«  2018年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2018年2月27日

花粉症の季節です。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

私も学生時代からの花粉症が、この時期になると症状として現れ、いつも憂鬱になります。

取外し式の矯正装置は、大きく分けると3種類あります。
最初に患者さんへチョイスする装置は、拡大装置でありスライデックスといいます。

この装置の特徴は、歯の土台を急速に拡大し、狭窄した歯列を側方にまた前方にボリューム的に広げるところにあります。

その結果歯列がU字形になり、傾斜していた奥歯が垂直に起立し、よく噛める状態へと変化
していきます。

また重なり合っている前歯が、見た目にもきれいに並ぶようになります。

拡大も完了し、微調整が必要な時期には、2つ目の装置としてメモリースクリュー装置へと
交換します。

ラバイア 008.JPG

この装置の特徴は、スライデックスが自動的に広がるのに対し、手動でゆっくりと広げていくことで微細な調整が可能となります。

微調整後、この装置を後戻り防止のため拡大せず継続していただき、最終段階へと移行します。

メモリースクリュー装置でのフイニッシュがほとんどですが、かみ合わせの調整として
リップバンパーというゴム製の装置を使用する場合があります。

この装置は、夜間の使用だけでなく日中も装置自体を口に入れながら、よく噛んでいただく
作業が必要となります。

もちろん会社や学校へ持っていく必要はありませんが、自宅でのよく噛む作業は必須と
なっています。

このように取外し式の矯正治療は、装置が最大でも3装置で終了可能となります。

無料矯正相談は、随時行っています。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年2月26日

八重桜の色合いが、鮮やかさを増す季節となりました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

新学期を迎えるにあたって、進学や転居の準備など忙しい季節でもあります。
就学前検診を済ませ、新しい生活をスタートさせる学生さんも多いかと思います。

取外し式矯正治療中の学生さんも進級や進学を控え、心がざわついている様子。
このような季節では、矯正治療を落ち着いた時期から再スタートすることも可能です。

original.jpg

通常毎月の装置調整を行うために来院をお願いしているのですが、2,3か月ずらすことも
可能です。

大切な受験や就職を最優先していただき、治療を延ばすことで落ち着いて再スタートを
切ることが可能となります。

このように取外し式の矯正治療は、毎月の調整のための来院を原則としていますが、
場合によっては調整時期の延長も可能となっています。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年2月23日

雪の舞う日は、気温も下がりまだ春の兆しが遠く感じます。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

矯正サイトもすでに10年近く経過し、そろそろリニューアルを検討しています。
10年前は、今のようにスマホの普及率も低く、まだPCからの検索が多い状況でした。

現在のように誰もがスマホという武器を所持し、いつでもどこでも検索可能な状況を
10年前は想像できませんでした。

病院に限らず、グルメ、ファッション、美容院、学校、知識に対してスマホで検索し、情報を入手することが当たり前となっています。

3602_MKJ_062911.jpg

SNSのようなコミュニテイに所属し、欲求を満たせる手段も多岐にわたるように
なっています。

当医院の矯正の情報もHPとSNSからの発信を常にしていますし、昨年よりユーチューブからの
動画も発信中です。

今後も取外し式の矯正の情報発信を実践し、歯並びやかみ合わせに悩む方へ無料矯正相談
を行っていく所存です。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年2月21日

厳しい寒さが続く時期です。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

取外し式の矯正治療は、非常に地味な治療といえます。
かなりゆっくりと歯並びが改善していくので、治療期間もワイヤー矯正の倍かかります。

装置自体は、夜間寝ている時の装着でけっこうです。
学校や会社に持っていく必要はまったくありません。

なので患者さんの感想は、知らぬ間に歯並びがよくなったとの声をよく聞きます。
毎月の調整を行っていると、,装置自体の拡大量が手に取るようにわかります。

ラバイア 008.JPG

患者さん自体は、まったく気が付きませんので、私が常にその状況を説明していくわけです。
また単に装置だけを装着すれば、矯正治療が成功するとは限りません。

舌や口の筋力を高めるあいうべ体操の実施や、装置と一緒に夜間テープを口に貼って寝ていただくことも必要です。

歯列とその周囲の組織を活性化させることで,口呼吸を鼻呼吸という人本来の呼吸へとシフトすることも,歯列の改善以上に大切なこととご理解ください。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年2月19日

まだまだ朝晩の冷え込みが厳しい日が続きます。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

矯正相談に来られる方の大抵の悩みは、前歯の歯列です。

見た目的な問題を気にされているケースが圧倒的なのですが、実は前歯の歯列不正は
奥歯に関係していることが多いことには気づかれていません。

奥歯が狭窄しその影響で前歯も叢生になっていくケースがあり、その狭窄をたどっていくと
食生活に起因している可能性は否定できません。

つまり軟食傾向にある現代人の食文化が、歯列不正を増産させていることに気が付くのです。

江戸時代の農民は、白米を年貢に納め自分たちは、稗や粟などの雑穀米で生活を営んでいました。

逆に町民は、白米を一日5合も食べ、脚気が流行したことは有名な話です。

縄文時代にさかのぼると、顎骨の歯列は垂直に起立しています。
縄文人は獣肉の他、木の実を粉にしてパンを精製していました。

縄文.jpg

弥生時代に稲作が発達し、安土桃山時代には西洋食の影響を受け、農耕文化が顎骨や歯列に大きな影響を与えました。

また現代のような加工製品を主に食す文化へと移行していく中で、歯列不正の増加が起きていると見ていいかと思います。

縄文に帰れ とまではいかないまでも、よく噛む習慣は、身に着けていきたいものです。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年2月17日

梅が満開の季節です。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

今年の冬は、インフルエンザを罹患した方が多いようです。
矯正患者さんには、口呼吸から鼻呼吸に変えるあいうべ体操を実施していただいています。

あいうべ体操は、風邪やインフルエンザの予防にも効果があることがわかっています。
矯正治療中の患者さんを対象に、今年インフルエンザの罹患状況を調べたところ、8割の方が
罹患していないとのことでした。

3747_MKJ_062911.jpg

100%でなかったにしても、この効果の相関性は、高いかと思われます。
なぜ、あいうべ体操を矯正治療の一環としているかは、口呼吸が歯列不正に大きく
かかわりがあるからです。

ぽかん口は、口の周囲筋の力の低下により引き起こされます。
舌や口の力がないということは、よく噛まない、噛めない歯列であり、歯列不正の原因にも
なります。

特に舌の力が弱い場合、舌がだらんとして前歯を押す形となります。
舌の本来の位置は、上顎にぴったりと付いている力のある状態が正しいのです。

あいうべ体操は、舌の活性化と鼻呼吸に変える効果があり
インフルエンザの予防にもつながっています。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年2月15日

日中、暖かい日が増えてきました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

最近よく思うことは、歯列不正の度合いが、かなりひどくなっている傾向があると感じています。
狭窄している歯列だけでなく、よく噛めていないのではないかと思う症例も散見します。

その原因を追究すると、ぽかん口や子供のころからの良く噛む習慣がないという状態が
推測されます。

3654_MKJ_062911.jpg

ぽかんと口を開けっぱなしの状態を普通と考えている親御さんが多いことと、柔らかいものが
主流の食生活習慣が大きく起因しているはずです。

口を閉じる習慣と線維性の噛み応えのある食材を家庭で習慣化させていただきたく思います。
また取外し式の矯正治療中にも口呼吸を鼻呼吸に変えるあいうべ体操の実施や夜間の
マウステープを貼ること、また食事中に噛む回数を意識する習慣を身に着けていただいています。

このように取外し式の矯正治療は、生活習慣のアドバイスが大変重要であり、またそれなしでは
治療自体が良い方向には進まないのです。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年2月13日

連休中いかがお過ごしでしたでしょうか?

幕張ドルフィン歯科の米山です。

私は11日は友人とクラシック、12日は妻とジャズを堪能しました。
クラシックを一緒に聞いた友人は、学生時代トランペットの経験があります。

また、妻と聞いたトランペットの最高峰ともいえるクリスボッテイの演奏も感動の極致でした。
トランペットの性質上、呼吸は鼻からするほかないのですが、健康的にも理にかなった呼吸と
いえます。

クリスボッテイ.jpg

深呼吸はいいとされていますが、よく考えると口呼吸なので、必ずしも健康に良いとは
言えません。

トランペットに限らずヨガ、座禅、瞑想も鼻から呼吸することを基本としています。
鼻炎やアレルギー体質の人は、口呼吸が常習化していて悪循環となっています。

私も体質改善のための疑似高地トレーニングの実施や、アレルギー検査で高反応となった筍の摂取を控えるようになりました。

口呼吸を鼻呼吸に変えるあいうべ体操の実践者にインタビューしたところ、今季インフルエンザに罹患しなかった割合は80%でした。

残念ながら100%とはいえませんでしたが、あいうべ体操が、菌やウイルスを防ぐ可能性が
高いことが判明したといえます。

今後は、あいうべ体操と夜口に貼るマウステープ実践者の罹患率も調べていくこととします。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年2月 9日

まだまだ冷え込む日が続きます。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

当医院の矯正HPも10年前に製作し、ブログでページ数を上げていきましたが、そろそろ
グーグル対策としてレスポンシブデザインにリニューアルを検討しています。

SNSやツイッター、ユーチューブへの動画投稿も実施しています。
取外し式の矯正の認知度は、まだまだ低いのが現状ですので、広く歯並びに悩む方へ
情報を発信していければと思います。

当医院の取外し式の矯正は、歯列の改善のみをメインにしているのではありません。
歯科医療という枠組みで考えるのであれば機能的な改善、つまり良く噛める歯列へとシフトする
必要があります。

3602_MKJ_062911.jpg

また、人本来の呼吸法を身に着けていただくためのエクササイズも取り組みとしています。
歯列改善のほかに舌の正しい位置、咀嚼運動の活性化、鼻呼吸の促進、インフルエンザ予防
など多岐にわたる健康促進のための手法を矯正治療の中に取り入れています。

きっかけは前歯を治したいで結構ですが、それ以上に全身の健康を促進させる矯正と
お考えください。

矯正無料相談は、随時受け付けています。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年2月 5日

朝晩の冷え込みが厳しい時期です。
どうぞご自愛ください。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

口呼吸はこの時期、冷気を直接肺に送り込む呼吸です。
鼻呼吸は、鼻が保温効果の構造を有するため、吸気が肺に到達するころには、温度が上がっている状態となります。

口を閉じる習慣さえ身に着けていれば、風邪やインフルエンザに罹患する可能性が低くなります。
また、鼻呼吸は耐久性が向上する呼吸なので、疲れにくい体質へと改善するでしょう。

最近、私は遅延型食物アレルギー検査を実施し、筍が高反応となりました。
その他には、牛乳やチーズなどの乳製品となっていますが、まさか筍が原因であったとは
つゆ知らずです。

筍.jpg

症状としては、慢性疲労、頭痛、皮膚疾患、腹痛など多岐にわたります。
つまり、いくら呼吸を鼻に変えたとしても、アレルゲンとなる食物を接種している限り、疲労は回復
しない可能性もあるわけです。

今回の結果で、長ネギも低反応でしたのでラーメンを避けたほうがいいわけです。
泣きましたね。

皆さんも原因不明の疲労や頭痛などに悩まれているのであれば、ぜひ食物アレルギー検査を
お勧めいたします。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

まだまだ寒い日が続きます。
インフルエンザも流行中です。
お気を付けください。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

取外し式の矯正の目的は、当然歯列の改善ですが、そのほかにも多くの改善目標があります。
まず前歯の審美的な改善も大切ですが、それ以上に大切なことは生涯よく噛める歯列を
獲得することです。

3704_MKJ_062911.jpg

現代人の大多数は、奥歯が狭窄し、噛んでいるようで実は噛んではいない歯列といえます。
また、狭窄した歯列は、自分の噛む力によって削られ、最悪破折を起こす原因ともなり得ます。

歯列不正の方は、おおむね口で呼吸する習慣があり、風邪やインフルエンザ、アレルギー体質の傾向が強いようです。

口や舌の筋力を活性化し、口を自然と閉じられる鼻呼吸へと変えていくプログラムを併用し
歯列不正を改善していきます。

また、正しい姿勢を維持しながら良く噛む食事をしていただくこと、すぐ水分で飲み込むのではなく良く噛むことで、唾液を促進させることをアドバイスいたします。

取外し式の矯正装置は、夜間のみの装着でけっこうですが、昼間の時間には以上のような
部分に注視していただき、口腔機能全体の向上を目指していきます。

矯正相談は随時無料にて実施していますので、ぜひご予約ください。


幕張ドルフィン歯科 矯正歯科


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年2月 2日

雪景色になるかと思われた千葉も雨模様の天気となりました。

幕張ドルフィン歯科の米山です。

インフルエンザに対する新薬も多く開発されています。
ただ、病院へ行くとインフルエンザに罹患した患者さんで満杯状態。

自分が罹患しているかもわからない状態でその病院に行くことは、渦中に身を置くことと
同じといえます。

3631_MKJ_062911.jpg

まず、罹患しない予防策を講じることが先決でしょう。
うがいやマスクなどが考えられますが、まず口を閉じる意識を持つことが、はたしてどれぐらい
浸透しているでしょうか?

通勤中でも、口を開けた状態での居眠りやスマホを見ている方が、圧倒的に多いようです。
無防備に口を開けてしまうのは、舌や口の周囲筋の力の低下が、原因です。

体の筋トレはしていても、口の筋トレは皆無といっていいかと思われます。
あいうべ体操は、舌や口の周囲筋を活性化させるトレーニングです。

舌の力の低下は、歯列不正の原因でもあるので矯正治療にも導入しているものです。
ぜひ、この時期インフルエンザの予防にも適している口のトレーニングをお勧めします。

幕張ドルフィン歯科 矯正歯科

一つのことを、

一生やり続けられると

確信する日がくる。

- スティーブ・ジョブズ -


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2018年1月 | メイン | 2018年3月 »

Categories

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
幕張ドルフィン歯科 院長 米山吉洋

幕張ドルフィン歯科HPはこちら
院長 米山吉洋

歯科矯正は「目立つ、痛い、費用が高い」と思っていませんか?

当クリニックの矯正は、夜寝ているときだけ装着する「取り外し式」の装置を使用。一般的なワイヤーを使う治療方法とは異なるため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置を外すことが可能です。

この矯正の特徴は、歯はもちろん「歯の土台そのもの」をゆっくりと広げていくことにあります。ですから、治療後の後戻りの心配もほとんどありません。 また、治療費用も比較的安価(小学生なら35万円~)ということも大きなメリットですね。

「矯正治療を今まであきらめていた」「矯正を一度断念したことがある」という方、ぜひ一度ご相談ください。