«  2015年4月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年4月30日

幕張ドルフィン歯科の米山です。

私は、矯正相談の中で、お子様が治療の対象であれば、
必ず本人のやる気を確認させていただいています。

大抵のお子様は、歯並びを治してみたい?と聞くと大きくうなずいてくれます。
ただ、まれにやる気がなさそうで、お母さんだけがお子さんの歯並びを気になさっている
ケースがあります。

そのような場合、たとえ治療の契約が完了し、治療開始となっても
途中でドロップアウトされてしまいます。
当医院の場合、残念ながら1割の方がドロップアウトされます。

その理由として、固定製でない取外し式の矯正であることがあげられます。
自分が装置を装着しない限り、治療は前へは進みません。
そのことを十分理解していただき、やる気を持って治療をしていくことが、とても大切。

ただ、たとえドロップアウトされても抜歯をしていないため、再スタートがいつでも切れます。
つまりデメリットがメリットになる場合もあるということです。
実際、いったん中止された方が、また治療を再開するケースがあります。

3733_MKJ_062911.jpg

どんなことにもいえることですが、勉強であれスポーツであれ、やるきさえあれば、
継続できるものです。
いったん治療を開始されたお子様のバックアップは、私とご両親の役割となります。
矯正治療は、虫歯治療とは違い治療期間がとても長くかかります。

治療中、お子様の情動も揺れ動くものです。
そこに対して、治療経過の報告や毎月の調整に来ていただけるための
モチベーションアップが、治療終了への大きなカギとなります。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年4月27日

幕張ドルフィン歯科の米山です。

当医院では、毎回の矯正相談で様々な方が、来られます。
そのなかで、前回40歳代の女性のご相談をお受けしました。

彼女は、とても若く見えて美しい方でした。
そんな彼女の悩みは、前歯が曲がっていることと、やや受け口なこと。
小学生のころ、一度矯正相談の経験がありました。

その当時の相談の中で、抜歯と外科の必要性があるとのことでした。
外科とは、つまり顎を切るということです。
彼女はそこまでして、歯並びを良くしたいとは、思わなかったそうです。
それでも歯並びをきれいにしたい!という希望を持ち続け、
今回当医院の矯正相談に来られました。

3592_MKJ_062911.jpg

私は、当医院で実践している矯正は、抜歯や外科の必要性のない事をお伝えしました。
当医院の矯正は、取外し式の装置を用いるため、歯の土台そのものを広げていきます。
受け口の改善は、さすがに理想的にはなりませんが、切端までの改善を目標とします。
彼女はそれでもやってみたいという意思が強く、今回契約の運びとなっています。

当然、抜歯をせず外科もしない矯正は、完璧とは言えないかもしれません。
しかしながら、多くの侵襲を生体に加えることなく、患者さんの満足度をかなり上げられる
矯正と考えています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年4月24日

幕張ドルフィン歯科の米山です。

皆さんは、矯正のイメージをどのようにお持ちでしょうか?
ワイヤーで固定される、抜歯をされるなど様々なイメージをお持ちでしょう。
特に矯正といえば、子供がやるものだというイメージが強いものでしょう。

当院の患者さんは、もちろん子供も多いのですが、大人の方でも治療してる方が
けっこういらっしゃいます。

患者さんの中に、中年の男性の方で、子供時代から歯並びが気になっていたものの、
今まで諦めていたという方がいらっしゃいます。

治療開始から、2年経過しようとしていますが、かなりがんばっていらっしゃって
術前写真と比較すると、大きな変化が見られます。
その方は、写真と自分の歯を鏡で見比べて、うーんと感嘆の声を上げていました。

3704_MKJ_062911.jpg

実は、当医院の矯正は、固定式ではなく取外し式の装置を、夜寝ている時を中心として
装着する方式です。
なので会社に持っていく必要もありません。

正直治療が早く進むのは断然子供ですが、このように大人の方でも
がんばって付けていれば必ず結果が出ます。

私は無理ということで夢をあきらめていた方にとって、取り外し式の矯正は
夢のお手伝いを可能にするものと考えています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年4月20日

幕張ドルフィン歯科の米山です。

2001年の開業以来、私は取外し式の矯正勉強会で研鑽を積んできました。
2006年ごろからSH療法の勉強会にも参加し、現在ではSH療法のみで臨床を
実践しています。

19日には、SH療法のフォローアップセミナーに参加し、症例検討をしました。
星岡代表の基調講演があり、SH療法で使用しているスライデックスという
取外し式の矯正装置の効果を、改めて再認識いたしました。

会員の症例発表に中にも、多くの学びがあり、また、自分の症例へのアドバイスを
していただけたことは、患者利益につながるものと確信しました。

小澤先生退職パーテイ 017.JPG

懇親会では、役員と会員との交流の場としても有意義な時間となります。
SH療法の会員も全国に広がりを見せ、支部も各地に立ち上がっています。
今後の会の発展とSH療法の認知度の向上が、歯並びでお困りの国民への大きな
利益となってくることは、間違いありません。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年4月13日

幕張ドルフィン歯科の米山です。

当医院の行っている矯正の患者層は、女子中高生が多いのですが、
小学生や大人の方もいらっしゃいます。

取外し式の矯正なので、気になった時が治療開始の良いタイミングとなります。
なので、年齢に関係なく可能な矯正といえます。

3606_MKJ_062911.jpg

最近では、男の子でも歯並びを治したいという要求が増えています。
あるいは、子供のころから気になっていたものの、大人になってから決心されて
現在治療中の方もいらっしゃいます。

取外し式なので、昼間学校や会社で付けなくていいので、その利便性に魅力を
感じていられるようです。

さらに抜歯をしないということと、人から矯正をしてることがわからないということも
多くの方に支持されている要因です。

おかげさまで矯正相談件数も増加傾向にあります。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年4月10日

幕張ドルフィン歯科の米山です。

かれこれ4年になります。
患者さんに実践している矯正を、自らやってみようと思い立った時から今日まで。

4年というと皆さんは、期間がかかりすぎではないかと思うでしょう。
実は、私の実践している矯正は、固定式のワイヤー矯正ではありません。
夜寝ている時に装着する、取外し式の矯正です。

ワイヤー矯正は、抜歯したスペースで、短期間で歯並びを改善するメソッドですが、
取外し式の矯正は、歯の土台を広げていくことで歯並びを改善していきます。
なので治療期間も、ゆっくりとしたペースとなります。

ただし、ワイヤーのように四六時中口の中にあるわけではないため、
人から矯正をしていることも知られずに、また、昼間は外した状態でも構いません。

矯正という意味合いよりも、顎拡大療法といったところが強いのです。
ただし、顔貌はよりきれいになっていきます。

私自身、何の苦も無く4年が経過しています。
最初の2年間は、私自身で矯正装置の調整をしていましたが、今では同じ取外し式矯正
勉強会の会員である藪下先生に治療していただいています。

まさき歯科 010.JPG

おかげさまで、今では下顎の叢生も改善され、奥歯も噛みやすい状態まで来ています。
たぶん、ワイヤー矯正をされている方は、すぐにでもワイヤーを外したい状態かと
想像しますが、私はこの矯正が日常化しているため、まだ改善の余地があることに
期待を膨らませています。

私の医院では、女子中高生の患者さんが圧倒的に多いのですが、
その理由も、矯正を人に見られたくないという意識が強いからかもしれません。

さらにいつでも、取外しができるので学校での生活にも支障がないところが、
支持されている理由ともいえるでしょう。

やりやすく、しかも完成度が高い矯正は、歯並びでお困りの方にとって
導入しやすい治療法です。
術者である私も体験実践し、効果を実感しています。
矯正相談をされる患者さんも毎月10名を超えており、認知度も上がってきていると
実感しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年4月 2日

幕張ドルフィン歯科は、2001年に開業しました。
その翌年から私は、取り外し式の矯正勉強会に参加し、研鑽を積んでまいりました。

皆さんがよく知っているワイヤー矯正は、矯正専門医が行うものです。
取り外し式の矯正は、一般歯科医師が、私のように勉強会に入会しながら患者さんへ
提供していくものです。

そのなかで、私は自分自身もこの取り外し式の矯正を行うことで、
自分なりの根拠をもとうと想いたち、4年前より自分の矯正治療をスタートさせました。

最初は、実感が持てなかったものが、今では歯並びがかなり改善しています。
特に下顎の叢生がよくなっていることに、やってよかったと素直に喜べます。

3703_MKJ_062911.jpg

実際に、終了された患者さんからも、高い評価をいただいています。

このように、私は自分自身の治療の中での根拠と、勉強会で他の先生方の症例を学び
患者さんへ取外し式の矯正の良さを知っていただき、歯並び改善のお手伝いを
させていただいています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2015年3月 | メイン | 2015年5月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。