«  2015年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年11月30日

朝晩の温度差が、より一層感じられる季節となりました。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

先日、アメリカの方への矯正相談を行いました。
小さいころすでに抜歯矯正の経験をお持ちでしたが、前歯の叢生と狭窄した奥歯が
診られました。

抜歯されている小臼歯の部分は、若干空隙ができてしまいますが、前歯の叢生と狭窄した歯列の
改善は可能とお話しいたしました。

3602_MKJ_062911.jpg

アメリカの方は、通常ワイヤー矯正が常識と考えていましたが、今回当医院の取外し式の
矯正に興味をもたれていただけたことは、とても光栄です。

日本語がとてもお上手なので、説明も支障なく行えたことに胸を撫でおろしています。
今回は、ワイヤー矯正と取外し式矯正の違いを十分理解していただけたかと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年11月24日

連休いかがお過ごしだったでしょうか?
幕張ドルフィン歯科の米山です。

先週の矯正相談では、他医院から将来抜歯する可能性があるとの説明を受け、そのことで
悩まれている8歳の娘さんの歯並びが気になるお母さんのご相談でしたが、
娘さん自身も気になっているとのことでした。

当医院の取外し式の矯正は、抜歯をしないため多くの方のご相談で、そのことを詳しく
説明しています。
抜歯に抵抗のあるのは、大人だけでなく子供であっても同じことでしょう。

また、他医院で歯の土台を拡大していく矯正の後、ワイヤー矯正を開始する前に抜歯をする
との説明を改めて受け、当医院へその治療に疑問を感じて来られる方も少なくありません。

もちろん、抜歯矯正になにも疑問を感じていなければ、その治療を勧められればいいのですが、
少しでも疑問があれば、当医院をセカンドオピニオン的にご予約ください。

いい悪いの問題ではなく、あなたが受けたい治療を明確にすることが、歯科だけでなく多くの治療の中で、とても大切なこととなります。

オアゾ 005.JPG

23日は、いつも通っている東京丸の内にある丸善へ書籍を求めに向かいました。
私がよく読む書籍のジャンルは、心理学、脳科学、経済、自己啓発、健康、仏教、歴史、小説です。

特に健康関連は、多くの情報が錯綜し、これがいいという書籍の横にそれが悪いといった書籍が
平然と並んでいるものです。
そこに惑わされないためには、どちらも購入してみることです。

後は、自分の信用できるものを実践してみて、合わなければ変えてみればいいだけのことです。
一つの情報をうのみにせず、反論している本も読んでみて、自分のやってみたいものを
実践してみて検証を重ねていく。

そうすることで、自分軸が確立していきます。

それともう一つ

物の値段も疑うこと。
多くの意図が隠されているはずですし、それは法律の中にも垣間見ることができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年11月20日

朝晩の冷え込みが、やがて来る冬の到来に気づかせてくれる季節です。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

当医院の矯正相談に来られる方の多くは、他の医院で抜歯する矯正に疑問を
もたれています。
自分の歯を歯並び改善のために、抜歯することに躊躇されるお気持ちは、よくわかります。

私自身勤務医時代に、矯正専門医の依頼で抜歯をしたときに、違和感を感じました。
虫歯や歯周病でもない歯を抜歯することは、たとえ歯並びの改善であっても、疑問を
持っていました。

SH療法のメンバーの中にも、矯正専門医やワイヤー矯正を実践していた経験者がいます。
その方たちも抜歯矯正に疑問を持たれて、入会されています。
審美を追求するあまり、他の歯の犠牲を余儀なくすることでは、患者さんの気持ちに寄り添えません。

シナジー 001.JPG

19日の午後から月島にあるアンチエイジングクリニックで、オゾン点滴とプラセンタ療法を行いました。
オゾン療法は、日本ではなじみがないのですが、海外ではその専門医院もあるほどさかんとなっています。
効果としては、免疫機能の活性化、動脈硬化や心筋梗塞の予防、抗アレルギー効果などがあります。

プラセンタは、胎盤にある栄養素や生理活性物質を体内にとり入れ、自然治癒力を高める
効果があります。
その後私は、カイロプラクテイックで腰痛防止のマッサージとピラテイスを行いました。

一日で結構なメニューをこなすのですが、これも私自身予防歯科医なので、自分自身の健康
にも気を使うのです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年11月16日

15日、朝からの雨も上がり、昼は太陽が顔を覗かせる天気の中、テニスができました。
ATPファイナルでの錦織選手の活躍に期待が持てます。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

矯正はなるべく早くやった方がいいという認識があるようですが、SH療法での取外し式の
矯正では、年齢を選びません。
本人が気になった時期が、ベストのタイミングです。

当医院では、圧倒的に女子中高生の患者さんが治療しています。
もちろん小学生や成人の方もいらっしゃいますが、歯並びが気になる層は、女子中高生なのでしょう。

歯並びにも正しいフォームというものがあります。
いわゆるU字形であって、奥歯も垂直に噛んでいる状態がベストといえます。
取外し式の矯正であれば、そこを目標とした治療を行います。

時期を問わず、審美的にも機能的にも改善可能なのが、取外し式矯正なのです。

祝賀会 002.JPG

14日は、今月当医院のスタッフが結婚するため、医局での祝賀会を開きました。
駅前のイタリアンレストランでコース料理を堪能したのですが、どの料理もボーノ!としか
言いようのないものでした。

私は、中学校のころクラッシックのLPを良く聴いていました。
聞くところによると、20歳までクラッシックピアノをしていたスタッフもいて、イタリアンレストランで話が盛り上がりました。
矯正の患者さんにも音大を目標として、ピアノの練習に励んでいる女子高校生がいます。

患者さんの中には、東京都交響楽団の職員の方もいて、毎回クラッシックの話題で
盛り上がっています。
そのようなことから、中学生時代によく聴いた曲をダウンロードして、現在懐かしく聴いています。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年11月13日

朝晩が冷え込む季節となりました。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

私が常に矯正相談時に心がけていることは、本人にやる気があるかどうかです。
固定制のワイヤー矯正とは違い、取外し式のため、本人が自ら装着しない限り、治療が
前へ進むことができません。

多くのミスマッチは、親御さんがやる気になっているのに対し、当のお子さんがやる気がない場合
途中でドロップアウトしてしまうことです。
それを防ぐためには、矯正相談時からの見極めが必要となります。

やる気のあるお子さんは、自分の気になる部分をしっかりと指摘してくれます。
また、やりたいの?という問いに大きくうなずいてくれるものです。
矯正治療は、虫歯治療とは違い治療期間が数年単位となります。

特にお子さんは情動の変化があるために、常に励ましの言葉も大切となります。
小学生までのお子さんには、毎日装置を付けた日にチエックするカードを渡し、それを毎月の
調整に持ってきていもらい、プレゼントと交換するご褒美も行っています。

励ますという行為は、人をやる気にさせまた、自分自身にも励ましの言葉をかけることで
大きな成果が生まれてくるものです。

大久保 007.JPG

12日に私は,まさき歯科へ向かう道を歩いていました。
そこは、前妻と一緒に暮らしていた地でもあります。
彼女は,9年も前に他界しています。

そんな思い出の地を歩いていると、ふと悲しくなるのです。
私も過去、何度も自分を励ましてきました。
毎日毎日涙を流す日でも,常に自分を励ます。

今の妻も同時期に旦那さんを亡くし、当時はうつ病になったと聞いています。
それでも彼女も自分自身を励まし続けてきたのでしょう。
だからこそ、今がある。

皆さんも何かを取組むとき、あるいは困難にぶつかった時、ぜひ自分を励ましてください。
きっと、いいことが待っていますよ!


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年11月 9日

穏やかな秋風が吹く季節です。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

先日SH療法のニュースレターのエッセー原稿が完了し、投了しました。
SH療法とは、取外し式矯正を患者さんへ提供することによって、全身の健康の向上を
視野に入れた医療です。

SH療法勉強会には、私自身2008年の入会となります。
2002年ごろより、他の取外し式の矯正勉強会に入会し、研鑽は積んでいました。
今では、SH療法のみで研鑽を積んでいますが、前勉強会の先生にも多大なる恩義を
感じています。

そのようなことを、今回のニュースレターで述べさせていただいています。
この世の中は、すべてが関係性で成り立っています。
そのことを仏教では縁起という概念で説明しています。

誕生日 002.JPG

思えば私も2006年に前妻を失ってから、慟哭の闇の中をさまよい、たどり着いた先が
現在の妻でした。
11月3日には、妻の誕生日を実家でお祝いしました。

前妻の大学生になる息子と今の妻の4歳になる息子。
私の妹と86歳になった母。
家族の肖像は人それぞれだと思います。

人に限らず、森羅万象すべてのものが縁起の中で成立しています。
そこには、正負、善悪、幸不幸といった二元論はありません。
今というときは、過去の積み上げでしかなく、そこには生死も関係なくなります。

私は蝋燭の灯を見ながら思うのです。
今という偉大なプレゼントをお祝いすることが、幸せという認識となってくるのでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年11月 2日

先日、サラリーマンの方からの矯正相談がありました。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

お話によれば、かかりつけ医より歯周病の悪化が、かみ合わせからきているため
ワイヤー矯正の必要性があるとの説明を受けたとのことでした。
そのため、矯正専門医を紹介するとのことでした。

しかしながら、矯正専門医が遠方にあるため、自宅から近い当医院へご相談に来院
したとのことです。
当医院は、取外し式の矯正のため、ワイヤー矯正との違いをご説明させていただきました。

また、自分で装着してかなければ、治療が進まないこともお話ししています。
ここが一番大切なことなので、より一層念を押しています。
もちろん、装着時間を守って毎日継続していただければ、十分な効果が出る矯正です。

この方のケースは、前歯ではなく奥歯の歯周病の悪化の懸念が主訴であったため
より一層の説明が大切です。
もちろん、前歯にも叢生が見られますので、改善の必要性はありました。

通常は前歯を気にしての主訴がほとんどなのですが、今回のケースでは説明に
気を付けなくてはなりませんでした。

大道芸 010.JPG

1日の午後、錦糸町で妻の買い物中、4歳の息子のケイトと私は大道芸の見物をしていました。
彼はこの技のために、何年も毎日欠かさず練習を積み重ねてきたことでしょう。
自分の好きなことをして稼ぐということは、自由であるということ。

いわば資本主義社会に染まらず、自由を得ている。
私自身を振り返ると、親のレールに乗ってきたこの道ではありますが、今はこの仕事に
誇りを感じています。

ケイトや大学生の息子には、親の影響をいい意味で与えずに自由に生きてもらいたい。
そんなことをふと思いながら、大道芸を見物していました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2015年10月 | メイン | 2015年12月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。