«  2014年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年7月28日

27日は、朝から真夏の太陽が顔を覗かせていました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

午前中は、テニスサークル。

隣のコートでは、ジュニアの練習が行われていました。

東京でもトップレベルのジュニアの練習は、我々年配にもいい刺激となっています。

私もジュニアレベルのスイングを心がけてはいるのですが、まだまだぎこちなさが残ります。

昼食はサークル仲間と行きつけのお店で。

午後からは、テニススクール

最後のシングルスの試合では、やや消極的になり、反省点が多々ありました。


夕立の中、スタッフのプレゼントを買いにお花屋へ

私はよく人にプレゼントをします。

家族はもちろん、スタッフや友人のお祝い事には必ずします。

特にプリザーブドフラワーをチョイスします。

プリザーブドフラワーとは、生花を特殊な保存剤で、咲いた状態を維持させたものです。

特にバラが選択されているようです。

このプリザーブドフラワーを教えてくれたのは、亡くなった前妻でした。

なので私にとっては、とても思い入れの深い一品なのです。

私の医院内にも何点か飾っています。


皆さんは、大切な人にどんなものをプレゼントしますか?

品だけでなく、経験やおもてなし自体もプレゼントといえるでしょう。

実は今日という日も神様からのプレゼントなのです。

今日という日は、二度と戻ってはきません。

なので今日という日を大切にすることは、自分や周りの人へのプレゼント

そう思うのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年7月24日

24日は、祭日の週のため、振替診療しました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

幕張ドルフィン歯科は、2001年の5月に現在の地とはまったく異なる場所で開業しました。

現在の場所は、2011年の大震災で医院が被災し、方々を探した挙句、

偶然空きがあったところです。

移転前の場所は、千葉街道沿いの商業施設敷地内の2階にありました。


被災前の7月の時期になると、商業施設の有志が企画する夏祭りの役員として

忙しくしていたことを思い出します。

私の係りは、決まって焼きそばでした。

大きな鉄板の上に焼きそばを5玉ぐらいおいて、ヘラでかき混ぜるのですが、

午後4時スタートから終わりの9時までノンストップなので、かなりの重労働です。

そのほかの露店は、焼きイカ、焼きトウモロコシ、かき氷、ジュース類、輪投げなどを

商店会役員総出で、売っていくわけです。

見世物も毎年ゲストを招集するのですが、ヨサコイ団体が大挙出演したときは、圧巻でした。

そのほかには、ジャグリング、吹奏楽、太鼓団体など趣向を凝らしました。

売り上げなどまったくなかったのですが、商店会の活性化を目標としていたため

役員の満足感は、高かったように思います。


そんな、毎年恒例の夏祭りも大震災とともに終焉を迎えました。

現在の商店会は、ほとんどが駐車場スペースとなっています。

最後に商店会を離れる時には、大家さんともめたことが今でも悔やまれます。

現在の地に移転して、駅前のホテル敷地内で行われている夏祭りには、景品と少額の

援助金のみで参加させていただいています。


本来の祭りの意味は、五穀豊穣、自然への感謝を表すものなのでしょう。

来月は、私の故郷小岩でも神輿が練り歩く小岩神社祭が、営まれます。

江戸川の花火大会も見逃せません。

祭りは、人に自然や神様に対する畏敬の念を甦らせます。

人に故郷がある限り、毎年祭りはどこかで催されています。

古からある祭り

手作りの祭り

時に自然は、恐ろしいほどの脅威を私たちに突き付けます。

そんな中でも人は、自然を敬い、自分も自然の一部であるという自覚を改める意味として

祭りを営むのかもしれません。


あなたの故郷の祭りは、どのような意味を持っているのでしょうか?

もしかするとそこにあなたの原点が、あるのかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年7月22日

雷鳴と蝉時雨が、夏の到来を祝福しているかのような連休でした。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

20日は、テニスサークルとスクール

毎年この時期、私は大学のOB合宿に参加していますが、今年は所用で行きませんでした。


21日の午前中に、昨年亡くなった同期の友人のお墓参りに

生田にある春秋苑は、広大な墓地が各ブロックごとに分かれています。

送迎バスを降りて、友人のお墓を探すこと数十分。

ようやくたどり着き、仏花を供えました。

亡くなった彼とは、毎年OB合宿で会って、近況を話しながらテニスをすることが楽しみでした。

先日、彼の偲ぶ会を開いたのですが、そこで納骨されたことを知り、墓前に来ることができました


私は、前妻も亡くしているため、死生観というものを肌感覚で持っています。

死を深く考えるようになって、書籍を選ぶ基準も変化してきたように思います。

また、今という瞬間にしか生がないということも、強く感じられるようになりました。

そして、人生そのものが娯楽であるということも

仏教でいえば中観思想でしょうか。

いい悪いでは、図りきれない現実に

ただ、ひたすら無心を目指そうとするのですが

凡夫の私は、まだ怒りに満ち満ちている。

それも包括して、娯楽としてとらえているところはあるのですが。

蝉の一生も人間の一生もさほど変わりはしない

50回目の夏に、その思いに至るのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年7月18日

17日 時折太陽が照らす銀座のスタバで、朝のひと時を過ごしました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

午前中は、日本メンタルヘルス協会の再受講。

今回は自律訓練法の講義。

いわゆる自己催眠なのですが、以前、他の勉強会でもミルトンエリクソンを学んでいます。

私たちは日常的にも催眠にかかっています。

たとえば、自分にはできないという否定的な考えは、すでに自己催眠です。

テレビで映画を見ている時に、リアルを感じてしまうことそのものも催眠です。

同じ催眠であれば、自分にとって肯定的な言葉をかけることで、人生が変わってきます。

特にα波の出ている起床時、就寝前、風呂につかっている時など自己催眠すると効果的です。


再受講前のスタバで池上彰氏の おとなの教養 という書籍を読みました。

私の卒業した歯学部にも教養課程がありました。

過去日本では、教養学部が廃止された結果、企業から若者の常識のなさを

指摘されるようになりました。

近年では、その経緯を踏まえて、再び教養課程の重要性が見直されるようになりました。

ハーバード大学では、4年間の教養課程を修了し、ビジネススクールやロースクール、

メデイカルスクールといった専門課程へ進みます。

つまり、自分にとって役に立つものこそが、自分の人生にもっとも必要なことといえます。

その自分自身を見つめるためには、教養がとても大切。

池上氏が唱える教養とは

宗教 宇宙 人類学 経済学 病気 歴史 日本人の起源

私も氏の意見に賛同します。

さらに言えば、心理学 哲学も上げさせていただきたい。

自分とは一体なにものなのか?

その問いは、自分自身の取扱説明書の下地となってきます。

自分を見つめなおすことで、より良い対人関係が構築され、さらに世の中の流れを

把握することができます。

人は自分のことさえもわかりません。

なのでまず、自分自分の取り扱いを学ぶことが、一にも二にも先といえるのです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年7月14日

13日は、月が地球に最接近するスーパームーンデイでした。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

午前中は、テニスサークル

曇り空でしたので、体力の消耗もなくプレーを楽しめました。

ラウンジでサークル仲間とひと時を過ごすことも、私にとっては学びとなります。

今回参加しなかったサークルの方が、6か月の娘さんと遊びに来ました。

とてもかわいらしい瞳に、無垢な輝きがありました。

午後からはテニススクール

プライベートレッスンで学んだ、振り切りのいいスイングを心がけました。

テニス雑誌にも載っていた、スターウオーズのヨーダの言葉


考えるな 感じろ


まさにそのことが、大切なのでしょう。

私は、よく人から考えすぎると指摘されます。

禅の世界も体感を重視します。

このことは、すべてに通じることではないでしょうか。

実は、スターウオーズも華厳経の壮大な世界を表しているとのことです。


午後は実家に家族と

母に白衣のすそ上げをしてもらうために、わざわざ行きました。

私は、何かしらの用事を作って、一人暮らしの母に会いに行きます。

家族の誕生日やお祝い事は、決まって実家で行います。

父親はすでに他界していますので、83歳の母を気遣います。

私の母は、洋裁教室を今でも続けています。

若いころからバトミントン、ゴルフとスポーツを続けてきました。

数年前に白内障の手術をしたぐらいで、いたって元気。

買い物に、自転車を今でも使っています。

以前、自転車同士で激突されたことがありましたが、骨折はしませんでした。

エスカレーターに乗っている時に、転げ落ちたときにも、かすり傷で済んでいます。

休日には、必ず外出し、旅行も年に数回は行っています。

若いころからの運動や針仕事が、健康の源になっているのでしょう。

私たちが、実家でごちそうになるときは、かなりの量のおかずが食卓に並びます。

私たちだけでなく、自分自身のおかずもてんこ盛り。

母は強し といいますがまさにそれを実践中です。

そんな母に、孫に合わせることは私にとっては最大の親孝行

プレゼントも、事あるごとにあげています。


お母さん

いつまでも元気でいてください。

あなたの息子である時間を、少しでも続けたいのです。

ゆうたろうのお母さんが亡くなった時は、1年間預かってくれました。

ありがとう。

いつまでも、小さなお祝いを一緒にしましょう。

来月は、またお母さんの誕生日でしたね。

また、てんこ盛りのおかずとバースデイケーキに火をともしましょう。

いつまでも現役でいてください。

いつまでも


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年7月10日

10日 午後8時 私は今現在医院内にいます。

明日の大型台風通過に備え、職場に宿泊するためです。

幕張ドルフィン歯科の米山です。


午前中から曇り空が広がる銀座のスタバで、日本メンタルヘルス協会の再受講前の

ひと時を過ごし、会場へ。

今日は私が最も好きな講座である、論理療法。

アルバート エリスが、考案したこのメソッドに私自身、大きな影響を受けています。

人生の中で、幾度となく、窮地に立たされながらも、こうして生きていられるのも自分自身の

心のありようを変えていったから。

2006年に前妻が亡くなってから数年後、私は ドルフィンケアルームへの想い という小冊子を

患者さんや知人に配布しました。

この小冊子にも、アルバート エリスの理論を紹介し、私がいかに人生の挫折を

克服していったかをご紹介させていただきました。

今はこの小冊子は、増版してはいません。

今思えば、自分の苦しみや悲しみをわかってほしいといった欲求の表れだったのでしょう。

講座の最後のワークでは、自分があと3日の命しかないとわかった時、何をしたいか?

という問いを真剣に考えました。

あと3日しかない命をどう使うのか?

私は、やっぱり家族と過ごしたい!

あとはなにもいりません。


宇宙ミュージアムという最新の施設が、東京ドームシテイに誕生しました。

そこでは、宇宙の映像を最新式の技術で、圧倒的な迫力で魅せてくれました。

私は、今までこんなに感動を覚えた映像を知りません。

私たちは、宇宙の一部であるということを忘れて、日々己の感情と闘っている生き物。

宇宙はすでにそこにあり、日々膨張を続けています。

私たちの命も地球の誕生、いや宇宙誕生の時点からすでに始まり、個人が消滅しても

その遺伝子は、少なくとも地球が消滅するまで、さらには宇宙がやがて縮小していく

過程の中でも続いていくもの。


 ワンネス。


この概念は、抽象度を極限まで高め、圧倒的な受け止め方をすることで、今ここという

生をまるで天体の星のように輝かせてくれます。


永遠とは


自我や我欲をすでに超えている概念であって、けっして個人レベルの概念ではありません。

すでにこの世を去った人の遺伝子を、私たちは受け継いでいます。

さらに私たちが、次世代に遺伝子を引き継いでもらい

まさに、生と死をも超えた流れとなって

宇宙そのものとなっていきます。


あと3日の命しかない時は、誰でも必ずやってきます。

ならば今、ここで自分の大切な人に 


ありがとう!


といってみてはいかがでしょうか?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年7月 7日

7日の深夜、私が玄関を開けると妻が、テレビを見ていました。

ウインブルトンでの決勝戦。

私も少し見てから床について、今朝ジョコビッチが優勝したことを知りました。

フェデラーファンの私としては、少々がっかり。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

6日の早朝、私はライバルとシングルスの練習を。

良く振り切れていて、内容に満足。


1時から日本橋コレドへ。

3時から、大学テニス部の友人先輩を偲ぶ会がしめやかに開かれました。

今日まで打ち合わせを重ね、6日を迎えましたが、OB,OGのほかに他大学からも

故人を偲ぶ方々に参加していただき、大変感謝しています。

とても久しぶりな方や、すでにフェイスブックで、近況を存じ上げている方までお話ができた

その反面、学生時代から苦楽を共にしてきた彼がもうこの世にいないことに無念さを感じます。

学生時代の懐かしい映像が流れる中、最後に同期の友人が、ご家族の手紙を朗読。

私たちへの感謝のお気持ちと、ようやく納骨を終えたご報告に私はただただ、うつむくばかり。


太一

今日は七夕だよ。

星空は見えなくても僕には見える

君との思い出と君の強い意志が

3次会で後輩と一緒に泣いてしまった

そう、人前で泣いたのは、前妻の葬儀の中と学生時代試合に負けたとき以来だ

毎年OB合宿で君に会えることと、君にいつもほめられることがとてもうれしかった

よねちゃん、テニスうまくなったね!

君が亡くなる3日前に会った時、

君は、息も絶え絶えの中で僕にいってくれた

よねちゃん、元気?


太一

君はいつもそうだった

自分のことよりも人の気持ちを考えてくれた

それに引き替えこの俺は!


太一

僕はこれからもテニスを続けるよ

だから君も向こうで練習しておいておくれ

またそっちに僕が行ったら、テニスしよう!

それまで僕はもう少し人生を楽しむよ!

ありがとう!



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年7月 4日

梅雨らしい空が広がる3日、私は千葉の大久保へ向かいました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

かれこれ4年目となります。

私自身、取り外し式の床矯正を始めて、現在はまさき歯科でその治療をお願いしています。

まさき歯科の藪下先生は、日本ヘルスケア歯科学会とSH療法の会員で

私もご一緒させていただいています。

SH療法という矯正は、昼間外してもいい装置を用いて、歯の土台そのものを広げていき、

奥歯のかみ合わせと、前歯の審美性を同時に改善していきます。

私自身、この矯正を始めた術前の写真を見ると、全く違うことに驚きを隠せません。


午後は、テニスのプライベートレッスンです。

ジュニアと同じメニューを要求されるため、足がつらないようにバナナを事前に食べて

臨みました。

私には、現在ライバルがいます。

そのライバルに勝ちたいがために、去年より酒田コーチにプライベートレッスンを依頼しました。

酒田コーチは、ジュニアを全国レベルに引き上げるために尽力されています。

今では、関東レベルのジュニアを輩出するという実績を持っています。

酒田コーチ自身、過去には全米オレンジボール準優勝という実績を持っています。

なので、私のようなロートルにも容赦はしてくれません。

まずコートに入る前のあり方から違います。

ゲームに使えないようなショットは、間違っても教えませんし、私が手打ちのようなボールを

返すようなものなら、途端に激怒します。

ジュニアも全員がプロになれるわけではありません。

誰もが錦織になれるわけではない。

つまり彼は、人生そのものを教えているのです。


自分の人生に逃げるなと。


一旦コートに入ったら覚悟を決めろと。


私はこの年になってようやく本物のテニスに出会えた。

やはり指導者を選ぶことも人生にとっては、大切なこと

そう実感せずには、いられないのです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2014年6月 | メイン | 2014年8月 »

幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。