«  2016年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
2016年2月29日

28日私は、秋葉原に向かいました。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

あいうべ体操を世に広めた今井一彰先生をはじめとした3名の先生の講演会に参加しました。
歯並びが悪くなる原因の一つとして、口や舌の力が落ちることがあげられます。
本来人間は、鼻呼吸ですが乳幼児期に口でも呼吸できることを覚えてしまい、それ以来
ぽかん口つまり口呼吸となっていきます。

他の動物は、鼻呼吸ですが人間だけが口でも呼吸してしまうことで上咽頭由来の疾患である
関節リウマチ、アトピーなどを発症させます。
あいうべ体操は、舌を本来の位置である上顎に着くところまで正していくものです。

秋葉原 004.JPG

また、口の周囲筋を活性化し、しわを作らない美顔となります。
口呼吸を鼻呼吸に変えていくだけで、口腔の乾燥が防止され、虫歯や風邪、インフルエンザを防ぎます。
また、舌が沈下しなくなり睡眠時無呼吸症の改善も見られます。

このように多くの利点を合わせ持つあいうべ体操は、マスコミでも注目されているものです。
また、就寝中に貼るマウステープをすることでさらに鼻呼吸が促進されます。
私は、現在取外し式の矯正とあいうべ体操、マウステープを患者さんへ勧めています。

これからの歯科は、虫歯や歯周病治療だけでなく、呼吸の指導をすることで全身の健康に
寄与できる機関となるべきでしょう。

幕張ドルフィン矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年2月26日

25日は、明朝に雪が降ったようです。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

昨日の矯正相談は、以前私が院内で講演会を月一で開催していたときに、参加された方でした。
講演会の内容は、口呼吸を中心としたものでした。
特に対象を乳幼児をお持ちのお母さんにし、毎月4~5名参加されていました。

今回の相談は、小学生の娘さんの歯並びについてのことでした。
他院のワイヤー矯正の相談もされていたそうですが、固定式に抵抗があるとのことです。
当医院の矯正は、取外し式のため学校へ持っていく必要がありません。

なので、矯正をしているということを,お友達に知られずにできるということになります。
また、抜歯をしない矯正として支持されてもいます。
矯正の症例は、本サイトからご覧いただけます。

ピラテイス 003.JPG

25日午後から、久しぶりにピラテイスのマンツーマンレッスンを受けました。
ピラテイスは、体幹を鍛えるエクササイズとして特に女性に人気があります。
そもそものきっかけは、昨年の夏、腰痛を起こしたことでした。

神楽坂ホリステイッククーラは、カイロプラクテイックとヨガ、ピラテイス教室が併殺され
腰痛治療後のフォローアップもできる総合施設です。
おかげさまで、今では腰痛も完治し、ヨガやピラテイスにどっぷりとはまってしまいました。

歯並びも実は口呼吸と関係しています。
また、ヨガやピラテイスも呼吸を意識するものです。
こうしてみると呼吸は、人の根源的な支えになっていることがよくわかります。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年2月22日

21日は、明朝の雨が止み、青空が見られました。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

梅から桜へと装いを新たにさせる季節となってきました。

先日の矯正相談は、子供のころから歯並びを気にされている主婦からのものでした。
お友達の経験したワイヤー矯正はとても痛いということを聞いていて、ほか方法はないかと
探していたそうです。

ネット検索したところ、床矯正の情報を見つけ、当医院へご相談に来られました。
床矯正と取外し式の矯正は、同義です。
また、マウスピース矯正と同じと認識されてもけっこうです。

それに反しての言葉は、ワイヤー矯正や抜歯矯正です。
固定式矯正も、同義です。
矯正治療を選ばれる場合、それぞれの違いや特徴を、比較検討していただきたいと思います。

このように矯正といっても多くの種類があり、その違いもあるため比較がとても重要となります。
とても悩むと思いますが、一生のことですので十分にお考えいただければと思います。

ラバイア 002.JPG

20日は、医局の食事会でした。
スタッフの誕生日や忘年会などで利用しているイタリア料理店ラバイアさんは、とても
おいしく地域評判のお店です。

前菜やスープ、メインデイッシュの肉料理は、ボーノ!
毎回、素材が違うため何度行っても楽しめます。
当医院お勧めのお店です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年2月19日

18日、春の息吹を感じさせる天気となりました。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

以前私は、1年間ほど医院内で口呼吸についての講演会を毎月、開催していました。
対象は、乳幼児をお持ちのお母さんです。
口呼吸は、乳幼児期から始まり、アレルギーや風邪を引きやすい原因を作ります。

なので、乳幼児をお持ちのお母さんにぜひ、そのことを知っていただきたいという思いが
ありました。
虫歯予防に関心のあるお母さんは、大変多いのですが、口呼吸ともなると初めて聞かれる
方の方が、圧倒的に多いようです。

口呼吸というよりぽかん口といったほうがわかりやすいでしょう。
本来人間は、鼻呼吸ですが口でも呼吸することを乳幼児期に覚え、それ以来ぽかん口と
なってしまうお子さんが、圧倒的に多いのです。

ウメ」 004.JPG

現在は、講演はしていませんが,矯正治療中の患者さんを中心に口の周囲筋や舌を活性化させる
あいうべ体操や,夜寝る時に着けてもらうマウステープを勧めています。
歯科は、ただ単に虫歯や歯周病を治す機関ではなく、正しい呼吸に改善する場所との認識も
あっていいのではと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年2月15日

14日バレンタインデーは、春一番が春の到来を知らせるように暖かく私を迎えてくれました。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

今年初めてとなるSH療法セミナーに参加しました。
SH療法は、取外し式の矯正を実践することで、全身の健康の維持増進を目的としています。
特に今年からは、装置を入れていない16時間の大切さをテーマとしています。

特に食べ物を良く噛むという習慣は、顎の発達や脳の活性化に欠かすことのできない部分です。
食材を大きい状態で煮込む中華料理は、噛み応えのある食文化です。
なので中国人には、虫歯が少ないという傾向があるようです。

SHセミナー 002.JPG

しかし、日本は食の欧米化に伴い、より小さくより柔らかく料理するものへと変遷し、顎の発達に
悪い影響を与えるようになりました。
認知症の増加もこのことに起因すると考えています。

また、頬杖などの態癖が、顎をゆがませる要因となるため、その認識を持ってもらうための指導も
欠かすことができません。
さらに呼吸をどこでしているか、口から鼻への呼吸の意識づけはとても重要で、夜寝る時に着ける
マウステープを勧めていきます。

夜寝ている時に口で呼吸をすると口腔内の乾燥から細菌が繁殖し、虫歯や歯周病を発症させます
このように矯正装置を装着していない時間の指導は、取外し式の矯正ならではのことです。
私たちスタデイグループは、毎月繰り返しこのような症例検討やグループワークによって
現代病ともいえる狭窄歯列や口呼吸の改善に向けての勉強をしています。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年2月12日

11日は、早春の穏やかな一日となりました。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

歯並びを改善するために、何でもない歯を抜歯する必要はありません。
ワイヤー矯正では、抜歯したスペースで歯並びを改善することがあります。
しかし、取外し式の矯正であれば抜歯の必要性はなく、歯の土台を広げていくことで
歯並びを本来の位置へ戻していけます。

現代人は狭窄した歯列であり、口輪筋や舌の筋力も低下している傾向にあります。
その結果、口で呼吸をすることでアレルギーやアトピーに罹患する状況を自ら作り上げてしまいます
人間は本来、鼻で呼吸をするようにできているのですが、幼児期に口でも呼吸できることを
覚えてしまうと、そのままの状態を不自然に思わなくなります。

人本来の口腔状況に戻すことで呼吸や歯列、口輪筋や舌の筋力を活性化させ、将来罹患するであろう病気を防ぐ可能性を高められます。
そのようなことを可能にする矯正が、取外し式の矯正(SH療法)なのです。

桂離宮 006.JPG

建国記念の日に浜離宮に行ってきました。
穏やかな風が吹くこの地で、梅はまだ2分咲きでしたが、お茶屋で飲む抹茶は格別です。
また、風情のある庭の情景は、とても鮮やか。

4歳の息子のケイトは、まだ古風な風情を感じられませんが、いずれは感じられる大人になってほしいと願います。
早春の風は、私たち家族の絆をより強いものにしてくれているようです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年2月 8日

7日、私は4時起きして品川の高輪テニスセンターでテニスの練習をしました。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

そこでは、オールナイトでテニスを楽しまれる方も多く、私が着いた頃には、多くのテニスフリークが試合を楽しんでいました。

皆さんは、朝起きたとき口の中が乾燥していませんか?
特に冬は、暖房で口の中も乾燥気味になります。
口が乾燥すると唾液量も減少し、細菌も繁殖し、虫歯や歯周病、風邪を引きやすくなります。

そんなときは、取外し式の矯正患者さんにも勧めているマウステープを口に貼るといいでしょう。
マウステープを貼って寝ると、口の乾燥を防ぎ、虫歯や歯周病の予防につながります。
また、口呼吸から鼻呼吸になるため風邪を引きにくくします。

睡眠を促すアロマチップも付いているため、質の良い眠りとなるでしょう。

ウメ」 004.JPG

早朝のテニスでは、いつも同業のテニスの達人とシングルスの練習をするのですが、試合では
全くいいところがなく落ち込みました。
帰宅後、4歳の息子がピアノの練習を音楽に合わせながら、やってくれました。

最初は、とても上手にできてママにも褒められるのですが、とても簡単な曲ができず、だんだん
落ち込んで、ママに叱られるのですね。
するとますます空回り。

ああ、私と一緒だな。

どんなに簡単なことでも、気持ち次第でパフォーマンに影響するのは、どんなことでも
そうでしょう。
そんな時は、マウステープを張って寝るに限りますね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年2月 5日

4日、穏やかな青空の広がる一日でした。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

当医院の取外し式の矯正治療には、口呼吸を鼻呼吸に変えるための体操やマウステープも
推奨しています。
特に口呼吸は、全身の健康にも悪影響を与えるものです。

人間は本来、鼻呼吸をすることで外界の細菌やウイルス、アレルギーの元をシャットアウト
してくれます。
テニスで大活躍の錦織選手は、完全な口呼吸のため引退後の健康が心配されます。

ヨガ 006.JPG

私は、人生初のヨガを神楽坂のスタジオで経験しました。
ヨガも様々な流派があり、私が経験したヨガは、ヨガの源流とも呼べるハタヨガです。
最近話題のホットヨガは、インストラクターによれば、邪道だそうです。

ヨガも呼吸、特に鼻呼吸を意識するものでした。
呼吸とともに様々なポーズをするのですが、内面を見ていくことで精神世界が研ぎ澄まされていく
ようでした。

そもそも去年の腰痛から神楽坂ホリステイッククーラにお世話になって、ピラテイスや今回の
ヨガと出会うことができました。
まさにマイナスからプラスに転じた経験を私自身の人生では、大きなうねりのように体験して
きています。

これからの人生は、より一層呼吸を意識することで、矯正治療中の患者さんや己自身の精神的な
健康を享受できればと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年2月 1日

31日は、小春日和の天気となりました。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

取外し式の矯正を提供させていただいてから、14年以上の歳月がたちました。
当初は、ただ単に矯正のみの治療でしたが、現在では全身の健康を考えながら
患者さんと向き合っています。

特に口呼吸は、さまざまな疾患の始まりといえるものです。
本来人間は鼻呼吸なのですが、口でも呼吸できることを覚えたときから、アレルギーなどが
発症するようです。

もちろんさまざまな要因はあるでしょうが、口呼吸も大きな要因の一つと考えています。
口呼吸の改善には、口輪筋や舌の力を活性化させるトレーニングが必要です。
また、口を閉じる意識と、夜寝る時に着けるマウステープがいいでしょう。

そのようなことを視野に入れながら矯正治療も進めていくことで、総合的な改善につながっていくのです。

ちゃんこ 002.JPG

最近、5年ぐらい使用していたアイフォン4が故障し、ようやく6に変えました。
ただ、バックアップしたものを入力する術を知らなかったため、昨日テニスサークル仲間の方に
医院に来ていただき、やっていただきました。

彼はIT企業の次長なので、その辺はお手の物。
彼も実は、歯並びが悪く、口呼吸。
それと関連性は低いのですが、50肩を患っています。

私も去年、腰痛を起こしていたため神楽坂ホリステイッッククーラに通って改善しています。
そのなかで学んだことは、日ごろからストレッチをして体を柔軟にしておくことでした。
またピラテイスを始め、呼吸と背骨を意識するトレーニングを継続しています。

今週には、ヨガもスタートさせる予定でいます。
50代ともなると,いついかなる体の不調が来てもおかしくありません。
歯並びの改善もそうですが、総合的に体の健康を維持する習慣がかかせません。

彼には、私のできなかったことをやっていただきましたので、小岩のちゃんこをごちそうしました。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2016年1月 | メイン | 2016年3月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。