«  2016年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年7月29日

28日、ついに梅雨明けとなり、強い日差しがまぶしくなる季節となりました。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

皆さんは、自分が病気になるとつい薬に頼りませんか?
私は、アレルギー体質なために、風邪を引くと咳が長引くことがあります。
そのようなときには、呼吸器内科で処方されるアレルギー薬で、咳を止めることをします。

薬を服用することはそれぐらいなのですが、そういえばサプリメントも薬という定義であれば
毎日飲むものがあります。
薬は現代人にとって大きな恩恵を与えるものですが、その反面強烈な副作用を持っているものでもあります。

3600_MKJ_062911.jpg

矯正患者さんへは、口の周囲筋や舌の力を促進させるために実践してもらうあいうべ体操を
勧めています。
あいうべ体操は、そもそも内科医である今井先生が関節リウマチやアトピー患者へ薬を使わない
治療の一環として勧めているものです。

実際に難治性の疾患を改善する割合は、60%以上にも上るということです。
薬を使わないでここまで改善するものを、私はほかに知りません。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年7月25日

24日、私は東京タワー近くのデンツプライ本社で開催される、メデイカルダイアローグセミナーに
参加しました。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

人の悩みの多くは、人間関係に集約されるといっても過言ではありません。
そのなかで、人を動かすためには、まず自分自身を動かす必要があります。
そのためには、他者を理解しようとする自分であることと、その人のデータを収集すること

さらには、その人が何を望んでいるのかを聴く姿勢が必要となります。
当医院に来院される矯正相談者は、当たり前ですが自分の歯並びに関心があります。
ただこれはとても重要なことで、その人の望みを知っていることは、話が今後円滑になり、関係性が良好になるということでもあります。

ラバイア 013.JPG

しかし、反対に相談者の中には歯並びはどうでもいいという方もいらっしゃいます。
特に小さなお子さんは、訳も分からず親と一緒についてきただけという状況があります。
そのようなときには、私は本人のやる気がなければ、矯正治療を円滑に進めることは難しいと
親御さんにお伝えしています。

望みとはつまりその人のゴールになるわけですので、ゴールを設定することで長い治療であっても大きなモチベーションとなるわけです。
ここはとても重要で、やり方以上に相談の中で強調させていただいているのです。

まず、その人の抱えている望みを聴くことは、人間関係を円滑にする魔法の質問といえます。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年7月19日

皆さんは、連休をいかがお過ごしだったでしょうか?
私は、OB会参加のため家族と軽井沢へ行ってまいりました。
テニスや家族と別荘地をサイクリングしたり、とても満喫することができました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

軽井沢 026.JPG

矯正治療中の患者さんの中には、治療途中で事情により転居される方も少なくありません。
そのようなときには、同じ矯正勉強会の先生に依頼するシステムがあるので、ご安心して
いただいています。

転移先で再び高額な費用を負担することがないような、バックアップシステムがあるので
矯正治療を開始するときの不安もないようにしています。
このようにSH療法勉強会は、全国に会員数が増加しているので、患者さんの受け皿が
整っています。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年7月15日

14日、夕方の集中豪雨は、道行く人々を足止めさせるほどのものでした。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

当医院の取外し式の矯正は、顎拡大療法ともいい、歯の土台を広げていくものです。
それによって鼻腔壁も広がり、鼻呼吸を促進させます。
また、狭窄した歯列が広がっていくために、舌の位置が前方へ向かいます。

矯正治療中には、あいうべ体操によって口の周囲筋と舌の力を活性化させます。
ただ単に歯並びを改善することを目的とせず、口呼吸を鼻呼吸へ変えるための矯正治療
なのです。

3706_MKJ_062911.jpg


夜寝る時に装置を装着することと、口に貼るマウステープによって、口の乾燥を防ぎ
鼻呼吸を寝ている時にも促進させます。
昼間は装置を付けないのですが、朝昼夜に10回ずつのあいうべ体操をすることで
多くの効果を上げながら、治療を進めていく矯正なのです。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年7月11日

10日、朝から気温もぐんぐん上がって初夏の薫る季節となりました。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

9日は、鶴見大学歯学部の同窓会に参加し、花田先生の講演を拝聴しました。
虫歯や歯周病の菌が、血中に入ることで菌血症を起こし、脳こうそくや心筋梗塞などを
引き起こすことは、医学的に実証されていることです。

初夏 008.JPG

歯磨きを入念にし、口腔内を清潔に保ち、治療後の定期的なメンテナンスを
習慣化することで、多くの疾患を防ぐこともわかっています。

つまり歯科の役割は、未病から健康へと改善していくために、とても重要なところとなっています。
予防医療は、歯科しかできません。
口腔を健康に保つことが、全身の健康を一生涯維持するために大きなポイントとなっています。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年7月 8日

7日の七夕は、梅雨が明けたかのような猛暑でした。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

私は、こともあろうに午後1時という最高気温の時間に、テニスのレッスンを行いました。
案の定、息が上がってしまう始末。

矯正治療の患者さんとは、けっこう日常の会話も交わすようにしています。
女子高生であれば、部活のことやどこに進学希望かなどです。

よく聞くと、とても豊かにおしゃべりしてくれます。
藝大や理工系、生命科学系志望など多岐にわたり、それぞれの興味があるところが
露見され、とても素晴らしく思います。

テニス 003.JPG

夕方には、テニス仲間のお店で、同業の方と暑気払いをしました。
ここでは、仕事の話題に限らず、政治、経済、趣味や生い立ちなどより深い話ができました。
ここの御主人は、料亭で修行された方なので、料理も一級品でした。

治療や仕事を通じて、その人の人隣を覗くことは、人生にとってお互いを豊かにしてくれますね。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年7月 4日

3日、気温がぐんぐん上がり、真夏のような一日となりました。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

あいうべ体操の認知度を上げた今井先生を、ご存知な方も多いかと思います。
あいうべ体操は、口の周囲筋と舌を正常な位置に戻すために大切なものです。
歯並びが悪くなる原因の一つに口呼吸があげられます。

なので、私は取外し式の矯正治療の一環として、あいうべ体操の指導も実践しています。
あいうべ体操の利点は、なんといっても簡単なので継続しやすいところにあります。
朝昼夜各10回行うだけなので、毎日継続することに無理がありません。

3603_MKJ_062911.jpg

さらに、夜寝ている時に使用するマウステープもお勧めしています。
マウステープをすることで、口呼吸から鼻呼吸へ改善できます。
口を閉じた状態なので、口腔内の乾燥も防止でき、菌の繁殖も減らすことができます。

このように、取外し式の矯正治療とともに実践する鼻呼吸促進のための体操やテープは、
歯並び改善だけではない部分も視野に入れているので、全身の健康にも寄与できるものと
なっています。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年7月 1日

30日は、梅雨空から時折見せる太陽が、夏の到来を感じさせる一日でした。
幕張ドルフィン歯科の米山です。

当医院の矯正治療の患者さんは、圧倒的に女子中高生が多いのですが、
治療中私は、彼女たちに部活動の話をするようにしています。

最初無口かなと思った女の子が、話を振った途端、しゃべりだすと止まらないということもあれば
やっぱり、話がつながらない女の子もいます。

しかし、話が途切れてしまう女の子も治療後は、私に満面の笑顔をくれたりしています。
私も話題作りに今の女の子のブームを探ってみたりするのですが、やはり部活動のことが
中心となってしまいます。

花 001.JPG

私には大学2年と幼稚園年中の息子がいますが、男ですので女の子のブームなど知る由も
ありません。
なので、想像しながら話題作りをしていくほかに術を知らないというのが現状。

矯正治療は、長期に渡るために、このようなこともとても大切なモチベーションとなるのです。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2016年6月 | メイン | 2016年8月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。