«  2015年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年1月30日

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科の米山です。

当医院は、抜歯をしない取外し式の床矯正を患者さんへご提供しています。


全豪オープンも佳境を迎えてきました。

錦織選手は、バックハンドの名手ワウリンカ選手に完敗し、ベスト8となりました。

次回に期待しましょう。


29日の午前中は、コンサルタントの高野さんと経営相談。

毎日の累計の算出、矯正サイトの一部リニューアルなど話し合いました。


午後は、テニスのプライベートレッスンを酒田コーチから受けました。

今日は、どういうわけかストロークに安定感がなくなり、泥沼に。

私の場合、迷路にはまり込むと抜け出すのに、時間がかかってしまいます。

酒田コーチは、常に修正をしながら調子を上げろ!といいます。

修正能力にいまいち欠ける私は、弱音を吐きます。

そんな時は、サービスから とのことで最近、酒田コーチのおかげでサービス力がぐんと

上がった私は、サービス後の打ち込みを試みてから、いい感触をつかみました。

何かをきっかけとして、どん底から這い上がることは、人生の中でもあること。

そのきっかけ作りが、いわゆる修正能力といっていいのでしょう。

今回は、一進一退を繰り返しながらレッスンが終了。

今は、なんで悪かったのかが自分の中で把握していますので、次回リベンジです。


夕方から高校時代の友人と新年会を、上野のワインバーで

今回は、集まりが少なかったのですが、お互いに深い話ができました。

去年、大病を患って、長期入院していた友人の快気祝いも兼ねました。

話は、いまだに高校卒業以来、会えていない友人のことに及びました。

彼は、何でも上司と喧嘩して現在無職とのこと。

なので、私たちに顔向けができないようです。

私は、過去、前妻の死や自分の医院の被災など、大きな困難を乗り越えてきました。

その無職の友人に言いたいことは、人間だれしもどん底がある

そのどん底から、這い上がっていくことに人生の生きる意味がある ということ。

調子が悪くて、弱音を吐いてもいい。

一人泣きたい夜もあるでしょう。


だけど


だけど、へこたれないという気概さえあれば、必ず光明が見えてきます。

まず、自分の可能性を信じること。

そんなへこたれない弱虫こそ、人は見ていてくれるもの。

そこに感謝が生まれてくる。

ぜひ、そんなへこたれない自分にこそ いいね! を付けてあげましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年1月23日

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科の米山です。

昼間外して、夜付けるだけの取り外し式の矯正を行っています。


22日は、朝から雨模様

私は、日課のジョギング後、東銀座へ

昨年に続き、歌舞伎観劇をご意見番の齋藤先生とご一緒させていただきました。

実は、昨年末に齋藤先生の連絡メールを確認できず、

今年に入ってからメッセンジャーで22日のご用意があることを知り、慌てふためく始末。

当日、お会いしてからそのことを謝罪し、まずは、お決まりの幕の内弁当を購入。

今回は、3階席でしたが、そこから見る舞台も一興の価値がありました。

初春大歌舞伎 昼の部の演目は

一幕目 金閣寺

二幕目 蜘蛛の拍子舞

三幕目 一本刀土俵入り

今回は、高麗屋 滝野屋 明石屋 澤潟屋 紀伊国屋 加賀屋 播麿屋 萬屋 大和屋

といった混成メンバーの出演でした。

金閣寺では、七之助の雪姫の舞に昨年同様、魅了されました。

竹本の語りと三味線の音色が、春の舞台の色鮮やかさに見事にはまっています。

歌舞伎では、悪役も最後には、大見得を切ります。

これは、ハリウッド映画では見られないこと。

まさに歌舞伎ならではといえます。

蜘蛛の拍子舞は、昭和39年以降、つい最近まで公演されていなかった演目です。

人気のある演目とそうでない演目があるとのこと。

しかしながら、玉三郎の舞は、見るものをくぎ付けにします。

幸四郎の一本刀土俵入りは、ご意見番曰く、はまり役とのこと。

実直な男を演じられるのは、幸四郎ということに私も納得しました。

歌舞伎座は、観劇する席によって見方も変わります。

前回は1階で観ましたが、今回の3階席でも舞台の袖から袖まで一望でき、細かな

ところまで観ることができました。

お開きの後、齋藤先生と丸ビルで一献。

歌舞伎や仕事の話でひと時を過ごしました。

齋藤先生は、幼少のころから歌舞伎に親しみ、先代からの役者を観てきた方です。

なので、歌舞伎に対する評価も、新参者の私とは比べ物にならないくらいの深さがあります。

私は、最近の身長の高い女形しか知りませんが、そこに魅力を感じます。

今回の客層も圧倒的に女性が多いのですが、年齢層は幅広いようです。

齋藤先生に聞くと、たとえば、中村屋しか見ないという人もいれば、スーパー歌舞伎だけ

という人もいるそうです。


私は、古典芸能を教養の一環として触れてみたいという気持ちがあるので、いずれは

歌舞伎だけでなく文楽、落語などにも触れてみたい。

そんな思いを抱いています。

日本人として仏教やそのような古典芸能を学び、今一度日本の良さを

味わってみたいのです。

世界情勢が揺れ動く昨今、日本の源流を再確認し、日本人として正しい姿勢を保つこと。

そして、今自分ができることにベストを尽くす。

さらには、日本人が持つ情念を再燃させること。

そのように感じた次第です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年1月19日

18日は、穏やかな青空が広がる一日でした。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科の米山です。

昼間外して、夜寝ている時だけの取外し式の矯正を行っています。


さて、

私は、4時に起床し、品川へ

まだ星空が広がるころ、高輪テニスセンターでは、すでにボールを打つ音がします。

ここでは、週末ではオールナイトでコートの貸し出しをしています。

かれこれ、3年になります。

学会のお仲間である鈴木先生と、7時から1時間早朝テニスを月一ペースで練習しているのは。

鈴木先生は、百戦錬磨の方で30分の試合の中で私は、まだ完全に勝ったことがありません。

そのことが悔しくて、鈴木先生と練習を開始した時期から、酒田コーチのプライベートレッスンを

続けています。

酒田コーチは、錦織選手と同じテニスアカデミーに在籍していた経験のある方です。

当時は、トミーハース選手と一緒に練習していたそうです。

結局、鈴木先生との試合は、2ゲーム先取から、逆転されてしまいました。


30代のころは私も、毎月のようにトーナメントに参加していました。

2回ほど優勝も経験しましたが、40代になって開業後、仕事が忙しくなり試合も

遠のいてしまいました。

鈴木先生との練習を開始したおかげで、またテニス熱が復活し、そのことが仕事や家庭に

おいても妥協のない自分に磨きがかかっているようです。

テニスは、メンタルスポーツといわれています。

ボールを打つ瞬間やゲームの流れの中で、心の動きがダイレクトに影響を与えます。

トッププロの錦織選手もマイケルチャンをコーチに向かえ入れてから、

飛躍的な進歩を遂げました。

過去の負けた経験も成長の礎となり、結果よりもプロセスを重視することは

トップアスリートの条件といえます。

同じ相手に勝つこともあれば負けることもある。

お互いに切磋琢磨することで、成長し合える。

私は鈴木先生や酒田コーチにとても感謝しています。

今の自分の成長の土台を築いてくれている2人だからです。

なによりも、その縁を作ってくれた日本ヘルスケア歯科学会と鶴見大学硬式庭球部に

感謝しつくしきれないのです。

そんなことを考えると、この世に生まれてきたことそのものにも、大いなる喜びを感じます。

奇しくも今日から全豪オープンが始まります。

日本人なら誰もが応援するであろう錦織選手に、期待しないわけにはいきません。

チャンコーチもコーチ席で自分が戦っているがごとく、情熱的な応援をしていることでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年1月13日

11日12日の連休は、いかがお過ごしだったでしょうか?

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科の米山です。

当医院の取外し式の矯正は、100%抜歯のない矯正です。


11日は、午前中からテニスサークル、スクールとテニスを楽しみました。

プライベートレッスンのおかげで、サービス力も向上し、徐々に自信がついてきたようです。

午後からは、家族と船橋まで買い物へ

デパートのラン展を見学しましたが、多くの種類のランにとても感動しました。

どんなものでもそうですが、ランの奥の深さを垣間見たひと時でした。


12日は、やや風の強い一日でした。

午前中から、皇居東御苑へ

私自身、皇居の中に入るのは、初めてのことでした。

巨大な石垣に圧倒されながらまわる苑内は、多くの草木が整備されていて、まさに日本の

象徴を感じさせるものでした。

日本は、戦後高度経済成長ができたのも、天皇の資産があったからこそという事実を

受け止めなければなりません。

皇居から見渡す高層ビル群に、そのような思いをはせていました。

春には、ここも色鮮やかな梅や桜が咲き誇ることでしょう。

春にもう一度、ここに訪れることを妻と話しました。


日本は、四季折々の色彩がある国です。

四季の移ろいを感じながら、年齢を重ねていく

私も50回目の冬を迎え、感じることがあります。

今日という日は、残りの人生の中で一番若い

そのような視点を持つと、春の訪れも3歳のケイトのように

今この瞬間を、わくわく生きることができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年1月 9日

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科の米山です

当医院は、昼間外して夜装着する取外し式の矯正を行っています。


5日より診療を開始し、8日、今年初めての休日を迎えました。

午前中は、久しぶりの筋トレに江戸川総合体育館に。

道すがら新中川の辰巳新橋を渡るのですが、ここは私の原風景ともいえるところです。

子供のころは、この河川敷でよく遊びました。

今は、舗装されている土手ですが、昔は土の土手でした。

草が生い茂り、春には筑紫が顔をだし、秋には虫の鳴き声があたりに響き渡っていました。

友達の飼い犬とかけっこをしたり、駄菓子屋で買ったプロペラ飛行機を飛ばしたりと

思い出につきない場所です。


筋トレは、大学卒業後、しばらくはスポーツクラブに入会し、毎週のように通っていましたが、

今では、クラブも退会し、一回200円で済む、区営の施設で体を鍛えています。

体を鍛える分には、同じですからね。


午後は、今年初のテニスのプライベートレッスン。

まだ、ボールとの距離感が取れず、近すぎる傾向にあります。

どんなものでもそうですが、今までの悪い癖を治すためには、相当の覚悟が必要です。

反復練習と意識づけを継続していくことが、とても大切。

すべては、基本に帰ること。

それは、仕事にせよスポーツにせよ一緒です。


さて、皆さんにとっての原風景は何でしょうか?

私にとっては、ご紹介した新中川の土手です。

今でも早朝ジョギングの折り返し地点は、ここの土手です。

そこから見えるスカイツリーや四季折々の空

1月の早朝はまだ星空ですが、春には太陽も早く昇って、少ない土の上にも筑紫が、

顔を覗かせることでしょう。

原風景は、人生の基本ともいえる場所

大切にしたい場所です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年1月 3日

皆様、新年あけましておめでとうございます。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科の米山です。

今年も、ブログの中で日常の気づきを中心としたお話をしていきます。


3日も早朝のジョギングから一日をスタートしました。

年末は、浅草から水上バスでお台場までのクルーズを楽しみました。

お台場では、観覧車に乗り込み、東京の夜景に感動。

東京は世界でもトップクラスの夜景と聞きます。

こんな夜景が、いつまでも続くことを願ってやみません。

上野公園では、ケイトと同い年が楽しめる滑り台などで遊びました。

上野という地域がら、白人やインド人、中国人などの家族も多く、その子供たちの遊ぶ姿は

みんなかわいく、肌の色などまったく関係ないことに、改めて気づかされます。


2日は、毎年恒例の柴又帝釈天への初詣。

お賽銭を投げいれて、家内安全と世界平和を祈願。

帰りには、定番のダルマと高木屋の草餅を購入。

実家で母と妹、ゆうたろうでお節とお雑煮を食べながら、よいお正月を迎えました。

実家では決まってトランプをするのですが、ここで年代の落差を感じます。

私は、中学校時代から大貧民を好んでしていました。

ゆうたろうに聞くと今では、大富豪といい、数多くのルールがあるようです。

私は、そこらへんは無視して、オールドルールで統一させています。

しかし今回は、理数系頭のゆうたろうが、トップをキープして終了。

3歳のケイトは、ママのカードを出す役割。

85才の母の実家で過ごすお正月は、とても幸せを感じさせてくれるものです。

皆さんも、実家でのお正月を満喫していることと思います。


今年、ゆうたろうは大学進学、ケイトは幼稚園入園

2人の息子が、社会にはばたくためのスタートを切りました。

ケイトは、まだまだ社会性には程遠いのですが、友達との遊びのなかで多くの経験を

してほしい。

ゆうたろうは、教養課程から専門課程へ進級する中で、自分が将来どのような社会貢献を

していくのかを内省してもらいたい。

私自身も いまここ を常に感じ取れる自分でありたい。

そんなことを想うお正月でした。

皆様

今年もどうぞよろしくお願いいたします!


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2014年12月 | メイン | 2015年2月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。