«  2018年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« コミュニケーションのある矯正 | メイン | 心も診る矯正 »

2018年7月 9日

大雨や地震など今後、子供たちを守ることを真剣に考える時代となっています。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

取外し式の矯正は、夜寝ている時の装着をすることで歯列を改善していきます。

しかしながら、それだけでは100%うまくいくとは限りません。
外している時間の重要性は、以前にも何回もお話しさせていただいたとおりです。

矯正患者さんの咬筋の力は、ほとんどの場合、低下している状況があります。

食事 2.jpg

これが何を意味するのか、つまり良く噛んでいるようで実は、噛む回数が少ない食生活を
長年してきた結果、歯列不正が助長されていることを物語っているのです。

また噛み癖が片方についてしまった結果、顎のずれを生じている方も少なくありません。
良く噛むとは単純ではなく、食材によっても噛む回数が変わりますし、硬いものであれば、左右
まんべんなく噛む習慣も大切なことです。

良く噛んでいない歯列は、たとえ装置を装着していても奥歯の広がりすぎや、上下の前歯同士が
離れすぎてしまうケースが、見られるようになります。

なので装置の装着と同時に、よく噛む習慣と咬筋や舌の力を高める体操も実施していただいています。

うまくいくケースは、本人がすでに意識を高めて、装着していない時間を有効に活用しているともいえます。

矯正治療をされる方のほとんどは、真面目な方や素直やお子さんなのですが、毎日のこととなると定期的なアドバイスは、必須といえます。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chibakyousei.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1633

Categories

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。