«  2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年10月17日

ようやく秋の空が広がる気候となりました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

私が幼少のころ、自分の前歯の叢生が気になり、親に相談したことがありました。
母は私に(矯正はお金がかかり、針金で歯を縛られるのよ!)と脅すのです。

昭和30年.jpg

当時の私は、そのことで矯正という概念を自分から無理やり消し去ったのです。
確かに過去は、矯正といえばワイヤー矯正しかなく、高額でしかも歯の抜歯が前提の
治療でした。

歯科大学でも矯正学は、ワイヤー矯正の総論しか学んだ記憶がなく、現在私が臨床に
取り入れている取外し式の矯正は、卒後の勉強会で知ることとなるのです。

取外し式矯正は、抜歯をせずましてやワイヤーで歯を縛ることもありません。
ようやく子供のころ憧れていた整った歯列を今、自ら学んだ取外し式の矯正で実現させました。

取外し式の矯正の開始時期は、子供でも大人でも問題なくスタートできます。
あなたが自分の歯並びを気にされているのであれば、今が絶好のスタートとなるでしょう。


終わった

過去を悔やんだり


始まってもいない

未来を心配したり


そんな暇があるなら

今をもっと大事にすべし


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年10月13日

今週は、雨模様の天気が続くようです。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

取外し式の矯正治療の患者さんで、もともと歯の本数が少ない場合、治療が進むと本来あるべきスペースが空いていきます。

歯列不正の原因は、舌の低下により前歯を前へ押す悪い力や片噛み癖、頬杖、軟食傾向の
食生活など多岐にわたります。

先天的な歯の欠如の方は、このような原因によって歯の欠損部も歯列不正の状態で
収まってしまいます。

ラバイア 008.JPG

取外し式の矯正は、本来の歯のスペースを作りながら広がっていくので、最終的に
欠損部は、セラミックスで接着したり、歯と歯の間をプラステックで補う処置となります。

このことは、事前に患者さんへ説明していますので、治療中のスペースが空くことに違和感は
ありません。

本来の歯列は、奥歯が垂直に起立し、繊維性の噛み応えのある食材でもうまく咀嚼できます。

取外し式の矯正は、人本来のあるべき姿へ戻すことを目的としています。

口呼吸から鼻呼吸へ

よく飲み込むからよく噛むへ

本来のあるべき自分へ


この世界での

あなたの役割は


自分らしく生きる


本当は

ただそれだけである


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年10月12日

10月初旬の寒さから、やや暑さを感じる気候となりました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

これから風邪の季節となります。
大抵風邪を引くと日本人は,特に薬に頼りがちになります。
しかし、風邪だけであれば3日もあれば改善するものです。

よく言われることは、十分な睡眠と栄養を付けるということでしょう。
さらに私は、口を閉じるということを付け加えたいと思います。

口呼吸は容易に体内に風邪菌を取り込んでしまいます。
鼻呼吸であれば、鼻の構造がフイルター代わりとなり,容易な菌の取り込みを少なくして
くれます。

睡眠.jpg


電車内では、口を開けた状態でスマホや本に夢中になる姿が見受けられます。
このような密閉した空間で口を開けていては、まさに病気になる準備をしているようなものです。

また日中口を閉じる習慣ができていても、夜間はどうでしょうか?
無意識に口を開けた状態で寝ている場合、明け方の冷え切った部屋で風邪を引きかねません。

その場合、就寝時に口にテープを張っておくことをお勧めします。
テープは、医療用であれば何でも構いません。

もしあなたが風邪を引きやすいのであれば、免疫力を高めることと、口を閉じる習慣も
視野に入れてください。


大きな問題ほど

答えはシンプルだ


しかし人は

単純なことを難しく考える

だからよけいわからなくなる


答えを出したければ

問題をシンプルに見ることだ


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

秋晴れの日が続いています。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

前回の学会でポスター発表させていただき、おかげさまで敢闘賞をいただきました。
内容は呼吸についてのことですが、歯科で呼吸にアプローチすることは、まだ認知されていません。

学会 009.JPG

私は、ここ数年取外し式矯正が、歯並びの改善だけでなく咽頭や鼻腔の容積を増大させること、
また口の周囲筋や舌の力を高める運動により、口呼吸から鼻呼吸へ変えるためのアドバイス
をしてきました。

この治療によって、肺炎の予防や睡眠時無呼吸症の改善につながります。
また呼吸自体を意識することで、脳内のセロトニンが活性化され、うつ病や自律神経失調症が改善される可能性が高くなります。

古来からの呼吸法には、座禅、ヨガ、気功、瞑想があり、現代のトップ企業では研修として
利用されています。

現代社会では、呼吸に意識を持つこともなく、浅い呼吸になりやすい場面が多い。
スマホを見ているときも息を止めがち、あるいは口を開けた状態で、姿勢も悪く体にいいことは
ひとつもありません。

知識を増やすことは決して間違いではありませんが、より健康的になりたいのであれば
自分の呼吸に意識を持つことです。


人生の主人公は

自分しかいない


代役なんて

誰もやってくれないのだ


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年10月10日

皆さん、連休はいかがお過ごしでしたか?

幕張ドルフィン歯科の米山です。

私は両日とも日本ヘルスケア歯科学会に参加し、予防歯科の勉強をしました。
今回のテーマは、変化を診るメンテナンス。

虫歯や歯周病治療後の定期的な口腔ケアを実践するに当たり、個々の来院者の記録や継時的な生活背景の把握などを診ることで、再発を未然に防ぎます。

また再発をしても低侵襲的な治療によって、口腔内の環境をより良く維持できるような医院構築を実践していきます。

そのためにはチーム医療を充実させ、また最新の医学的な根拠を知る必要性があります。
また、乳幼児からの予防と高齢者の中で問題となる虫歯(根面カリエス)への対処を学びました。

治療技術の向上も大切ですが、それ以前の発症予防なくして地域住民の健康は、達成できません。

学会 008.JPG

今回私は、ポスターでの発表機会をいただきました。
今回のテーマは呼吸。

歯科で呼吸について言及することは、いささか飛躍すぎるかと思われるかと思います。
私は、長年臨床の柱としてきた取外し式の矯正のなかで、口呼吸から鼻呼吸へシフトする
ための医療を提供しています。

口腔の健康は、虫歯や歯周病予防に限らず、正しいかみ合わせの構築や肺炎予防に至るまで
多岐に渡ります。

おかげさまで今回、他医院の素晴らしい発表の中で敢闘賞をいただくことができました。
西洋の医療は、パーツごと細分化されていますが、東洋思想は、全体性を重んじ特に
呼吸と生体のバランスは、密接につながっています。

予防歯科学会で呼吸を発表させていただき、評価をいただけたことに大きな意義を感じています。


学ぶだけ学んで

行動に移さないのは


空気を吸うだけ吸って

吐き出さないのと同じである


坂本龍馬

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年10月 4日

今宵は中秋の名月、皆さんは何を月に祈りますか?

幕張ドルフィン歯科の米山です。

本来は、これからの豊穣や収穫を祈願するものですが、自分がいつも満ち足りた笑顔であるように、といったことでもいいのかもしれません。

名月.jpg

取外し式の矯正患者さんで、海外留学や研修旅行に行かれる方がいらっしゃいます。
日中は、装置を外した状態でいいため、日々の勉強や友人との語らいには何ら支障は
ありません。

夜の装置装着さえ忘れなければ、治療は充分に進みます。
治療期間がやや長くなる傾向にあるため、日中の生活に影響を与えず、また装置を外している時間を重要視しています。

具体的には、食事を良く噛むことで脳へのよい刺激を与えます。
咀嚼運動は、リズム運動としてセロトニンを活性化させ、認知症の予防効果が期待できます。

あいうべ体操を実施することで口や舌の筋力を促進させ、口呼吸を鼻呼吸に変えていきます。
口を閉じる習慣は、風邪菌やウイルスを容易に体内に吸収しないため、病気にならない身体に
変えてくれるでしょう。

このように歯列の改善を目的とはしていながら、自然と全身の健康も良くなる矯正として
多くの方の評価をいただいています。

月は太古から私たちを見守り続けています。
豊穣を祈るということは、人の健康を祈ることと同義ととらえたとき、私も夜空に祈らずには
いられません。


幸せを


感じ続ける


それがあなたの


ただ一つの義務である


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

夜空の月が、秋を告げているかのように涼しげな顔を覗かせています。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

私の幼少のころは、欧米でアポロ計画が立ち挙げられ、月面へ人類が初めて降り立ちました。
夕焼けに染まるサターンロケットの雄姿を、今でも鮮明に覚えています。

子供のころの夢は、男の子の場合プロ野球選手やレーサー、宇宙飛行士など、とてつもないビッグな夢を語る友人がいたものですが、取外し式の矯正を治療している学生さんに聞くと
具体的な夢を持っていないことも多いようです。

アポロ.jpg

女の子は、ピアニストや画家など明確な夢がある方もいますが、一方では
何になりたいかを思案している場合も少なくありません。

夢は一つに限ることもありませんが、子供のころから目標を持つことは、将来大きなアドバンテージとなるでしょう。

私はといえば、父が医者であったために小さいころから医者になれ!といわれ続けていました。
正直自分の夢ではなかった歯科医療の世界に入ったわけですが、今では予防と歯並びの改善が
全身の健康に大変重要なことがわかていますので、やりがいを持っています。

もともと夢ではなかったことが、途中から自分の夢へと昇華することもありかと思うのです。


たとえ

どこにいても

どんな状況でも


あなたは

宇宙の中心である


それが

分かっていれば


あなたは永遠に

ブレることはない


坂本龍馬

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年10月 3日

朝焼けに光る鱗雲が、とてもきれいに見られました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

取外し式の矯正治療中の中で、よく噛んでいる方とそうでない方に分かれる傾向があります。
食べ物を良く噛んでいる方は、奥歯もしっかりとした歯列へと変化していきますが、
あまり噛んでいない方の歯列は、やや傾斜する傾向にあります。

治療中によく噛む習慣や、あいうべ体操といった舌と口の周囲筋を活性化させる体操の実施を
アドバイスしています。

アドバイスをよく聞いてくれる方は、治療もスムーズに進みます。
反対にあまりアドバイスを聞かない方は、治療がやや進みずらくなります。

良く噛むという行為は、医学的にも脳内のセロトニンというホルモン分泌を促進させ
精神の安定を促します。

またガムを噛むことで、身体的な瞬発力が高まることが経験上認知されているため、
大リーガーなどは、打席に立つ前にガムを噛む習慣があります。

会議.jpg

会議中の眠気も防ぐことがわかっているため、欧米ではガムを噛んでのミーテイングは
容認されているようです。

日本の国会でよく見られる爆睡会議にならないためには、ガムを推進したほうが効率が上がるでしょう。

人の話を聞かないことの方が、失礼ですから。


自分がやりたいことを

やらなかったら


いったいそれは

誰の人生なのだ


世間体や

人の目を気にして生きる


そんな人生面白いか?


やりたいことをやるべし


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年10月 2日

皆さん、ご自身の宗派をご存知でしょうか?

幕張ドルフィン歯科の米山です。

私は、曹洞宗で総泉寺の施主となっています。
私の母校である鶴見大学も、曹洞宗の総本山である総持寺に位置し、入学時には一泊参禅も
経験しました。

また基礎課程では仏教学もあり、般若心教を暗記したものです。
日本は仏教と神道が混在し、神社仏閣もコンビニ以上の数あります。

先祖を供養し感謝することは、今生きている方への感謝に通じます。
家族や仕事関係、プライベート関係での人とのかかわり合いのなかで、今というかけがえのない
時間を大切にできます。

日本人は無宗教とよくいいますが、そんなことはありません。
お盆やお彼岸、正月には必ず神社仏閣、先祖のお墓にお参りに行く姿は、信仰の姿であるわけです。

座禅.jpg

曹洞宗から発達した座禅も今ここを体感し、心の安定をもたらす効果があり、医学的にもセロトニンという心を落ちつかせるホルモンを活性化することがわかっています。

咀嚼は、セロトニンを活性化するリズム運動であり、よく噛むという行為自体が心の安定を
もたらします。

食材の産地や職人の苦労を考えながら食べる行為を止観法といいます。
この行為自体が食への感謝を生みだし、あらゆるものへ感謝する心に通じます。

日本古来からある神道の八百万の神が宿るという信仰も感謝する心の表れといえます。


人は将来

幸せになりたいと願う


だから今の

幸せを感じられない


あっちに行けば

幸せになれると思う


だからここにある

幸せを感じられない


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

皆さんは今健康ですか?

幕張ドルフィン歯科の米山です。

健康観は、幸せの度合いに大きく関係しています。
毎日おいしく食事がとれて、睡眠も十分に取れている。

また、機能的な問題もなく、仕事や家事を精力的にこなしている。
もちろん人生の浮き沈みはあっても、常に前向きな心を持ち続けていける。

私の健康観は、このようなものですがいかがでしょうか?

私ごとですが、今年に入って身内や後輩の不幸が3件もありました。

毎回辛くやるせない気持ちになるのですが、一方では人は必ず死ぬといったごく当たり前の
ことが、心底腑に落ちる思いです。

3694_MKJ_062911.jpg

だからこそ今の仕事や家族、プライベートを思い切り楽しみたい!と思えるのです。
仕事でいえば、取外し式の矯正を通じて、歯並びに悩む方を一人でも多く治すお手伝いを
していきたいですし、家族も自分が死ぬまで愛し支え続けていきたい。

そのためには、自分が不幸せな顔をしていることのないようにしたい。
決して作り笑いではなく、心からの笑顔でいたいと思うのです。

坂本龍馬の言葉の意味を、より深く感じられる自分でありたいと
そうも思うのです。


苦しんだから

幸せになれるのではない


たくさん泣いたから

幸せになれるのではない


しかし

物の見方が変わったら


一瞬で

幸せになれるのだ


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

Categories

Archives

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。