«  2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 歯列不正の原因 | メイン | 全身へのアプローチ »

2017年11月27日

26日、大学のテニストーナメントに参加しました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

このトーナメントは現役とOBが参加し、縦のつながりを強化する目的があります。
今回は後輩OBとの対戦しかありませんでしたが、現役の若々しい姿を見ることができて
有意義な日となりました。

大学時代は、部活に明け暮れる毎日でしたが、勉強の方もおろそかにはしていませんでした。
今現在診療の柱としている予防や矯正も教科にはありましたが、本格的な勉強は卒後の
こととなります。

鶴見大学 002.JPG

予防は、日本ヘルスケア歯科学会の入会と同時に予防歯科システムを構築していきました。
また矯正は、取外し式の矯正勉強会に所属し、毎月のように勉強のため、当時の小児矯正学教授の自宅へ通ったものです。

現在、取外し式矯正の勉強は、SH療法のフォローアップセミナーに定期的に通っています。
この会の理事の先生方ともかなり親密にさせていただき、症例検討や意見交換を交わしています。

後輩の学生にも話したことですが、卒後晴れて国家試験を通り歯科医師になってからも、自分の興味のある歯科分野でさらなる研鑽を積み上げ、それが開業時の医院理念となって生かされます。


風が


吹かなければ


自分が動く


そうすれば


風が吹く場所に行ける


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chibakyousei.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1545

Categories

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。