«  2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 呼吸と歯科 | メイン | 本来の歯列 »

2017年10月12日

10月初旬の寒さから、やや暑さを感じる気候となりました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

これから風邪の季節となります。
大抵風邪を引くと日本人は,特に薬に頼りがちになります。
しかし、風邪だけであれば3日もあれば改善するものです。

よく言われることは、十分な睡眠と栄養を付けるということでしょう。
さらに私は、口を閉じるということを付け加えたいと思います。

口呼吸は容易に体内に風邪菌を取り込んでしまいます。
鼻呼吸であれば、鼻の構造がフイルター代わりとなり,容易な菌の取り込みを少なくして
くれます。

睡眠.jpg


電車内では、口を開けた状態でスマホや本に夢中になる姿が見受けられます。
このような密閉した空間で口を開けていては、まさに病気になる準備をしているようなものです。

また日中口を閉じる習慣ができていても、夜間はどうでしょうか?
無意識に口を開けた状態で寝ている場合、明け方の冷え切った部屋で風邪を引きかねません。

その場合、就寝時に口にテープを張っておくことをお勧めします。
テープは、医療用であれば何でも構いません。

もしあなたが風邪を引きやすいのであれば、免疫力を高めることと、口を閉じる習慣も
視野に入れてください。


大きな問題ほど

答えはシンプルだ


しかし人は

単純なことを難しく考える

だからよけいわからなくなる


答えを出したければ

問題をシンプルに見ることだ


坂本龍馬


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chibakyousei.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1524

Categories

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。