«  2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 鼻呼吸の絶大な効果 | メイン | 研鑽を積む »

2017年11月25日

穏やかな秋空の広がりが、心も穏やかにしてくれています。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

取外し式矯正治療の中で、特によくアドバイスすることといえば、鼻で呼吸をしましょう
ということです。

歯列不正の最大の原因は、口で呼吸する習慣にあります。
口を閉じる習慣が失われる背景として、乳幼児期の吸啜という行為が少ないことがあげられます。

吸啜が口や舌の発達にかかわり、またその後の離乳食も早い時期から自分でスプーンを
使って捕食する動作を身に着けさせることが大切です。

呼吸 001.JPG

もちろん歯列矯正治療中からでも鼻呼吸の意識を付けていけば、治療効果が格段に
上がってきます。

矯正装置と一緒に夜間のマウステープを貼ることで、歯列の改善とともに鼻呼吸が
促進されます。

口を閉じて鼻呼吸で運動をすることで、耐久力が付き怪我もしにくい状態になります。
血中の二酸化炭素濃度が上がり、活性酸素の過剰な発生も防ぐことがわかっています。

口呼吸と歯列不正の因果関係を十分理解することで、体全体の健康が増進することは
間違いありません。


過去の出来事が


人生を決めるのではない


今これからの行動が


人生を決めるのだ


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chibakyousei.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1544

Categories

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。