«  2011年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2011年10月31日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

食物は、まず口から食道へ、咽頭を経て消化器官へと運ばれます。

老人となって飲み込むことの機能が低下すると、誤嚥性肺炎の可能性も高くなってきます。

健康であるうちの対処としては、まずよく噛む習慣を身に着けることです。

それは、幼少のころからの咀嚼トレーニングも必要でしょう。

よく噛むことは、脳を活性化し、認知症の防止にもつながります。

歯列が狭窄したままですと、睡眠時無呼吸症候群を引き起こす原因ともなります。

咀嚼力を高めれば、歯並びが悪くなることもなくなるでしょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月29日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

当医院では、2つの矯正装置をそれぞれの年代に応じて提供させていただいています。

小児期から学童期までは、歯の土台を広げていく取り外し式の装置です。

抜歯をせずに、歯の土台を広げることで永久歯のスペースを作り上げていきます。

永久歯列になった中学生以上の方からは、大人用のSlideXというオートマチック装置と

なります。

永久歯を抜くことなく、歯の土台を広げていき、前歯の修正も同時に行う最新式の装置です。

それぞれの時期にあった装置を提供させていただきます。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月28日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

味覚の秋ですね

おいしいものが出回る季節

放射線のことも気になりますが、食は人が、生きていくうえで最も大切な行為です

特に咀嚼は、胃腸にも影響を及ぼしますのでよく噛む習慣が大切です

よく噛めることは、人生の質を高めていきます

よく噛むことは脳科学的にいっても脳を活性化させ、認知症の防止にもなります。

歯並びの改善が、人生の質を変えていく要素であることは、疑いありません。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月26日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

咀嚼は、食事を取るという生活習慣のもっとも大切な行為です。

朝、昼、晩と生きていくために命をいただく行為です。

健康に密接につながっているこの咀嚼をバランスよくするためには、

歯並びの改善も必要でしょう。

さらに、咀嚼回数も胃腸を整えるためには、見逃してはならない部分です。

一口30噛みといいますが、30噛みとは言わないまでも意識する必要はあるでしょう。

人生の質は、咀嚼、かみ合わせ、命をいただく精神にかかっています。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月25日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

あなたは、口元を気にせず笑えますか?

無意識のうちに口をふさいでいませんか?

歯並びのことを気にしながら本当の笑顔は、むずかしいのでは。

きれいな歯並びを得られれば、心の底から笑顔で笑えるはずです。

今日から取り外し式の矯正を始めれば、数年後心の底から笑顔で笑える

自分と出会えるはずです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月24日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

歯並びを気にされる時期は、まちまちです。

小学生のころは、まずお子さん自身ではなく母親が気にされるようです。

現代のお子さんは、顎の発達が未熟で前歯が並びきらない状態です。

奥歯も狭窄し、鼻づまりの原因にもなります。

始める時期は、気になった時が一番いいでしょう。

永久歯が生えそろう頃まで待つ必要はありません。

予防的に歯の土台を拡大し、永久歯の生えるスペースを作っていきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月22日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

歯並びを改善するとどのようなメリットがあるでしょうか?

歯を気にせずに話ができる

ブラッシングがよくなって虫歯や歯周病になりにくくなる

昔からのコンプレックスが消えて、気持ちが楽になる

営業成績が伸びる

頭痛、肩こりが改善する

咽頭が広がり、鼻づまりが治る

よく噛めるようになる

その結果、健康になる

多くの要素がありますが、なにもしなければ結果は得られません



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月21日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

咀嚼は、人生の中で最も大切なリズム運動です。

咀嚼によって脳内神経伝達物質のセロトニンが活性化され、副交感神経が優位となり

心の安定を促進させます。

122歳まで生きたカルマンさんも咀嚼力がとてもよかったそうです。

つまり咀嚼は、エイジング対策の大きなポイントとなるのです。

歯列が、悪く狭窄するのは、後天的に咀嚼力に問題があると思われます。

つまり、柔らかいものを好んで食べる習慣が、そのような脆弱な咀嚼力を作り上げてしまう。

よく噛む習慣と狭窄歯列を改善することが、よりよい人生を全うすることになるのでしょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月20日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

歯並びで奥歯を気にする方は、ほどんどいません。

たいていは、前歯の歯並びを気にされます。

確かに、見えるところが気になるのは、あたりまえでしょう。

しかし、見えないところが、とても大事なことに気付かされることは、人生の中でも

よくあることです。

前歯が、叢生であるのは、奥歯が狭窄している結果といえます。

顎の劣成長によって、奥歯が窮屈な状態になります。

その結果、咽頭も狭くなり、全身的な症状として現れることもあります。

狭窄歯列を解除し、その結果前歯の修正を行うことを目的とした矯正が

取り外し式の矯正なのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月19日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

歯並びの悪さをあきらめていませんか?


自分は、もう歳だから、

高額費用は払えない、

抜歯はしたくない、

ワイヤーで固定されたくない、

あきらめることはありません。

上記のようなハードルを限りなくなくした矯正が夜寝ている時だけの

取り外し式の床矯正です。

夢はあきらめるためにあるのではなく

叶えるためにあるのです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月18日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

矯正患者さんの装置装着時間は、まちまちです。

お子さんは、夜寝ている時だけでも早く歯の土台が広がり、治療期間も比較的

短くなりますが、成人の方はすでに骨の成長が止まっていますので動きずらい。

さらに、睡眠時間も短いとなると、どうしても昼間、家にいる時の装着も必要と

なります。

理想的には、睡眠時間も含めて8時間以上の装着が必要です。

8時間以下ですと、平均3~4年の治療期間が、5年~6年と長期になります。

ただ、学校や職場にもっていく必要はありませんので、のんびりと矯正治療を楽しんで

ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月17日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

16日、SH療法のセミナーに参加してきました。

今回の講演は、ダイナミックポジショナーについて

ダイナミックポジショナーとは、聞きなれない言葉と思います。

矯正治療の最終段階での、かみ合わせを修正する装置といっていいでしょう。

取り外し式の矯正は、咀嚼という基本的な運動を促進させることも目的としています。

昼間は、食事時によく噛んでいただくことも大切なこととして、指導させていただいています。

見た目の改善だけでなく、咀嚼機能を促進させるための矯正という要素を大切にしています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月15日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

122歳まで生きたジャンヌ カルマンさんは、脳や内臓や咀嚼筋が最後まで衰えなかったそうです。

老化は、人によって各器官によっても速度が異なるようです。

推測ですが、内臓がしっかりとしていたということは、歯でしっかりとよく噛んでいたのでしょう。

咀嚼力もあったということですので、122歳にしては、顎も発達していて歯の数も多かったのではと

思います。

日本の研究でも、歯の数が多い人ほど認知症に罹患しないという報告があります。

ある市の老人の統計をとってみても外出することが多い人、腰の曲がり具合の少ない人が、歯の

所有率が高かったそうです。

歯は命といいます。

健康寿命を延ばすためには、自分の歯でよく噛むことが重要という根拠です。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月14日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

矯正に躊躇されている方の悩みは、どんなものがあるのでしょうか?

高額医療なので払えるか不安

何でもない歯を抜歯されるのではないか?

ワイヤーで固定されるので、見た目を気にする

長期間の治療についていけるのか

取り外し式の床矯正は、これらの不安をすべてなくしたものです。

治療期間は、ワイヤー矯正に比べて長くなりますが、夜寝ている時だけの矯正

ですので、楽にできます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月13日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

矯正後の問題に後戻りがあります。

後戻りは、どんな矯正の名医であっても起きうることです。

人間には、老化現象がありますので、後戻りも生体の自然な現象といえます。

ワイヤーテクニックは、歯そのものを動かすため後戻りは、必ず起こります。

取り外し式の矯正も、後戻りを起こしますが見た目には、わかりません。

歯の土台をゆっくりと広げていくため、後戻りも少なくなります。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月12日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

皆さんは、食事をするときどのようなことを考えながらしますか?

僕は、早食いの傾向があるため、これからすることや今日あったできごとなどを

思い浮かべながら昼食や夕食を取っています。

以前は、テレビを見ながらといった習慣がありましたが、現在はしていません。

止観法というものがあります。

食事をとるときに食材に思いをはせながらゆっくりと箸をすすめる。

この大根は、どんな人が育ててくれたのかな

このコメは、どこで栽培されどのような人がかかわってここまで運ばれてきたのかな

このようなイメージをしながら食べる意義とは、この世界には単独で存在しえるものはなく、

すべての存在はほかのものと因果関係(縁起)のなかに存在しています。

目の前のひとつの存在は、宇宙のすべてと何らかの関係性を持っていること

自分が今ここに存在しているのも、決して偶然ではなく、宇宙のすべての事象との

因果関係の結果であることが見えてきます。

咀嚼とは、意識を食材に集中していただく行為なのです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月11日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

食生活は、人が生きていくうえでの原点です

食事をおいしくいただくことこそ人生の基盤ともいえます

料理研究家である辰巳芳子さんの言葉をご紹介します


人間は心も体も食べ物に呼応していくもの、

心の琴線に響く食事によって、いのちに花を咲かせ、実を結ばせようとする日々の

営みーそれを生活というのです。


食の真意は、いのちに欠かせないものというだけでなく、生物としてのヒトが、人に

なること、なろうとすることにあると思う



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月 8日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

毎日、気功を実践しています。

気は、元気、勇気、根気、やる気など免疫力を高める要素です。

健康と病気の定義は、あいまいでその間を揺れ動いているといったほうが

いいのかもしれません。

気が乱れれば、病気となり、気を高めていけば健康を取りもどします。

歯列の乱れは、器質的なものですが、やる気さえもてば、矯正によって

歯並びも改善していきます。

すべては、やる気、勇気、元気にかかっています。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月 7日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

現代は、さまざまなストレスがあり、体調を維持していくのも大変なことです。

ストレスは、夜間の歯ぎしりやくいしばりを引き起こし、歯をすり減らしたり、時には

歯の破折や顎関節症の要因ともなります。

かみ合わせの問題もそれらの要因となります。

狭窄歯列の改善を行えば、かみ合わせの問題は、解消されていきます。

ストレスに対処するためには、毎回お伝えしているようにセロトニン神経を活性化させることです。

呼吸を意識し、規則正しい生活や噛むことを意識した食生活、適度な運動をしてください。

情報に流されずに落ち着いた生活を心がけるだけで、ストレス耐性な自分へと変化していくでしょう


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月 6日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

健康で大切なことは、免疫力です。

免疫力は、副交感神経が優位の場合に向上するものです。

副交感神経を優位にするためには、心を落ち着かせること

脳内物質のセロトニンを活性化させることです。

心を落ち着かせるためには、呼吸を意識することです。

ゆっくりと食事を取ることも免疫力を高めます。

食物では、繊維物、きのこ類、魚介類、豆類、玄米などが、副交感神経を高めます。

それらを良く噛んで、心で感じて食べてみてください。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月 5日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

当医院の矯正を選ばれる理由をお伺いしました。

1.抜歯をしないで済む

2.取り外し式なので目立たない(夜寝ている時だけの装着)

3.成人でも可能(子供より治療期間が長くかかりますが)

4.虫歯にならない(固定式でないためブラッシングは、いつも通り)

5.途中で中断されても、再スタートが可能

6.後戻りがない(固定式ですと後戻りする場合があります。)

詳しくは



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月 4日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

矯正の抜歯についての議論があります

まず、矯正専門医は、抜歯をしません。

一般の歯科医院へ抜歯を依頼し、矯正を進めていきます。

勤務医時代に、矯正専門医から矯正のための抜歯を依頼された経験があります。

なんでもない歯を抜歯することは、とても抵抗があった記憶があります。

一方、取り外し式の矯正は、抜歯をしません。

歯の土台を広げていくことで歯並びを改善していきます。

なんでもない歯を抜歯することは、矯正専門医であれ、一般の歯科医師であれ

罪悪感があるものです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月 3日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

取り外し式の矯正は、術者中心の矯正ではなく、患者中心の矯正です

つまり、自分が進んで装置を装着し、歯並びを改善していくという要素が多く、

本人のやる気にかかっているのです。

装着時間は、夜寝ている時+自宅にいる時です。

時間にして8~10時間は、装着していただきたい。

僕でいえば睡眠時間は7時間ですので、最近は通勤時間も含めた装着をしています。

大人の方は、仕事があったりしますので大変でしょうが、8時間以下ですとあまり動きません。

そうなると治療期間が、大幅に延びる傾向となります。

改善の鍵は、患者さん本人のやる気にかかっています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年10月 1日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

矯正を考える理由として、見た目を気にされる場合が圧倒的と思われます。

歯並びを気にせず話したい、笑いたい

あの芸能人のようにきれいな口元になりたい。

しかし、奥歯の歯並びを気にされる方は、いらっしゃるのでしょうか?

医食同源という言葉があります。

咀嚼の中心は、奥歯です。

奥歯が狭窄した状態ですと、よく噛まずに飲み込んでしまうこともあるのかと思います。

狭窄した歯列は、胃腸だけでなく全身の健康にも影響を与えます。

頭痛、肩こり、鼻つまり、顎関節症、睡眠時無呼吸症候群など。

見た目の改善とともに奥歯の改善もおこなっていく矯正がこちらです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2011年9月 | メイン | 2011年11月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。