«  2011年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2011年9月30日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

夜寝ている時に装置を装着し、歯の土台を広げていき、歯並びを改善する矯正を

行っています。

しかし、人によって睡眠時間はまちまち。

7時間の方もいれば、5時間しか寝ていない方もいます。

いつも患者さんへ説明していることは、一日最低8時間は装着しましょうということ。

理想的には、10時間で十分な効果が表れます。

夜寝ている時プラス家にいる時の装着を強くお勧めいたします。

私も7時間睡眠で装着していますが、1年以上やっていても変化があまりみられません。

現在は、睡眠時間プラス通勤時間の往復1時間の装着をしています。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年9月28日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

ものそのもには、実体がなくすべては、心の中でとらえられている。

これを唯識といいます。

法相宗は、三蔵法師によって伝わりましたが、薬師寺が有名ですね。

茂木健一郎氏は、クオリアという概念を現在研究中です。

もののとらえ方は、人それぞれです。

矯正の世界も多くの学派があり、皆さんも矯正科を選ばれるとき、けっこう悩んでいるようです。

抜歯、非抜歯

固定式、取り外し式

外科、非外科

後戻りする、しない

治療期間の違い

費用の違い

術者側の唯識と患者側の唯識の違いは、星の数ほどあります。

選択するだけで疲れてしまいます。

あとは、自分の直感で選ばれてみてください。

直感は、無意識の領域ですのでけっこう真実が隠されているものです。

それを阿頼耶識といいます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年9月27日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

よく噛む習慣は、リズム運動としてセロトニンを活性化します。

セロトニンとは、脳内の神経伝達物質で、平常心を保つ働きをしています。

平常心は、精神的にも大切な部分で、たとえば緊張する場面で失敗しないためには

心を落ち着かせることが大事です。

日ごろから、その訓練をしていけばいざという時に、平常心を保つことが可能となります。

その訓練が、リズム運動です。

たとえば、ジョギング、ヨガ、座禅、瞑想などがそうです。

咀嚼も日ごろからやっているリズム運動ですが、ここで大切なことはすぐに飲み込まずに

よく噛むということ。

食物の大切さ、命の尊さを感じながら噛む習慣が、平常心につながってきます。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年9月26日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

だいぶ涼しくなり過ごしやすい季節となってきました。

味覚の秋といいますが、皆さんはなにがおいしく感じられますか?

柔らかいものを好んで召し上がっているでしょうか?

お子様にはぜひ、硬いものも献立として入れていただきたい。

顎が発達している時期に、柔らかいのも中心の献立ですと、歯並びにも影響を及ぼします。

最近は、硬性ガムも歯科で販売していますが、

家庭でも咀嚼習慣に気を付けていただきたいのです。

あまり食事中に水を飲まず、自分の唾液の力でよく噛む習慣をつけさせてください。

そうすれば、矯正をすることなく顎が発達し、よい歯並びを維持できるでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年9月24日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

口は、消化器器官です。

胃腸が弱い、歯が悪い、それらはすべて全身の健康に影響を及ぼします。

かみ合わせや歯並びの改善は、全身の健康に貢献するものです。

審美的な改善を目的としたワイヤー矯正にはない価値が、取り外し式矯正にはあります。

歯の土台をゆっくりと広げていくことで狭窄した歯列を改善し、よく噛める状態へ

もっていきます。

舌房を広げていけば、咀嚼運動もスムーズになり、胃腸にもよい影響を与えます。

全身の健康を向上させていく矯正といえます。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年9月22日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

昨日は、台風で家に帰れず、駅前のホテルに宿泊しました。

今日は、台風一過で暑くなりそうです。

実は、僕も取り外し式の矯正を始めて1年半たちました。

夜寝ている時だけの装着でしたが、7時間ですとあまり大きな変化が見られません。

現在は、通勤時にも装着し、睡眠時間プラスアルファでカバーしようと企んでいます。

10時間も装着すれば、1年で改善してしまうことも患者さんで経験しています。

最低8時間の装着を推奨いたします。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年9月21日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

出っ歯で悩まれていた患者さんがいました。

1年後、模型を取ってみると、前歯の出っ張りが改善され、奥歯もきれいなアーチ形となり、

あと少しで治療も終了となりそうです。

あと少しというところで、装置を交換させていただき、すべてを改善したところで

保定期間へと移行していく予定です。

この方は、よく装置が歯茎に当たって痛みを訴えることが多かったのですが、

ようやく終了がみえてきました。

1日10時間以上、装着される方は治療期間も短縮されます。

がんばれば、がんばるほど治療効果のある矯正といえます。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年9月20日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

取り外し式の矯正は、自由度が高い矯正といえます。

夜寝ている時だけ、装置を装着し歯の土台を広げていきます。

歯の土台を広げたスペースによって、気になっている前歯の歯並びを改善していく

ただ、治療期間がワイヤー矯正に比較すると倍以上かかります。

装置を装着する意思は、自分にありますので、どれだけ歯並びを改善したいかが

治療効果として大きく影響を与えます。

自由度が高い、すなわち自由意思に左右される矯正ともいえます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年9月16日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

医食同源とは、古来から中国に伝わる言葉です

この言葉が意味する通り、食事が人生を決めるといっても過言ではありません。

歯並びの改善もかみ合わせの改善につながり、食生活を快適なものへと

変化させていきます。

口は、喜びや悲しみ、苦しみを語ります。

脳で考えたことを表現させる手段として、また愛情を表す手段としても大切なところです。

食事をしたり、情動を語り、思想を表現します。

口は、すべての同源といえます。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年9月15日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

今、食育が見直されています。

知育、体育そして食育

今、あなたの体調が悪いとすれば、それは10年前からの食事の結果といえます。

昼食を仏教用語でいえば、点案。

点とは、少量という意味。

この飽食の時代に粗食を常とすることこそ、健康維持にかかせない思想といえます。

生活習慣病の大本は、食にあるといっても過言ではありません。

身土不二も仏教用語で、その土地で生産されるものを食すこと。

最近は、放射線の懸念もあり、いささか様相が違ってはいますが。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年9月14日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

子供のころからよく噛む習慣をつける大切さは、以前よりお話しさせていただいています。

よく噛むことは、消化に関係することはご理解できることと思います。

さらに、脳を活性化し、落ち着いた心を形成することは、ご存知でしたでしょうか?

脳内物質のセロトニンは、リズム運動によって活性化し、心の平安を作ります。

リズム運動は、すなわちよく噛むということです。

そのほかにもジョギング、ウオーキング、ヨガ、座禅、瞑想なども呼吸を意識したリズム運動と

いえます。

心の平安は、人生を変える秘訣といってもいいと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年9月13日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

空も夏の雲から秋の雲へと移ろいを見せています。

蝉時雨の合唱もそろそろ最終章

名月の夜中に読書や勉強にいそしんでいる学生さんの姿が目に浮かんできます。

味覚の秋といいますが、僕としては咀嚼の秋と呼びたい。

味覚とは、よく味わうこと

味わいは、よく噛むことといえます。

歯並びを改善しつつ、よく味わうこと

すべては健康につながっているといえましょう



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年9月12日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

現代人の顎は、細く歯列も狭窄傾向にあります。

縄文時代の人の顎骨をみると歯列が垂直に立っていることがわかります。

明治以降、欧米諸外国から渡ってきた食文化が、大きく影響を及ぼしている

可能性は否定できません。

江戸時代も殿様の顎と庶民の顎は、また異なっています。

硬いものを習慣的に噛んでいる人と柔らかいもののみを好んで食べている人の

顎の発達と歯列は、大きく異なります。

現代人でも子供のころから、より硬いものを献立に加えることによって、

顎の発達は、促進され歯列も狭窄になることもありません。

お子様の献立を工夫をするだけで、矯正するまでもない歯列になるでしょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年9月10日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

大人の方でも自分の歯並びに悩まれている方が、多いようです。

なぜ、子供のころに矯正をされなかったのでしょうか?

大人になっていきなり悩みだすということは考えにくいのですが、

子供のころから悩んでいたことを今でも引きずっていると思われます。

子供のころは、ワイヤー矯正しかない時代であり、抜歯があたりまえでもありました。

さらに高額で、親も手が届かなかったという理由もあるでしょう。

そんな挫折した夢を今、叶えてみませんか?



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年9月 9日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

昔は、虫歯の洪水といわれた時代がありました。

現代は、虫歯は減ったものの、歯周病や歯並びが悪い子供たちが増加しているようです。

これは、食生活の変化が大きな要因となっています。

粗食から飽食の時代に変化していくなかで、子供たちの口腔内にも大きな影響が

及んでいます。

食生活の改善を図ることと、定期的な歯科の予防、矯正が必要と思われます。

歯科も時代にあった受診をしていきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年9月 8日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

私の息子も生後3か月となりました。

よく笑うことも多く、とてもかわいく思います。(親ばかですか?)

乳幼児期の離乳食は、塩分控えめで、栄養素の多いものを与えるようです。

まだ、硬いものは食べられませんので、その時期はそれで十分でしょう。

しかし、歯が生え始めたころからは、少し硬いものも献立に取り入れたほうが

顎の発達と歯並びにとっては、いい影響を与えます。

歯並びが悪くなる原因は、後天的なものが多いのです。

特に現代の食生活は、柔らかいものが主流となり、意識しなければ硬いものを好んで

食べることも少ないようです。

あなたのお子さんの食生活も見直してみてはいかがでしょうか?



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年9月 7日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

当医院の矯正は、取り外し式の矯正です。

ワイヤー矯正は、術者主導型の矯正ですが、取り外し式の矯正は患者主導型といえます。

なぜか?

それは、自分自身で装置を装着し、長期間のなかで歯の土台を広げていき

歯並びを改善させる方法だからです。

ワイヤー矯正は、一度固定式の装置を装着したら、2年間は外せないまま、過ごすわけです。

抜歯をしたらなおさら最後までやらざるを得ません。

取り外し式の矯正は、昼間は装置をはずし、夜寝ている時に装置を装着します。

自由度があるだけに、本人のやる気にかかっている矯正といえます。

短期間の矯正か、もしくは長期間の矯正を選ばれるのはあなた次第です。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年9月 6日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

歯並びは改善しなくてはならないものなのか?

もし、歯並びにコンプレックスをお持ちなら改善するべきでしょう。

歯並びがよくなった自分を想像してみましょう。

人前でも口元を気にせず会話や笑顔が作れるとしたらどうでしょう。

それだけでなく、歯ブラシがしやすくなって虫歯や歯周病にもなりにくくなるでしょう。

矯正の種類も多岐にわたるので、自分に合った治療法を選んでください。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年9月 5日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

咀嚼が、リズム運動としてセロトニンを活性化し、落ち着いた心を形成することは

以前にも述べました。

そのほかにジョギング、ウオーキング、座禅、瞑想などもリズム運動としての

要素があります。

すべてにおいて共通することは、呼吸を意識することです。

呼吸は、自律神経のバランスをととのえ、免疫力を高めます。

私も毎朝5時に起床し、ジョギングを行っています。

良く噛んで食事をすることも意識しています。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年9月 3日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です

咀嚼がリズム運動としてセロトニンを活性化させることは、以前にも述べました。

仏教家である小池龍之介さんも以下のようにコメントしています。


(現代人は、柔らかいものをよく噛まずに速くたくさん食べる傾向にあるようですけれども、

それも安らぎの神経回路を阻害して幸福感を奪っているのでしょう。

昔は、よく噛みなさいとしつけられたものですが、それは、からだを養うだけでなく、

精神を養うためでもあったのだと申せるでしょう。)


まさに咀嚼は、精神を安定化させる行為ですが、ただ単に食べるのではなく、命の尊さを

感じながらゆっくりといただくことが、大切であると申せましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年9月 2日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

現在、都内からも患者さんが来院され、取り外し式の矯正を希望されています。

その要因は、どこからくるのでしょうか?

都内には、矯正専門医が駅前に一軒はあるはずです。

にもかかわらず、取り外し式の矯正をやってみたいという患者さんが多数存在する

まず、考えられることは歯並びを改善するために抜歯をすることへの疑問ではないでしょうか?

歯並びと抜歯、どちらがやりたくないかと問われれば、当然何でもない歯を抜歯することではないでしょうか?

歯並びは改善したいけれど、抜歯をしてまで改善はしたくはないという本音が聞こえてきそうです。

さらに、ワイヤーを四六時中したくはない、そのようなことを考えている方も多いのではと思います。

しかし、矯正というものは、なにかしら口の中に入れておかなくては治療できないものです。

そのジレンマを克服する矯正は、夜寝ている時だけの取り外し式の矯正ということになると考えています。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年9月 1日

千葉市の矯正歯科 幕張ドルフィン歯科です。

江戸の庶民の幸せは、田畑を耕したり、たんたんと仕事に専念することでした。

現代人の幸せは、多様化し、物質的な豊かさや、過剰な刺激を求めることによってしか

得られない傾向にあるようです。

ドーパミン的な幸せには、際限がありません。

しかし、たんたんと田畑を耕したりすることは、セロトニンを活性化させることなので、

それだけで幸せ感が得られるのです。

咀嚼もリズム運動なので、よく噛むことがセロトニンを活性化し、幸福感を与えます。

飽食の時代だからこそ、粗食に目覚め、硬いものをたんたんといただくことが、

命を活性化させるものと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2011年8月 | メイン | 2011年10月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。