«  2016年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年9月30日

29日の夜、私はオペラシテイでのクラシックコンサートを堪能しました。
ケバントハウス弦楽四重奏団による演奏は、弦楽器の魅力をハイドン、ドボルザーク、シューマン
それぞれの弦楽四重奏の魅力を存分に聴かせてくれました。

矯正患者さんのなかにも、管弦楽部や吹奏楽部に所属し、賞をとるなど活躍されている女子中高生も何名かいます。
ここで気が付くことは、楽器をやる方も呼吸を意識しているということです。

当医院の取外し式の矯正は、歯並びの改善だけでなく、舌をもとの位置に戻したり、気道が
広がる効果があります。

オペラシテイ 003.JPG

狭窄した歯列を解除することで、副次的な効果が期待できる矯正なのです。
最近出版された堀江貴文氏の書籍に、口呼吸の弊害があげられています。
当医院の取外し式の矯正も口呼吸から鼻呼吸へ改善できるものです。

特にあいうべ体操と夜寝ている時に貼るマウステープの指導も行い、多くの疾患の予防にも
つなげています。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年9月26日

ようやく秋空が顔を覗かせた25日、私はSHTA設立8周年記念大会に参加しました。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

SH療法を実践しているこの会は、いわゆる取外し式の矯正で狭窄した歯列を解除し
本来の歯列へ戻していくことを目的としています。

ただ、単に歯列不正を改善していくだけでなく、今回の大会では装着しない16時間の
大切さを会員の発表によって明らかにしていきました。

SH大会 006.JPG

咀嚼機能の向上や気道容積の増加など多くの効果が、発表されました。
また、気道が広がることで血中酸素飽和度の上昇も報告されました。
実際に狭窄歯列が改善することで、舌が前へ移動し、舌骨も拳上され鼻呼吸しやすい
環境になります。

虫歯が減っている現代においても、歯列不正は増加の一途をたどっています。
その要因は、よく噛まない習慣や態癖、口呼吸など多岐にわたります。
今後もSHTAは、会員数を増やし、狭窄した歯列に悩む患者さんの受け皿を確保する
活動をしていきます。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年9月23日

22日は、朝から降りしきる雨に秋の気配を感じる一日でした。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

来る25日には、SH療法の設立8周年記念大会が開催されます。
SH療法とは、狭窄した歯列を顎拡大療法によって解除し、咀嚼機能を促進し
口呼吸から鼻呼吸へ変えていく可能性の高い医療です。

また、夜寝ている時に矯正装置を装着するだけでなく、非装着時にもあいうべ体操を実践
していただき、口の周囲筋や舌の力を活性化することで、口腔全体のバランスを維持増進
していきます。

3755_MKJ_062911.jpg

矯正専門医の会員も多く、今後の発展が明るい矯正治療といえます。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年9月20日

18日は、私の母校である鶴見大学歯学部の創立40周年記念式典がありました。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

その日は、同期会もあり、懐かしい面々と再会しました。
そのなかで矯正専門医の女性の友人と何気ない会話の中で、あいうべ体操について
の話題が上がり、あいうべのほかに かっ という発音が必要との意見をいただきました。

また、べー といって舌を下にたらすのではなく、舌を前へ伸ばすほうが舌の活性化によい
という話もありました。
なるほど、矯正専門医の彼女の意見も、もっともだなと感じます。

同窓会 003.JPG

あいうべ体操は、口の周囲筋と舌の力を活性化し、口呼吸から鼻呼吸へと戻す方法です。
口呼吸の弊害は、肺にダイレクトに細菌を取り込むため、風邪や扁桃腺由来の疾患を
引き起こすところにあります。

鼻呼吸であれば、鼻腔内の複雑な構造によって、細菌をシャットアウトしますので、そのような疾患を防ぐことができます。
当医院では、取外し式の矯正治療のなかで,あいうべ体操を指導しています。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年9月16日

幕張ドルフィン歯科の米山です。

当医院の取外し式の矯正は、歯の土台をゆっくりと広げていくため、
治療期間が長くかかります。

ワイヤー矯正は、抜歯した歯のスペースを利用して、2年間で治療を終了します。
取外し式の矯正は、歯を抜歯する必要はありません。
なので、抜歯に抵抗がある方が、当医院を選ばれる最大の理由となっています。

NHK 001.JPG

抜歯するかしないかは、患者さんにとっても大きな違いであることが、実感できます。
歯の土台を広げるといいましたが、顎拡大療法という意味において、他の効果があります。
拡大に伴い、鼻腔壁の広がりや狭窄した歯列が解除され、舌が前方へ移動します。

結果的に口呼吸から鼻呼吸に改善されたり、睡眠時無呼吸症の改善にもつながります。
このようにワイヤー矯正では、到底不可能なことを可能にする矯正なのです。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年9月12日

ようやく秋の雲が、空に広がる季節となりました。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

まさき歯科の藪下先生とは、取外し式の矯正勉強会であるSH療法を実践している会員仲間です。
10日は、まさき歯科の研修会に参加しました。

新潟県にある長岡の旅館までバスで移動。
まさき歯科のスタッフも数名参加するものでした。

夜には、片貝花火大会で世界一の4尺玉の花火を始めて経験し、花火の常識を覆された
思いです。
3時間以上にも及ぶ花火大会は、企業や個人の想いの詰まった花火が、次々と打ち上げられ
秋の夜空を刹那に彩りました。

片貝花火大会 031.JPG

仕事への想い

家族への想い

そして全ての人の想いを、花火を通じて夜空に打ち上げる片貝町の人々の粋を
感じた一夜でした。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年9月 9日

8日、台風は温帯低気圧に変わり、時折、激しい雨を残しました。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

取外し式矯正を臨床に取り入れて、早や14年の月日が経ちました。
多くの患者さんとかかわりを持つなかで、あんなに小さかったあの子が、今や私の背丈ほどの
学生になっています。

取外し式の矯正をしていると治療期間も長く、彼ら彼女らの成長も月日の流れの中で
垣間見ることができます。
もちろん、この私も年を取りました。

私自身、多くの悲しい出来事を経て今があります。
その時々に流れていた音楽は、一生涯の友となり、その音楽を聴くたびに過去が蘇ります。

NHK 001.JPG

今宵私は、NHKホールでマーラー交響曲第8番(千人の交響曲)を聴きました。
ラストに、アルト歌手の女性が歌う歌に、私は涙を禁じ得ませんでした。

すべての過ぎ行くものは、比喩に過ぎない。

私は、一生涯臨床家としてやってゆきたい。
そんなことを、パイプオルガンの音を聴きながら思いました。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年9月 5日

残暑の厳しい季節です。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

4日は、リッツカールトン大阪をホスピタリテイのトップにした、高野登さんの講演を聴きました。
ホスピタリテイ、日本語でいえば、おもてなし ということでしょうか。

私も誤解をしていたところがあり、このおもてなしは、そう簡単にはいかないということを
高野さんのお話を聴いてつくづく思いました。

私も矯正患者さんの治療時には、その方の関心のあることを、常にお話ししていこうと思うのですが話に乗る方とそうでない方がいますので、一筋縄にはいきません。

おもてなし 002.JPG

コンビニ店員は、お客の違いを読み取り、瞬時に対応する能力が求められます。
また、電車でお年寄りに席を譲るときも、年寄扱いされたくない方もいるということも
知っておかなくてはならない。

その対象に関心を持つか持たないかで、結果も違ってきます。
私は、アドラー心理学を学び、実践していますが、ホスピタリテイにしてもアドラーにしても
終わりはない ということです。

ここを大きく外すと、ただの勘違い人間となってしまいます。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年9月 2日

残暑の日々みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
幕張ドルフィン歯科の米山です。

取外し式の矯正患者さん層では、女子中高生が多く、その中には
来年受験を控えいる方も多くいらっしゃいます。

そのようなお話を聞くと、私も学生時代を思い出します。
最近では、女子でも理工系を目指す方も多く、時代の流れを感じます。
その中でAIは、すでに経済新聞でも掲載されている問題です。

上野 005.JPG

職業の細分化がAIの進歩により、劇的に変わろうとしています。
その結果、職業も少なくなり、就業時間も短縮され、人の感性を高める時間が増えるでしょう。
美術、音楽、詩、文学など

つまり感性までは、AIの領域にはとうてい及ぶことはないと考えます。
これから就職する彼ら彼女らには、感性を磨いてもらいたいと
治療しながら思うこのごろです。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2016年8月 | メイン | 2016年10月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。