«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 歯列不正の原因 | メイン | 疲れない体作り »

2018年1月12日

寒い日が続いています。どうぞご自愛ください。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

取外し式の矯正は、狭窄した歯列を本来あるべき姿である歯列へと改善していくものです。
適応症例は、叢生、上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口)、犬歯唇転移(八重歯)ですが、
受け口は切端までの改善が限界となります。

開口(前歯が上下重なっていない)症例は不適応となります。
歯の上下への移動は、矯正専門医でさえ難症例となり、治療費も高額となります。

取外し式の矯正は、外科手術や抜歯をしない矯正であり、難症例には適応できません。
傾斜した奥歯は、垂直に起立し良く噛める歯列へと変化します。

3573_MKJ_062911.jpg

また装置装着だけではうまくいかず、舌や口の筋力トレーニングや睡眠中のマウステープの使用
良く噛むことや口を閉じる意識も重要となります。

歯列不正は生活習慣病の要素が多分にあり、その習慣の改善も視野に入れた治療を必要とします。

見た目の改善だけではなく、口腔機能の改善を重視した矯正といえます。

樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、

それは果実だと誰もが答えるだろう。

しかし実際には種なのだ。

- ニーチェ -

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chibakyousei.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1563

Categories

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。