«  2018年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 健康の入り口 | メイン | 治療を感じさせない矯正 »

2018年5月15日

初夏の気候が続いています。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

私は、歯列不正は生活習慣病であると以前よりお伝えしています。

遺伝的な要因よりも生後から成人になるまでの過程で、何を食べ、どのような姿勢でまた
うつぶせ寝なのか、あおむけ寝なのかなど多くの要素が、歯列の発達に大きく関与していくのです。

その中でも態癖つまり頬杖や片噛み、腕を枕にする習慣も歯列を捻じ曲げていきます。
そのような些細に思える行為が、自分の歯並びに関係するとは、想像しがたいのも無理のないことです。

寝姿.jpg

また食事中、足が地についているか、テレビを見ながらの食事習慣なのか、そのテレビを
横向きで観ているのか、水分を頻繁に補給しながらの食事なのか多くのポイントがあります。

噛む回数も食材によって違います。
また具材の大きさや煮方、そもそも噛み応えのあるものを食卓に出しているかなどでも、よく噛める歯列、反対に噛めない、飲み込めない口腔機能になる分岐点といえます。

今一度生活習慣を俯瞰し、ご自身の歯列と当てはめてお考えください。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chibakyousei.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1611

Categories

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。