«  2018年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 心も診る矯正 | メイン | 子供から大人までの矯正 »

2018年7月11日

夏バテをしないためには、充分な栄養を取りましょう。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

充分な栄養といっても何を取ることで栄養になるかは、人それぞれです。
最近は、糖質制限がもてはやされたり、粗食の勧めによって一日2食にされている方もいるかと。

これらは、すべて食事の内容であったり、回数であったりするのですが、咀嚼という行為に
目が行っている内容は皆無です。

食事は基本朝昼夜取ることと、間食を取るのであれば、ナッツ類を推奨します。
糖質は、白いものよりは黒いもの、つまりうどんより蕎麦、白いパンよりは玄米パンを選択します。

食事.jpg

世界的に塩分過多の日本人にとって、日本食は絶対的なものではありません。
なので、味噌汁とおしんこは毎日取る必要はありません。

世界的に推奨されている料理は、地中海食です。
オリーブオイルを中心とした魚介類の料理が、健康寿命を高めることがわかっています。

一日3食を基本として、左右まんべんなくよく噛む習慣を身に着けることで、小食でも満腹感が
得られ、また噛み応えのある繊維性のものや具材の大きいものを食卓で工夫しながら
取ってください。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chibakyousei.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1635

Categories

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。