«  2017年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年11月29日

医院もクリスマスの装飾で華やかさが増しています。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

矯正相談を毎月数件実施させていただいていますが、これは口呼吸の蔓延化を
如実に表している一つの証拠といえます。

歯列不正の原因は、口で呼吸をする習慣によるところが大きく関与しています。
実際、矯正相談者や現在矯正治療中の患者さんの口は、常にぽかんと開けていることが
よく見受けられます。

クリスマス 003.JPG

取外し式の矯正治療の中では、口呼吸を鼻呼吸に変えるプログラムを組み、歯列の改善と
同じレベルで呼吸の改善を図っていきます。

口呼吸を鼻呼吸へ改善していくメリットは、夜間では、口腔内の乾燥が減ることで唾液量が促進され虫歯や歯周病の予防へつながります。

また、鼻アレルギーや喘息の改善、そのほか風邪やインフルエンザの予防にもよい影響を
与えます。

このようにこれからの歯科は、歯列と呼吸双方にアプローチしていくことで、薬を使わずに全身疾患の改善に貢献できるものと考えています。


雨を感じられる人


ただ濡れるだけの人


その違いが


人生の違いなのだ


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年11月27日

26日、大学のテニストーナメントに参加しました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

このトーナメントは現役とOBが参加し、縦のつながりを強化する目的があります。
今回は後輩OBとの対戦しかありませんでしたが、現役の若々しい姿を見ることができて
有意義な日となりました。

大学時代は、部活に明け暮れる毎日でしたが、勉強の方もおろそかにはしていませんでした。
今現在診療の柱としている予防や矯正も教科にはありましたが、本格的な勉強は卒後の
こととなります。

鶴見大学 002.JPG

予防は、日本ヘルスケア歯科学会の入会と同時に予防歯科システムを構築していきました。
また矯正は、取外し式の矯正勉強会に所属し、毎月のように勉強のため、当時の小児矯正学教授の自宅へ通ったものです。

現在、取外し式矯正の勉強は、SH療法のフォローアップセミナーに定期的に通っています。
この会の理事の先生方ともかなり親密にさせていただき、症例検討や意見交換を交わしています。

後輩の学生にも話したことですが、卒後晴れて国家試験を通り歯科医師になってからも、自分の興味のある歯科分野でさらなる研鑽を積み上げ、それが開業時の医院理念となって生かされます。


風が


吹かなければ


自分が動く


そうすれば


風が吹く場所に行ける


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年11月25日

穏やかな秋空の広がりが、心も穏やかにしてくれています。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

取外し式矯正治療の中で、特によくアドバイスすることといえば、鼻で呼吸をしましょう
ということです。

歯列不正の最大の原因は、口で呼吸する習慣にあります。
口を閉じる習慣が失われる背景として、乳幼児期の吸啜という行為が少ないことがあげられます。

吸啜が口や舌の発達にかかわり、またその後の離乳食も早い時期から自分でスプーンを
使って捕食する動作を身に着けさせることが大切です。

呼吸 001.JPG

もちろん歯列矯正治療中からでも鼻呼吸の意識を付けていけば、治療効果が格段に
上がってきます。

矯正装置と一緒に夜間のマウステープを貼ることで、歯列の改善とともに鼻呼吸が
促進されます。

口を閉じて鼻呼吸で運動をすることで、耐久力が付き怪我もしにくい状態になります。
血中の二酸化炭素濃度が上がり、活性酸素の過剰な発生も防ぐことがわかっています。

口呼吸と歯列不正の因果関係を十分理解することで、体全体の健康が増進することは
間違いありません。


過去の出来事が


人生を決めるのではない


今これからの行動が


人生を決めるのだ


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年11月24日

公園の紅葉が、色鮮やかさを競っているような季節です。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

私は毎日、取外し式の矯正装置を口腔内に入れて就寝しています。
また、装置を入れた後にマウステープを口に貼り、鼻呼吸の促進を図っています。

マウステープは、当医院の推奨するマウスリーブでも結構ですし、ドラッグストアで売っている
サージカルテープでもけっこうです。

マウステープ 001.JPG

冬は、部屋が乾燥し口を開けた状態で就寝すると、明け方風邪を引きやすくなるでしょう。
鼻呼吸は、鼻自体が雑菌やウイルスを防御する機能と大気の保温効果があり、肺を雑菌やハウスダスト、冷気から守ってくれます。

また、歩いている時に鼻をつまんで息が苦しくなったときまた、鼻から呼吸する疑似高地トレーニングを行うことで、二酸化炭素濃度が上がり、耐久性と疲れにくい体を作ります。

ためしに口を開けた状態で階段を駆け上がることと、口を閉じて息をせず階段を駆け上がり、
昇り切ったら、口を閉じて鼻から息を整える比較をしてみてください。

鼻から息を整えたほうが、息切れせず、また苦しさもないことに気が付くでしょう。

疲れない体を目指すのであれば、夜間のマウステープと日中の鼻呼吸をお勧めします。


言い訳しながら


生きていけるほど


人生は長くない


言い訳している間に


人生は過ぎていく


後悔先に立たずと心得よ


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年11月22日

皆さんは呼吸をどこでしていますか?

幕張ドルフィン歯科の米山です。

それは当然鼻でしょう?
しかし、現代人の呼吸過多の要因として口を中心とした呼吸があります。
口をぽかんと開けた状態が続いている方は、ほとんどが口呼吸といっていいでしょう。

少し階段を上がるだけで息切れしている場合は、大抵口で息を整えるでしょう?
しかし、常に運動時でも口を閉じて鼻で呼吸することを維持すれば、口を開かずとも
息は整います。

また鼻呼吸は、二酸化炭素量を上げ、耐久力が上昇します。
私はテニスをしているので、プロテニス界の状況を調べてみました。

フェデラー3.jpg

すると今までトップ10にランクしていた選手で、けがをして戦線離脱しているのは、アンデイ
マレー、ノバクジョコビッチ、錦織、スタンワウリンカ、そしてATPファイナルでは、ナダルが途中棄権しています。

全ての選手に共通していることは、プレー中に大きく口を開けているということです。

また常時でないにしても、きっちりと口を閉じながらプレーしているロジャーフェデラーは、昨年
プライベートでのけがを除けば、プレー中のけがに強く、また選手生命も最長を誇っています。

このようにプロの世界でさえ、口呼吸が蔓延し間違った呼吸法をしているので、私たちの呼吸の
常識も疑う余地、大いにあるでしょう。


考えても

答えが出ないときは


頭を休めて

五感で感じる


そうしたら

いろんな問題が溶けていく


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

皆さんは呼吸を意識しているでしょうか?

幕張ドルフィン歯科の米山です。

ヨガや座禅、瞑想、気功は呼吸法の手法として広く知られています。
それらは、すべて変性意識を作り上げることを目的としています。

変性意識とは、テレビを見ている時に手に汗を握る体感のことを言います。
つまり実際に起こっていないことを、あたかも自分が経験しているように実感してしまう状態と
言えます。

また、アスリートがゾーンに入った状況ともいえ、あたかもその瞬間に集中し、無我夢中といった
状態ともいえます。

瞑想.jpg

このように人は、日常的に変性意識に入りやすい環境に暮らしているため、ややもすると
マーケットでの衝動買いやデイズニーフリークと化してしまうのです。

呼吸法の目的は、自分を変性意識状態にすることで、人本来の生き方を実感することにあります。
本来の生き方とは、自分の本当にしたいことを見つけること、また関わる人すべてを幸せにする
ことといえます。

私は、矯正治療を通じて患者さんへ呼吸の大切さをお伝えしています。
また、そのためには毎朝の気功や疑似高地トレーニングを実践し、自らを変性意識状態にする
鍛練をしています。

このようにしてみると、自分自身を変性意識状態にする手法は、周りの人に良い影響を与えてこそのものといえるでしょう。


人と

比較するから不幸が始まり


過去を

振り返るから後悔が始まり


未来を

心配するから不安が始まる


今ここを生きるべし


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年11月21日

皆さんは健康に気を付けていますか?

幕張ドルフィン歯科の米山です。

常識的な健康観として、たばこを吸わない、よく寝る、十分な栄養を取る、適度な運動を
心がける などがあげられるかと思います。

しかし、一番大切なところが抜け落ちてはいませんでしょうか?
たとえば日本食は健康に良いといわれていますが、味噌汁や漬物を毎日摂取すれば
塩分過多となって高血圧になるでしょう。

実際東北地方の健康寿命は短くなっています。
また、沖縄でも米軍基地近くでは、欧米食が主流となっていて生活習慣病が蔓延しています。
一方、同じ沖縄でもゴーやなどの沖縄食を主食にしている地方では、長寿のご老人が多いことで
有名となっています。

食材.jpg

そうです。
何を食べているかで、長寿人口の増減が決定するのです。

また、長野県などの高地でも100歳長寿者の割合が高いことがわかっています。
これは一体何を意味するのか?

御賢明な方はもうお分かりかと思いますが、低酸素が健康に大きなアドバンテージを
与えているようです。

以前の私は、深呼吸は体にいいと疑うことはありませんでした。
しかし今では、これは間違いであることに気が付き、酸素アドバンテージプログラムを実践しています。

このプログラムは、疑似高地トレーニングであり、耐久力が向上するとともに、鼻呼吸の
促進をしていくものです。
また、鼻呼吸自体が多くの疾患を予防することがわかっています。

そう、健康に最も大切なもの

それは 呼吸法です。

詳しくはパトリックマキューン氏の人生が変わる最高の呼吸法 という書籍を一読ください。

考えても

答えが出ないときは


頭を休めて

五感で感じる


そうしたら

いろいろな問題が溶けていく


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

皆さん、年末の準備は進んでいますか?

幕張ドルフィン歯科の米山です。

私は早々に年賀状の準備を終了しました。
今の世代は、スマホで年明けの挨拶を済ましてしまう傾向にありますが、私のような世代は
スマホを所有していても年賀状でのあいさつが、例年の行事となっているようです。

最近よく思うことは、鼻呼吸を実践している人がとても少ないということです。
かくいう私も幼少の頃の自分が、古いアルバムの中で、いつも口を開いて映っていることに気が付きました。

鼻呼吸を実践しているという根拠は、しっかりと口が閉じられているかということです。
話をするときは、誰でも口で呼吸をしています。

話をしてもいないのにスマホや本、テレビを見ている時に、うっかり口が開いてしまう方は、
口呼吸の中のキングといっていいでしょう。

ジョコビッチ.jpg

また、歩きながらすでに口が開きっぱなしの方は、キングオブキング といっていいでしょう。

そのような方の末路は、細菌やウイルス、ハウスダスト、花粉を容易に体内に取り込み、病気やアレルギーに罹患します。
また、アスリートでいえば怪我をしやすい短命体質となります。

鼻呼吸促進法としては、まず口を閉じる意識を強烈に持つということ、歩くときは鼻をつまみ
息が吸いたくなったら鼻で息をするトレーニングをすること。
また、夜間はマウステープを口に貼って寝る習慣を付けることです。

これだけでも、格段に鼻呼吸を促進させますのでお勧めします。


鼻や口を閉ざすと

死んでしまう


心を閉ざしていると


やっぱり苦しくなって

死んでしまう


心も

呼吸しているのだ


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年11月20日

冬の寒気が師走の空を覆い、年の瀬を感じさせます。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

矯正治療にもさまざまな手法がありますが、咽頭や気道を広げ、鼻呼吸を促進する矯正は
SH療法を置いてほかにはありません。

歯列不正の最大の原因は、口呼吸にあります。
幼少のころからぽかんと口を開けた習慣が、歯列に悪影響を与えます。
また、常に口を開けた呼吸が、ダニ、花粉、排ガスなどを吸うことで体にアレルギー反応や
炎症を起こす要因となります。

pl-2014311600881.jpg

鼻呼吸を常に意識することで、これらを最小限に防ぐことがわかっています。
つまり鼻の構造上、フイルター機能や温熱効果があり、容易に空気中の為害物質から肺や
体を守ってくれるのです。

鼻呼吸促進の呼吸法や夜間のマウステープの実践によって、アレルギー性鼻炎、喘息、肥満
アトピー性皮膚炎など改善した報告が多数あります。

実は私も口呼吸を幼少のころから身に着けてしまい、歯列不正となりました。
小さいころのアルバムに映っていた自分の口がいつも開いていることに気が付き、愕然としました。

現在私は、患者さんへ提供する取外し式の矯正治療を自ら実践し歯列は改善しています。
さらに鼻呼吸促進の呼吸法と夜のマウステープを貼って、自分自身が改善するかを検証しています。

あなたが


自分を受け入れたとき


世界は


あなたを受け入れる


しかしあなたが


自分を否定してる限り


世界はあなたを


受け入れることができない


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

肌寒い気候が続いています。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

最近私は、呼吸を意識しています。
特に口を閉じて鼻で呼吸することに、意識を持つようにしています。

また、通勤中は鼻をつまんで歩き、息がしたくなったときには、また鼻で呼吸をする
疑似高地トレーニングをするようにしています。


3560_MKJ_062911.jpg


これをすることで血中の二酸化炭素濃度が上がり、耐久性が高まる効果があります。
また鼻呼吸は、容易に細菌や大気中の汚染物質を肺に取り込むことを防ぐため
風邪やアレルギー性の喘息を予防してくれます。

さらに夜寝るときには、唇にマウステープを貼って、就寝中でも鼻呼吸の促進を図っています。
喘息やアレルギー性の鼻炎、肥満、慢性炎症疾患は口呼吸によって併発している可能性が
高く、このような呼吸法が薬を使わずに治す最良の治療となり得るのです。


行動する人は

道を見つけ


動かない人は

言い訳を見つける


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年11月17日

クリスマスの装飾が、夜の街を彩る季節となりました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

口呼吸が習慣化している子供は、顔も正常に発達しません。
顎が細く、気道が狭くなる傾向にあります。

また、舌の位置が垂れ下がり、歯列がV字形になります。
舌の本来の位置は、上顎にくっついていて歯列もU字形となり問題ない形となります。

口呼吸が改善せず、舌の位置も低下し、良く噛まない食事を習慣化していることで、歯列不正が
助長されているといえます。

なので、ただ単に歯列矯正のみを行ったとしても、口腔や体の健康の助けとはなり得ません。
当医院の取外し式矯正プログラムには、必ず鼻呼吸の促進と舌の筋力を高めるエクササイズが
組まれています。

3710_MKJ_062911.jpg

顎顔面の正常な成長や気道、咽頭を広げるための機能矯正であり、伝統的なワイヤー矯正
とは、まったく異なるアプローチをしていくものです。

また、日常の習癖も歯並びに悪影響を与えます。
頬杖や手を枕にした寝方、舌を出す癖は、歯列や顎を捻じ曲げていきます。

矯正装置は、自動的に歯列を改善していきますが、私がアドバイスする舌の活性化や鼻呼吸
促進の訓練を実際にしていただくことが、さらに重要となっています。


自由と責任は

表裏一体


しかし

責任をとれない子供に


自由ばかり与えるから


おかしくなるのだ


坂本龍馬

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

穏やかな秋晴れが続いています。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

歯列不正や他の疾患の原因をたどると、口呼吸が関係していると考えています。
特に喘息患者は、呼吸過多となっていて一時的に薬で抑えても、原因療法とは
なりません。

ハウスダストやダニ、花粉は喘息を引き起こすきっかけに過ぎず、常に口を開けている
状態が、血中二酸化炭素濃度を上げ、口での呼吸に依存してしまう状態となります。

呼吸 003.JPG

喘息やアレルギー、肥満の問題は呼吸過多にあります。

鼻呼吸は、呼吸量を減らし、一酸化窒素量が上がります。
鼻呼吸は、肺を守る働きがあり、また容易に汚染物質、細菌、バクテリアを肺に
取り込むことを防ぎます。

また、夜寝ている時にも口を開けた状態が考えられるため、マウステープを貼ります。
取外し式の矯正は、気道や咽頭を広げる治療でもあるため、機能的な改善ができる矯正です。

私がお勧めしたいのは、疑似高地トレーニングです。
口を閉じ鼻をつまんで息をこられられる限り歩き、酸素を吸うときは必ず鼻で息を整える
これを毎日の通勤、通学中に実践することです。

この詳細は、パトリックマキューン氏の人生が変わる最高の呼吸法という書籍にありますので
ぜひご一読ください。

当たり前を


疑うことから


真理の探究は始まる


常識という


古い概念が壊れたとき


真理は初めて


その姿を見せ始める


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年11月11日

穏やかな秋晴れが続いています。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

小学生の男の子の母親から相談がありました。
息子さんは、当医院の取外し式の矯正をスタートして2年経過しています。
歯列自体はよくなっていますが、喘息が治らないということでした。

何件かの耳鼻科へ通院して、薬を処方してもらっても改善しないとのこと。
彼は、口呼吸で常にぽかんと口が閉じられない状態です。
そもそも歯列不正も口呼吸が原因であり、その改善が必要です。

改善策としては、まず口を閉じて鼻で呼吸をする意識を持つこと、寝ている時は無意識なので
口にテープを貼ること。

また口の周囲筋と舌の力を活性化するあいうべ体操を実施すること
以上のことをアドバイスしました。

フェデラー3.jpg

この方法は、薬のような対症療法ではなく、原因療法として効果を上げます。
運動時も鼻呼吸を意識することで、高地トレーニングの効果が期待できます。

現在のトップアスリートも口呼吸の場合が非常に多く、そのような選手は、けがをしやすい傾向にあります。

鼻呼吸の重要性を知っているアスリートは、耐久性がトップレベルで選手寿命も長い傾向にあります。

テニス界では、ロジャーフェデラーは口を閉じてプレーしてるため、あれだけの即効性とキャリアが長いのでしょう。


大きな問題ほど

答えはシンプルだ


しかし人は

単純なことを難しく考える

だからよけいわからなくなる


答えを出したければ

問題をシンプルに見ることだ


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年11月 7日

紅葉の季節となりました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

取外し式の矯正治療中に気を付ける項目がいくつかあります。
まず口の周囲筋や舌の力を活性化させる、あいうべ体操を継続しているかということです。

歯列不正の原因としては、歯列周囲の軟組織が発達せず、特に舌の力が低下することで
歯列に悪い影響を与えます。

口の周囲筋の力がなければ、口を開けっぱなしの状態となり、風邪やウイルスを容易に体内に
取り込むこととなるでしょう。

食事.jpg

また、頬杖や舌を出す習癖があれば、これも歯列や顎の位置異常につながります。
装置の装着時間は、夜寝ている時の8時間がベストですが、患者さんによっては頑張りすぎて
日中も装着し続け、口の中に傷を作ってしまう場合があります

がんばりすぎる方には、夜寝ている時のみの装着にしていただき、無理のない治療環境を
アドバイスしています。

また、食生活が柔らかいものや良く噛まないですぐに飲み込んでしまう状態では、咀嚼力が
低下し、正常な歯列にはなりません。

また咀嚼というリズム運動が脳を活性化しますので、記憶や集中力につながります。

このように取外し式の矯正治療は、日中に多くの注意点があり、それらを常に見ていく必要があります。

私は、歯列不正も生活習慣病の範疇と考え、生活習慣の改善のアドバイスを常に患者さんへ
継続しています。


食べるものが

体の健康を左右する


出入りする言葉が

頭の健康を左右する


そして

味わう感情が

心の健康を左右するのだ


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年11月 6日

連休中はいかがお過ごしでしたか?

幕張ドルフィン歯科の米山です。

私は、友人とミューザ川崎シンフォニーホールでボストン交響楽団の演奏を堪能しました。
日本を代表する指揮者である小澤征爾さんも在籍したことのある伝統あるオーケストラです。

最近の矯正相談では、ツイッターを見られた方の相談も多くなってきました。
また、フェイスブックやラインにも定期的な矯正の説明をアップしています。

プロモーション 003.JPG

9月には、ユーチューブにも動画を公開し、現在14000件の方に見ていただいています。
この動画は、取外し式の矯正治療中の女子学生さんが、ピアニストになる夢と
その夢のお手伝いとして私が、歯並びの改善をしていく姿を映像化しています。

ただ単に歯並びを改善したいという願望は、人生の目的ではありません。
その背景には、必ずなりたい自分の夢があります。

かみ合わせを良くすることで集中力が向上し、ピアノの技術が上がる
また、テニスでプロを目指すのであれば、一球への集中力が持てる
将来、モデルを夢見るのであれば、輝いた笑顔に自信が持てるようになる など

歯並びの改善は、なりたい自分になるための一つの手段です。
また、全身的な健康も向上させることができる矯正なので、社会に出てからも健康的な自分を
アピールすることができるでしょう。


世界が美しいから

あなたが輝くのではない


あなたが輝くときに

世界は美しくなるのだ


坂本龍馬

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2017年10月 | メイン | 2017年12月 »

Categories

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。