«  2013年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2013年6月27日

千葉市 幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

今まで他医院で矯正をしてきたが、そろそろ抜歯をしてワイヤー矯正に

切り替えましょうと言われ、抜歯をすることに躊躇されている相談がありました。

相談者のお子さんは、小児期から予防的な取り外し式の矯正をしてきたようですが、高学年とな

った今、抜歯をしなければ歯並びが改善しないということなのでしょう。

ワイヤー矯正を行う矯正専門医では、完璧な歯並びを目指すために、何でもない歯を

抜歯をすることがあります。

小児期の時点では、顎の発達も予想がつかないために、後々になって抜歯の必要性を

説明することがあります。

その時点で抜歯に抵抗のある方とのギャップが埋まらずに、他の矯正を探すようになります。

今回のケースもそのような理由で当医院に相談に来られました。

当医院の取外し式の床矯正は、抜歯をすることなく最後まで治療していきます。

抜歯をしない理由は、歯を動かすのではなく、主に歯の土台となる部分を広げていくために

スペースがおのずと確保できるのです。

歯の土台を側方に広げていき、それと同時に前歯をワイヤーでサンドイッチ的な負荷をかけ

歯並びを改善していくものです。

抜歯をしないという前提条件の上、狭窄した奥歯を広げることで、従来人間が持っていた

硬いものでも噛める歯列へと変化させる矯正なのです。

毎月の講演会では、この矯正システムのお話と現代の食生活の問題点を

浮き彫りにしていきます。

ご興味のある方は、当医院までご予約ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年6月24日

千葉市 幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

当医院の矯正を半年前に始めた中学生の女の子が、そろそろフイニッシュへと入りました。

通常はこんなに早い期間で終了することはありません。

取外し式の床矯正は、歯の土台を3年から4年かけて、ゆっくりと広げていき、歯並びを

改善していきます。

一日8時間の装着で十分な効果が出る矯正です。

7時間以内である場合は、効果が出にくいようです。

実際私も取り外し式の矯正を始めて3年経過しました。

妻はだいぶ変わったといっていますが、まだゴールには至っていません。


私の場合は、7時間の睡眠時間を利用しているのみなので、本当にゆっくりとしたペースで

行っています。

やる気のある方は、子供であれ大人であれ改善のスピードが、全く違います。

それこそ10時間の装着を実践している主婦の方は、目覚ましい変化があります。

要はやる気があればあるほど、効果が表れる矯正といえます。

逆に最初はある気があったのに、現在リタイアしてしまった方も少数派ですが、

実際にいました。

とても残念なことではありますが、この矯正の最大のメリットは再スタートが可能という

ところにあります。

その再スタートの時点で料金が発生することはありません。

調整料のみの費用で再スタートが可能というメリットを最大限に生かしていただければと

思います。

矯正専門医の行う抜歯を前提としたワイヤー矯正は、後には引くことができません。

何でもない歯を抜歯するという犠牲があるために、治療期間中はなにがなんでも

継続しなければなりません。

その点、取り外し式の床矯正は、抜歯をせずに歯の土台を広げていくことで

歯並びを改善していくので、とても安心できます。

27日(木)には、矯正全般の講演会を開催いたしますので、歯並びにお悩みのある方は

ぜひご参加ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年6月21日

千葉市 幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

毎月恒例の歯並び講演会を今月は、27日(木)午前11時より開催いたします。

歯並びが気になるところといえば、大抵前歯ですが、前歯の歯並びが悪ければ

多くの場合、奥歯にもその原因があります。

縄文時代には、奥歯は垂直に立っていたことが発掘された頭蓋骨からわかります。

弥生時代に入って、農耕技術の発達とともに顎にも変化が起こっています。

さらに戦後、欧米の食文化が流入されてから、顎の狭小化が加速されてきたようです。

食生活が軟食化されて、良く噛む習慣がなくなり、生活習慣病の蔓延化が起こりました。

顎の発達とそれに伴った奥歯の狭窄、さらに前歯への影響は、食生活に大きく影響を

受けているのです。

今考えていただきたいことは、歯並びの改善もさることながら、良く噛む習慣を子供のころより

身に着けていくことです。

子供は、親の影響を受けますので、親も子供の前で良く噛むところを見せてください。

虫歯の洪水と言われた時代は、過去のものとなりましたが、うまく噛めない、飲み込めない

お子さんが大変多くなっています。

栄養さえ取ればいいということではなく、良く噛むことの意味を伝えていただきたいのです。

良く噛むことは、脳を活性化し集中力や学習能力を向上させます。

消化吸収も良くなり、免疫力も向上します。

良く噛むことで唾液量も多くなり、発がんのリスクも減ります。

詳しいお話は、来週の講演会でもお話しさせていただきますので奮ってご参加ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年6月17日

千葉市 幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

縄文時代の頭蓋骨を観察すると、歯列が垂直に立っている状態がわかります。

農耕が発達した弥生時代の頭蓋骨では、やや歯列が狭窄してきて舌を圧迫する形と

なりました。

これらの顎の変化は、食の変化に関係していることがわかっています。

肉食から穀物中心の食生活に変化していく歴史の中で、硬いものを噛まなくなった結果、

顎も細くなり歯列も狭窄していくようになったのです。

舌の容積は、太古からそれほど変化していないこともわかっています。

つまり舌が非常に窮屈な歯列に押し込まれ、歯列不正や睡眠時無呼吸症の原因となって

いるのです。

さらに現代の軟食化した食生活が、拍車をかけ味覚中心主義の弊害が起こっています。

顎の狭窄化と生活習慣病の蔓延化が起こっている原因は、食事事情にあることは、

疑う余地はありません。

狭窄してしまった歯列の改善は、取り外し式の床矯正で十分な効果が期待できます。

しかし、良く噛む習慣は日ごろから意識しない限りは不可能です。

私が矯正治療で指導していることは、夜寝ている時に装置を装着し、昼間、装置を外している時

は、良く噛むことを意識していただいています。

良く噛むことは、狭窄した歯列を解除するとともに、脳を活性化させ消化吸収を良くし

全身の健康にもよい影響を与えてくれます。

ただ単に歯並びを改善するだけではない矯正を実践させていただいていると自負するものです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年6月14日

幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

昨年の8月より定期的に講演会を開催させていただいています。

去年までは、乳幼児をお持ちのお母さんを対象とさせていただき、口呼吸についての

お話をさせていただきました。

乳幼児期に気を付けなくてはならないことのなかで、口呼吸の問題は健康に大きく

関係します。

特にアレルギーや風邪を引きやすくなってしまう傾向は、口呼吸に問題があるのです。

おかげさまで去年の年末まで、講演会は乳幼児をお連れのお母様方で大盛況でした。

2013年からは、5歳以上のお子様をお持ちのお母さんを対象とさせていただき、

歯並びと健康との関係をお話しさせていただいています。

歯並びが悪くなる要因の一つにも、実は口呼吸も関係してきます。

さらに習癖や遺伝も関係してきますが、その予防策やすでに歯並びが悪くなってしまった

お子様への対策もお話しさせていただいています。

5月にはNHKの病の起源という番組で当医院の矯正が紹介されました。

当医院の取外し式の矯正が、睡眠時無呼吸症の治療にも応用されていることが紹介されました。

番組では、人類が進化の過程で、さまざまな病気をみずから獲得していく原因を解説しています。

特に食生活の変化が顎を小さくし狭窄した歯列を作り、睡眠時無呼吸症を引き起こしていると

指摘しています。

さきほどの口呼吸も離乳食が早すぎたり、母乳の期間が短すぎることが要因となることからも

現代の食生活が乳幼児期から、いかに影響を与えているかがうかがい知れます。

次回の講演会は、6月27日(木)午前11時となっています。

また、7月からは大人を含めた歯並びと健康のお話をさせていただく予定です。

ご予約は当医院までお願いいたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年6月11日

千葉市 幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

6月27日(木)午前11時より、毎月恒例の歯並び健康講演会を開催いたします。

先月講演会に参加していただきましたお母さんが、お子さんの歯並び改善のための

治療申し込みされました。

講演会では、矯正の種類や利点欠点、歯並びを改善した場合、どのようないいことがあるかなど

お話しさせていただきます。

さらに現代の食生活の問題点を浮き彫りにし、皆さんで考えていきたいと思います。

どうぞご予約ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年6月 8日

千葉市 幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

人類の歴史を見てもわかるように、肉食から農耕へと変遷していくうちに

顎の骨も細くなってきました。

特に現代の軟食中心の食事は、顎の骨を弱くし、口の周囲の筋肉や舌の力を

弱めるようになりました。

その結果、アレルギーや生活習慣病が蔓延化し、腸内細菌叢にも影響を及ぼすように

なってきました。

子供のころから良く噛まない習慣やスナック菓子を日常的に摂取していけば、がんを中心とした

病気になってもおかしくないでしょう。

狭窄した歯列を本来の姿に戻し、良く噛む習慣を身に着けていくことは、一生涯の財産となります


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年6月 7日

千葉市 幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

当医院の矯正は、取り外し式の床矯正です。

夜間装着することで、歯の土台を広げて舌の位置を前へ持っていきます。

本来舌の位置は、上顎にべったりとついていなくてはなりません。

口の周囲の筋肉や舌そのものの力が落ちている場合、沈下した形となります。

夜寝ている時に舌が沈下していれば、気道をふさぎ、睡眠時無呼吸を引き起こします。

床矯正は、歯並びを改善するだけでなく、狭窄した歯列を解除し、舌を本来の位置に戻す

役割をしています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年6月 5日

千葉市 幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

歯並びほど全身の健康に関係している部分はありません。

歯を一本でも失うと全身のバランスも崩れます。

かみ合わせが悪くても、頭痛や肩こり、腰痛の原因となる可能性があります。

取外し式の床矯正は、単に見た目の回復だけでなく、狭窄した歯列を改善し

睡眠時無呼吸症候群やアレルギー、口呼吸の改善の可能性を広げます。

ワイヤー矯正では不可能な治療を可能にするのが取外し式の床矯正です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年6月 4日

千葉市 幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

6月27日(木)午前11時より恒例の歯並び講演会を開催いたします。

すでにご予約が入っていますが、まだお席に余裕があります。

お子様の歯並びが気になる、また自分の歯並びも治したいお母さんも歓迎いたします。

矯正の種類や利点欠点など多くの疑問にお答えいたします。

どうぞご予約ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年6月 3日

千葉市 幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

最近の矯正は、多くの種類があり、迷われることもあるかと思います。

従来型のワイヤー矯正を始め、当医院の取外し式の床矯正

さらにはマウスピース矯正などがあります。

どの矯正にもメリット、デメリットがあり、また実際自分が治療をするとなるとその矯正が

適応可能かどうかという問題もあります。

なので、矯正を始められるためには、多くの医院でのご相談をお勧めいたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年6月 1日

千葉市 幕張本郷の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

NHKでも紹介された当医院の取外し式床矯正は、子供から大人まで幅広い層で

利用可能です。

特に小中学生からスタートすれば、良く噛める歯並びとなり、一生涯の健康に大きな影響を

与えるでしょう。

現代の食生活は軟食傾向にあり、柔らかいものしか噛めない子供たちが多いようです。

選択的に硬いものを排除し続ければ、舌や口の周りの筋肉の力も弱まり、口呼吸の傾向が

強くなります。

口での呼吸はダイレクトに細菌やアレルギーの元を肺に取り込むために、病気への抵抗力も

なくなってきます。

良く噛める歯並びは、全身の健康に直結しているのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2013年5月 | メイン | 2013年7月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。