«  2017年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 取外し式矯正の秘密 | メイン | 感性を高める »

2017年9月27日

予防歯科を構築して12年の歳月が流れました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

2001年の開業から日本最大の予防歯科研究会である日本ヘルスケア歯科研究会の
講演会に足を運び、ようやく2005年に研究会の関東グループである東京ヘルスケアグループ
に入会しました。

その頃より,口腔内カメラや予防管理ソフトを導入し、カリエスリスク検査、歯周病検査を
ルーチンとしながら、患者さんが治療後予防にシフトできるシステムを作ってきました。

その流れとして抜歯をしない取外し式の矯正勉強会にも入会し、毎月のように勉強会に
足を運び、患者さんの歯並び改善に取り組んできました。

3634_MKJ_062911.jpg

いくら治療技術を向上しても、当の患者さんが予防の意識が低ければ,再び虫歯や歯周病に
罹患するでしょう。

また、歯列不正を放置しておけば、咀嚼機能の低下による認知症の発症、口呼吸による
肺炎の発症を引き起こしかねません。

口ほどにものを言うといいますが、口は健康の入り口であり、口腔の健康を無視すると
災いの元となるでしょう。


たとえこの世の

全てを手に入れても


幸せの感性が乏しければ


幸せにはなれない


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chibakyousei.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1514

Categories

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。