«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年1月17日

銀座でジャズを堪能しました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

世界的なジャズバイオリニストである寺井尚子さんの演奏は、多くのジャズファンをうならせる
ものがありました。

矯正プロモーションビデオの中にもジャズのBGMがありますが、お分かりでしょうか?
音楽家を目指す女子学生さんの演奏はクラシックですが、私の説明のシーンでは、ジャズを
流しています。

音楽に限らず世の中には、多くのリズムがあります。
心臓の鼓動、川のせせらぎ、星のまたたきは1/fゆらぎといい、心地よく感じる自然のリズムを
指します。

また咀嚼もリズム運動として脳を活性化させるものです。
咀嚼のリズムは、脳内のセロトニンを活性化させ、穏やかな精神を作ります。
なので、よく噛まずに簡単に飲み込んでしまいますと活性化が損なわれてしまいます。

軟食傾向の食文化は、うつ病の蔓延化にも貢献しているようです。

心を癒す音は、赤ちゃんが安らぐ母親の鼓動、空気のきれいな高原から見上げる星空の
またたき、筑紫が頭を覗かせる土手から見える、まばゆく光る川のせせらぎなどです。

このように、自然に触れることや自然の味覚を良く噛んで味わうことには、大いなる価値が
あるのです。


寺井尚子.jpg

人生はロマン。

自分は不幸だと悩むのではなく、

試練を与えられた物語の主人公だと思えば、

人生をエンジョイできる。

- 美輪明宏 -

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年1月16日

関東は穏やかな冬晴れとなっています。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

昨年の今頃から矯正プロモーションビデオの企画を立ち上げ、夏に一日かけて撮影を行い
秋から公開を開始しました。

おかげさまで現在2万件の方にご覧いただきました。
現在もHPやFB、ツイッターで配信していますので一度ご覧ください。

このような矯正もあることを皆様に知っていただきたく制作しています。
しかし、取外し式の矯正は、まだまだ認知度が低い現状があります。

私自身もこの矯正を自分の口の中で実施して、改善効果を実感しています。
狭窄した歯列を本来あるべき姿へと移行することで、噛みやすい歯列となります。

あいうべ体操や夜のマウステープによって、口呼吸から鼻呼吸へ改善していきます。
鼻呼吸は、人本来の呼吸です。

高齢者の認知症や肺炎は、口の健康を維持することで防ぐことができます。
噛みやすい歯列の獲得や鼻で呼吸することが、多くの疾患の予防となるのです。


3560_MKJ_062911.jpg

毎日を生きよ。

あなたの人生が始まった時のように。

- ゲーテ -

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

梅の花がちらほらと咲く季節です。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

当医院の実践している取外し式の矯正は、装置を夜寝ている時に装着します。
昼間学校や会社に行っている時間は、装置は家に保管していただきます。

装置を装着していない時間何もしないというわけではなく、朝昼夜に10回ずつのあいうべ体操の
実施、また食事時にはよく噛む習慣、また日常的には口を閉じる習慣を身に着けていただきます。

このように装置だけでは改善できない舌や口の周囲の活性化や咀嚼による脳の活性化、また
口呼吸を鼻呼吸に変えることも視野に入れた治療となっています。

特に口呼吸は、肺に直接菌やウイルスを取り込みやすい呼吸であり、風邪やインフルエンザを
発症しやすくします。

またよく噛まない習慣は、脳に影響があり認知症の発症にもつながっていきます。

このように取り外し式の矯正は、歯列の改善だけでなく、全身の健康を増進させる医療であり
特に柔らかい食事しか経験のないお子さんにとっては、価値のある医療といえます。


3607_MKJ_062911.jpg


人間には不幸か、貧乏か、病気が必要だ。

でないと人間はすぐに思いあがる。

- ツルゲーネフ -


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年1月13日

朝晩が、かなり冷え込む季節です。

幕張ドルフィン歯科の米山です。


最近の私は、非常に疲れにくい体質へと変化しています。
以前は、テニスをハードに練習した翌日など、朝起き上がるのにも一苦労しました。
日中も疲れが取れず、回復に丸2日かかりました。

なぜ疲れにくくなったかといえば、通勤時に疑似高地トレーニングを始めたからにほかありません。

疑似高地トレーニングとは、鼻をつまんで息をこらえながら歩き、苦しくなったら口は閉じて
再び鼻で呼吸をすることを繰り返すという単純なものです。

このトレーニングで血中の二酸化炭素濃度が上昇し、耐久性が上がります。
マラソン選手が、よく高地でトレーニングして耐久率を上げていますが、その理屈です。

プロテニス選手を見ていると、口を開けてプレーしている選手に限って、怪我が多いことに
気づきます。

口を閉じて鼻呼吸中心の選手は、怪我に強く選手生命も長い傾向にあるようです。
その代表格が、ロジャーフェデラー選手です。
彼は長年にわたってトップであり、またオールラウンドにプレーすることで有名です。

皆さんも朝の疲れが取れないようでしたら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?


フェデラー 4.jpg


死を前にしたとき、

みじめな気持ちで人生を

振り返らなくてはならないとしたら、

いやな出来事や逃したチャンス、

やり残したことばかりを思い出すとしたら、

それはとても不幸なことだと思うの。

- オードリー・ヘップバーン -


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年1月12日

寒い日が続いています。どうぞご自愛ください。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

取外し式の矯正は、狭窄した歯列を本来あるべき姿である歯列へと改善していくものです。
適応症例は、叢生、上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口)、犬歯唇転移(八重歯)ですが、
受け口は切端までの改善が限界となります。

開口(前歯が上下重なっていない)症例は不適応となります。
歯の上下への移動は、矯正専門医でさえ難症例となり、治療費も高額となります。

取外し式の矯正は、外科手術や抜歯をしない矯正であり、難症例には適応できません。
傾斜した奥歯は、垂直に起立し良く噛める歯列へと変化します。

3573_MKJ_062911.jpg

また装置装着だけではうまくいかず、舌や口の筋力トレーニングや睡眠中のマウステープの使用
良く噛むことや口を閉じる意識も重要となります。

歯列不正は生活習慣病の要素が多分にあり、その習慣の改善も視野に入れた治療を必要とします。

見た目の改善だけではなく、口腔機能の改善を重視した矯正といえます。

樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、

それは果実だと誰もが答えるだろう。

しかし実際には種なのだ。

- ニーチェ -

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年1月11日

寒中お見舞い申し上げます。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

歯列不正の原因は、よく遺伝といわれていますが、実は後天的な要因が大きくかかわっていることを知る人は少ないかと思います。

乳幼児期に吸啜という口や舌の筋力を高める行為が少なかったことが、まず上げられます。

また幼児期からの柔らかいもの中心の食生活が、大人になっても変わらず、よく噛む習慣が皆無となっっていること、また頬杖や舌を出す癖、片噛みといった習癖が、歯列や顎を捻じ曲げていきます。

自分が歯列不正と気づく時期は、小学校から高校までの思春期が多く、事実当医院の矯正
治療層は、子供や学生さんが大半となっています。

また、成人の方でも学生時代から気になっていた方が、ようやく重い腰を上げて治療に取り掛かるケースもあります。

3599_MKJ_062911.jpg

当医院の矯正は、昼間外して夜寝ている時に付ける矯正のため、学業や主婦業、仕事に負担が
かかりません。

それが、固定制の矯正とは異なる部分で選ばれている理由となっています。

矯正相談は随時無料で実施していますので、どうぞお気軽にご予約ください。

たいていの人はほんとうになにがほしいのか、

心の中でわかっています。

人生の目標を教えてくれるのは直感だけ。

ただ、それに耳を傾けない人が多すぎるのです。

- バーバラ・ブラハム -

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年1月10日

一年で一番寒い季節が近づいてきました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

寒気を直接肺に送り込む口呼吸は、風邪やインフルエンザに無防備な呼吸です。
鼻呼吸は、鼻の構造上寒気を保温し、体内に送り込むため菌やウイルスを防御してくれます。

呼吸の入り口や出口を鼻に変えるだけで、多くの利点があります。
また、耐久率を上げるために鼻をつまみ歩き、息が苦しくなったら再び鼻で呼吸する方法が
あります。

このような疑似高地トレーニングをすることで,血中の二酸化炭素濃度が上昇し、疲れない
体を獲得できます。

けっこう苦しいですが、朝起きる時、思いのほか疲れがないことに驚かれるかと思います。

ぜひお試しください。

星空.jpg

また就寝時は、口を開けっぱなしで無防備な状態が考えられます。
マウステープを口に張り付けて就寝すれば、睡眠の質も上がり、よく寝られるでしょう。

口は災いの元といいますが、おしゃべりや言いすぎるという意味だけでなく私は、健康そのものに対しての教訓ではないかと見ています。

人生という試合で最も重要なのは、


休憩時間の得点である。

- ナポレオン・ボナパルト -

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年1月 6日

今年最初の連休は、いかがお過ごしでしたか?

幕張ドルフィン歯科の米山です。

インフルエンザが今年も流行しています。
帰宅後の手洗いやうがいは当然ですが、口を閉じる習慣もぜひ身に着けていただければと
思います。

特に子供のぽかん口は、菌やウイルスが容易に体内に入りやすい状態といえます。
遊びに集中している時や授業中でさえ、ぽかんと口を開けっぱなしの状態では、
外敵に無防備と言わざるを得ません。

食事4.jpg

口を閉じる筋力が低下している原因は、柔らかいもの中心の食生活にあります。
食卓では、すぐに飲み込めない大きな具材や煮込み方の工夫など、家庭でできることを試してください。

また、お子さんがよく噛んでいるかを確認することと、テレビを見ながらスマホをいじりながらといったながら食べも控えてみましょう。

与えることは最高の喜びだ。


他人に喜びを運ぶ人は、


自分自身の喜びと満足を得る。

- ウォルト・ディズニー -


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年1月 4日

新年明けましておめでとうございます。
本年もブログを通じて、皆様に健康情報をお届けいたします。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

年末年始いかがお過ごしでしたか?
私ども家族は、感染性胃腸炎で寝正月を過ごす羽目になりましたが、2日目から回復し実家で
お節やお雑煮をいただくことができました。

美術 023.JPG

インフルエンザや胃腸炎は、秋から冬にかけて罹患しやすい病気ですので
皆さんもくれぐれご用心ください。

飛沫感染や経口感染は、口からの経路がほとんどのため口をしっかりと閉じる習慣が
大切となります。

また夜間に口を開けた状態ですと、明け方に口が乾燥して風邪を引きやすくなります。
私は常時、マウステープを貼って就寝するため、口が渇くこともなくなり快適な睡眠を
得ています。

口呼吸は多くの細菌やウイルスを取り込みやすい呼吸であり、鼻呼吸こそが人本来の
呼吸です。

このブログも、ぽかんと口を開けずに今後もご覧ください。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

自分自身を信じてみるだけでいい。


きっと、生きる道が見えてくる。

- ゲーテ -


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年12月27日

本年中は大変お世話になりました。

12月28日(木)~1月4日(木)まで休診とさせていただきます。
来年もブログで情報発信させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

歯列不正の治療の中で呼吸の重要性にも言及してきました。
口呼吸が歯列を乱す原因とも説明してきました。

また口呼吸の弊害は歯列に及ばず、生体の病気にもつながっています。
鼻呼吸を自然にできるような意識や口腔内の活性化の必要性があることと、そのプログラムを
提供しています。

病気の原因は生活習慣によるところが大きく影響します。
歯列不正や口呼吸もその範疇にあります。

鼻呼吸を詳しく説明する書籍が最近出版され、今や私のバイブルとなっています。
ご興味ある方は、一読をお勧めします。

呼吸 003.JPG

取り外し式の矯正は、本来あるべき歯列への回帰といえる治療です。
また鼻呼吸もヨガや瞑想、座禅の基本ともいえ、古から先人がその重要性に気づいていました。

つまり現代人の抱えている口を中心とした呼吸は間違いであり、鼻呼吸こそが回帰的な呼吸
といえるのです。

来年もこのことを中心としたブログとなります。
ご期待ください!


思考は


言葉で行う


ということは


言葉の限界が


思考の限界なのだ。


坂本龍馬

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

Categories

Archives

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。