先輩、同輩、後輩やスクール仲間、サークル仲間には大変感謝しています。

だからこそ、お仲間が苦しんでいる姿を私は、見過ごすわけにはいかないのです!

私のこの想い、わかっていただけるでしょうか?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2014年4月 | メイン | 2014年6月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。