«  2018年4月 2日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年4月 2日

桜の木も新緑を迎えるころとなりました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

取外し式矯正治療で大切な点は、装置を毎日装着していること以外にも多岐に渡ります。

昼間の時間は装置を外しても結構なのですが、その時間にぜひ実施していただきたいことは、
朝昼夜10回ずつのあいうべ体操です。

あいうべ体操は、現在マスコミにも多く取り上げられいる舌と口の周囲筋を活性化させる体操であり、これを実施することでぽかんと開けた口が閉まり、鼻呼吸へと移行可能となります。

また、夜間には口を開けた状態で寝ていることも多く、その場合、口の乾燥から虫歯や
歯周病へかかりやすい環境となります。

桜 002.JPG

また明け方風邪を引きやすくする要因ともなります。
その対策としてマウステープを貼ることで、鼻呼吸へと移行し口腔疾患や風邪を未然に防ぐ
ことが可能となります。

さらに食事を良く噛む習慣を付けていただき、奥歯をより噛みやすい状態へと向けていきます。

最近の軟食傾向は、よく噛まない、噛めない、飲み込めないお子さんを増やし、その結果
歯列不正が蔓延化している状態にあります。

なので、歯列さえ改善できればそれでいいという訳ではなく、この矯正の最終目標は
良く噛める歯列であり、前歯の審美性以上に機能性を向上することにあるのです。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2018年3月31日 | メイン | 2018年4月 3日 »

Categories

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。